instagram Facebook ツイッター
バナー
Fri, 29 May 2020

メイド・イン・ブリテン Made in Britain 英国ブランドの物語

#10 海の美学を体現したポンチョ

Breaky Bottom/Cuvée Koizumi Yakumo

ブラックショア・コースタル・クロージング/
リップストップ・ドライワックス・ポンチョ

Blackshore Coastal Clothing / Rip-Stop Dry-Wax Poncho
Orange *Indigoとの2色展開 £215
https://blackshore.cc

英東部にある海沿いの小さな町、サウスウォールド。かの作家ジョージ・オーウェルが父親を訪ねたのちに一時的に住み、また有名推理作家P・D・ジェイムズも長年この地にコテージを所有した経緯から、「もの書きの天国」という詩的な別称を持つ自然豊かな場所だ。町の南部にはブライス川が走り、河口の手前には漁船やヨットが停泊する町の名所、サウスウォールド港がある。この港の一部を、地元の人たちは好意を持って「ブラックショア」と呼んでいるが、今回はこの名を冠した、同地から門外不出となっている幻のファッション・ブランド「ブラックショア・コースタル・クロージング」のポンチョをご紹介しよう。

2017年に生まれたこのブランドは、英国の海岸線を愛する人たちへ向けた機能的な服を扱っている。創業者のサイモン・ミドルトン氏は「タイムレスなデザインかつ本物を求める人に」をテーマに、漁業や造船業といった、海にまつわる職業の作業服やその美学からインスピレーションを受け、スタイリッシュな服を丹誠込めて生産している。また、ここで商品を購入すると沿岸の自然環境を守るチャリティー活動を支援することにもつながり、アイデアもそれに対する恩返しも、その全てが海に帰着する。

そんなブランドから生まれたポンチョは、英国産への徹底したこだわりが随所に感じられる一品だ。冷たい雨をはじくオーガニック製のリップストップ生地は、遠く離れたスコットランドの町、ダンディーにある古参のワックス生地専門工場で染色、仕上げを行っており、丈夫なのに柔らかな触り心地。ボタンは英西部コッツウォルズにある、ボタン工場にオーダーしたコロゾ・ボタンを使用している。丈はロング(106センチ)とショート(96センチ)から選べ、受注後にサウスウォールドでハンドメイドで生産している。

実際の購入前に商品を実際に取ってみたい人には残念かもしれないが、現在ショップは同地にある実店舗のみ。ただ、オンラインでのオーダーの際、質問があればスタッフが丁寧に回答をしてくれるので、実物を手に入れるまでの会話を楽しむのもまた乙かもしれない。

19 March 2020 vol.1551

 
  • Facebook

ロンドン・レストランガイド ブログ