instagram Facebook ツイッター
JAL 日本行きセール実施中
Mon, 16 September 2019

ディーバ・バトル! Diva's battle

「銃で撃つ」と脅すラッパーあれば
「私が殴る番」と呟く老司会者あり

米番組「アメリカン・アイドル」の新審査員、マライア・キャリー(42)とニッキー・ミナージュ(27)が、収録現場で激しいディーバ・バトルを展開したという。ある出場者をめぐって2人の意見が衝突、ニッキーがマライアに向かって放送禁止用語を連発しながら、「あんたの女王様気取りは許せない」「銃があったら撃ってやるのに」とキレまくり。マライアは「なんで3歳児が一緒に座ってるの」と返したというが、先輩ディーバに噛み付いた代償が、今後、ニッキーに大きく跳ね返ってくるだろうことは必至だ。

レディー・ガガ(26)の「ボーン・ディス・ウェイ」が、マドンナ(54)の23年前の楽曲「エクスプレス・ユアセルフ」と酷似していると、一時、盗作疑惑が持ち上がったが、マドンナはそれを茶化しツアーのステージで、「エクスプレス~」から、メロディーはそのままに歌詞を「ボーン~」にすり替えて歌唱。後で「自分の歌のおさらいにピッタリのやり方だって思ったの」。この痛烈な皮肉に、ガガも黙っちゃいない。ヘルシンキ公演でマドンナのツアーのパロディーとも取れるミニスカをまくり上げたポーズで、「クソくらえだわ。(アイ・ドント・ギヴ・ア・フ○ック)真実は私たちが知っている」と、これまたマドンナの「アイ・ドント・ギヴ・ア」からの歌詞をもじってリベンジしたそうな。

DV行為を受けた元彼の歌手クリス・ブラウンをまだ愛しているとテレビで告白したリアーナ(24)に、バラエティー司会ジョアン・リバース(79)が、「バカね! 今度は私が彼女をひっぱたく番よ」とツイート。速攻、リアーナが「わお、年取ったら頭の回転鈍くなるってホントね。おしめでも被ってれば」と呟き返し。ほかにも、番組「X ファクター」の師弟関係、シェリル・コール(29)とシェール・ロイド(19)、グラビア・モデルのジョディ・マーシュ(33)とサム・フェアーズ(21)など、女の口争は多々。つまるところ、似たもの同士のいがみ合い!?

 
  • Facebook

スミス京子:1997年渡英。牡羊座、O型、火星霊合星、七赤金星、左利き。好きな英国人はジョー・ブランドとジョージ・アラガイア。整形するならファーン・コットンかケイト・モス。おいおい。

キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ