instagram Facebook ツイッター
NHK交響楽団 nhkso
Sun, 15 December 2019

外国に来た際に一番興味を覚え、そして不安を感じるのが現地に住む人々との交流。外国生活では不慣れなことがたくさんあるだけに、冷たくあしらわれたり、心細く感じたり、逆に信じられないような親切に出会ったり、多くの人が様々なエピソードを持っているのではなかろうか。そこで在英邦人の皆様から体験談を聞こうと、今回のぶぉっくす・ぽっぷでは「親切」をテーマにして街頭調査を敢行!

アンケート実施場所: ロンドン、ジャパン・センター / らいすわいん前ほか

野中 稔さん(のなか・みのる)
25歳、学生
場合によるけど、日本人かな。英国人は仕事とプライベートの時間をきっちりと分けているので、お店や学校では優しく接してくれても、就業時間が終わると構ってくれないことが多いので。

鈴木 洋平さん(すずき・ようへい)
26歳、学生
英国人は時々フランクというか、ぶっきらぼう過ぎないですか。自分がまだ丁寧な英語の表現を使いきれていないこともありますが、敬語など他人を敬う文化を持つ日本人の方が親切だと感じます。

岡本 真由美さん(おかもと・まゆみ)
32歳、看護師
どちらかというと日本人の方が親切。病院で働いているのですが、患者に「Bitch」などの暴言を吐かれることが頻繁にあり、アジア系の看護師に対する差別を感じているからですかね。

赤井 美香さん(あかい・みか)
25歳、学生
日本では他人と肩がぶつかった時に無視する人が多いですけど、英国人は「ごめんなさい」と謝ってくれる。レディー・ファーストの文化なのか、英国人の中でも特に男性が親切なのでは。

赤間 優さん(あかま・ゆう)
23歳、学生
バスを降りる際に、運転手に向かって「ありがとう」と気持ちの良い挨拶のできる英国人が多いと思います。感謝の気持ちを言葉で伝えるのが上手なのは、英国人なのかもしれませんね。

安藤 啓子さん(あんどう・けいこ)
28歳、学生
男の人が重い荷物を持ってくれたり、電車で席を譲ってくれたりすることが多いので英国人の方が優しいのでは。自分も見習って、電車でお年寄りの方を見ると席を譲るようになりました。

与子美 グレゴリーさん (よしみ)
ボランティア・ワーカー
どちらが優しいというより、優しさの種類の違いでしょう。英国人は他人には優しく、日本人は知り合いに優しいという傾向があるように思います。英国では赤の他人にも親切に接しますよね。

紀子 メドセンさん(のりこ)
40代、日本語教師
日英の人々の親切心の違いは、時間の感覚の捉え方が違うからだと思います。日本人は忙しく、シャイな人が多いのに対して、英国人はのんびりかつ自分の時間を大切にしていますよね。

有井山 真美さん(ありいやま・まみ)
22歳、学生
英国だと道に迷った時など通りがかりの人がよく助けてくれますよね。日本では、取り皿や飲み物のおかわりを頼まなくても持ってきてくれるレストランのサービスに気配りを感じます。

蓮沼 雅子さん(はすぬま・まさこ)
27歳、学生
英国では、女性優先で電車に乗れたりするところに親切さを感じます。しかし笑顔の多い日本の店員と違って、英国のお店での無愛想な態度は、とても親切とは言い難いですよね。


「どちらが親切か」との問いに対して、日本人もしくは英国人と答えた回答者がピタリと同数。そして「同じくらい」、「国籍の問題ではない」、「どちらとも言えない」などの回答が多数を占めたので、結論は持ち越しだろう。ただ上に紹介した紀子さんや与子美さんの発言に見られるように、「日英では親切の形が違う」という感覚を多くの人が持っているようだった。また日本人は内気なので優しさが表に出にくく、英国人はプライベートな時間や空間を尊重するがゆえに他人に対して冷たく見える場合がある、との分析も。さらに1つ興味深いデータが。回答を男女別に見た場合、男性は「日本人の方が優しい」と答えた割合が100%になる。逆に回答者の多数を占めた女性からは「英国人男性が優しい」「英国はレディー・ファーストの国」という声がちらほら聞かれた。果たして優しくないのは日本人男性なのか、英国人女性なのか。これもなかなか奥深いテーマとなろう。

 
  • Facebook

2020年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ