instagram Facebook ツイッター
ロンドンのゲストハウス
Sat, 17 August 2019
8月29日に開幕式を迎えるパラリンピックでは、その後11日間に
わたって21競技503種目が行われる。競技会場での観戦はもちろん、
パブリック・ビューイング会場ほか、テレビやインターネット中継などで
パラリンピックを楽しむためのガイドをご覧あれ。

パラリンピック日程表

クリックで拡大
パラリンピック日程表

主な競技解説

 

ボッチャ Boccia

ボッチャ
英国の緑地でしばしば見かける「ローン・ボーリング」に似た競技。ボールを6個ずつ投球し合い、的玉にどれだけボールを近付けられるかを競う。

車いすバスケットボール Wheelchair Basketball

ドリブルせずに2プッシュまで車椅子を漕ぐことができる。また、ダブル・ドリブルの反則がない。

5人制サッカー 5-a-side Football

アイマスクとヘッドギアを装着した上で行う、フットサルに似た競技。

7人制サッカー 7-a-side Football

5人制サッカーより大きな競技場を使用する。オフサイドがなく、片手でのスローインが認められている。

ゴールボール Goalball

アイマスクを着用した上で、鈴が内部に入ったボールを対戦相手のゴールに向かって投げ合い、得点を競う。

車いすテニス Wheelchair Tennis

ツー・バウンドまでの返球が認められている。

車いすラグビー Wheelchair Rugby

ボールを蹴ることが認められない一方で、前方へのパスが可。

 

チケットの買い方

パラリンピックのチケット販売公式ウェブサイト (www.tickets.london2012.com)より購入できる。 既に売り切れとなっている種目も多くあるが、開幕直前期間に段階的に総計15万枚前後、開催期間中に10万枚のチケットが追加販売される予定なので要チェック。販売価格は10ポンドからで、チケットの種類は以下の4つ。

    チケットの種類
  • General Admission → 自由席
  • Reserved Seating → 指定席
  • Olympic Park day pass → 特定の日に、オリンピック・パーク内で開催される複数の競技を自由に観戦できる許可証
  • ExCel day pass → 特定の日に、エクセル会場内で開催される複数の競技を自由に観戦できる許可証

パブリック・ビューイング

ロンドン中心部トラファルガー広場に設置された60平方メートルの巨大なスクリーンに、民放局「Channel4」によるパラリンピック中継が映し出される。チケット予約などの仕組みはなく、観戦スペースはすべて早い者勝ち。

8月29日(水)〜9月9日(日)11:00‐23:30
Trafalgar Square

London WC2N 5DN
www.btlondonlive.com/trafalgar-square

ロンドン市内では、このほかにもWoolwich、Lewisham、Waltham Forest などでオリンピック開催期間に引き続き大スクリーンが設置される。

テレビ中継

「Channel4」と「More 4」が中継。また以下の特設ウェブサイトよりストリーミング放送が実施される。 http://paralympics.channel4.com

聖火リレー

パラリンピックLondon 2012 Paralympic Games Torch Relay
パラリンピックでも聖火リレーを実施。8月22日(水)に、スカフェル・パイク(イングランド湖水地方)、カーディフ(ウェールズ)、エディンバラ(スコットランド)、ベルファスト(北アイルランド)の各地で点火された4つの聖火が、パラリンピック発祥の地であるイングランド中部ストーク・マンデヴィルで一つに。タワー・ブリッジ、ロンドン動物園、ローズ・クリケット・グラウンドなどロンドン市内の名所を含む各地をめぐる「24時間聖火リレー」を経て、29日に開会式が行われるオリンピック・パークへと到着する予定。

パラリンピック聖火リレーのルート
www.london2012.com/paralympics/torch-relay/route/


※記載情報は変更になる場合があります。

 
  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

初めての治験はHMR
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2019 ロンドン・レストランガイド ブログ