instagram Facebook ツイッター
Thu, 12 December 2019
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

The Best of Times by Styx

Dear ドモンさん
毎週ご苦労さまです。先日、日本に一時帰国しまして、久しぶりに栃木の実家に帰省したのですが、駅前から何から寂れてしまって、ゴースト・タウンのようになっていました。子どもの頃によく通った商店街も、ほとんどシャッターが閉まったまま……。過疎化がだいぶ進んでいるようで、まったく寂しい限りです。土門さんは山形県出身と聞いておりますが、そちらはどうですか?

回答

てか、あなたの渡英も過疎化の一端では?

確かに、僕の地元の山形県酒田市も寂れてきてますよ。昔は、道ばたや神社の境内で子どもがたくさん遊んでいたし、お祭りなんかも活気があって楽しかったんですけどね。そういえば、昨年地元のイベントで「駅前の復興のために何か提案はないですか?」って聞かれたんですが、正直、過疎化をストップさせるのは難しいのでは……と思い「この際、徹底的に過疎化させて、自然公園みたいなものにしたらどうでしょう?」なんて言って、場をシラケさせてしまいましたよ(本人は結構マジだったんですけどねえ)。

しかし、ここ最近、映画「おくりびと」の影響で(酒田がロケ地なんです)たくさんの観光客が押し寄せているみたいです。「おしん」以来の大ブームだとか……。知人に聞いたんですが、なぜ監督が酒田をロケ地に選んだかというと、「すごく寂れていたから」だそうです。地元出身者としては微妙な心境ですね。

そんなあなたに
The Best of Times
by Styx

バンド・メンバーの故郷であるシカゴに実在した映画館「Paradise Theater」(アルバムのタイトルでもある)の栄枯盛衰をモチーフにした名曲。ジャケットも泣かせます。過疎化は現在の日本全体の問題かもしれませんね。地元でも活性化のために頑張ってる人たちがいるはずなので、あなたも力を貸してやってくれい!



土門さんセレクションの音楽を収録した
アルバム一覧はこちら →
Amazon.co.jp - Eikoku News DigestのaStoreへ Amazon.co.uk - Eikoku News DigestのaStoreへ


 
  • Facebook

2020年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ