instagram Facebook ツイッター
Sun, 15 December 2019
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

Father and Son by Cat Stevens

Dear ドモンさん
ドモンさん、はじめまして。もうすぐ英国人の彼と結婚するのですが、式場で流す曲が決まりません。ゲストも多国籍ですし、英国人の好みも分かりません。私の中では「英国=ロック」というイメージしかなくて……。本当に困っているので、どうか素敵な曲を紹介してください!

回答

えー、水を差すようであれなんですけど……。

最近、私の周りで国際結婚したカップルの離婚が多いんですよ。先日も知人の日本人女性が、英国人の旦那と離婚して日本に帰っちゃいましたしね。8年くらい英国にいて気付いたんですが、離婚するカップルって、たいてい「美男美女」なんです(あ、あくまで私から見た確率的にですよ)。で、この反対の場合は結構長続きしてるんです。おそらく長続きしているカップルというのは、容姿とか金銭とかで惹かれ合っているのではなく、心と心でしっかりと結ばれているんでしょうね(我ながら上手くまとめたなあ)。

そうそう、曲の話をしなくちゃいけませんよね(汗)。まあ、親や親戚など年配の人も出席すると思うので、若い人しか知らないような選曲はやめてくださいね。最近の日本では、ゲームやアニメの曲を使う人もいるみたいですが、私だったら完璧にシラケますね。なので最近の曲より、70年代&80年代の英国のヒット・ソングなんかが楽しいんじゃないでしょうか?

そんなあなたに
Father and Son
by Cat Stevens

バスカー仲間がいつも歌ってる曲なんですが、メロディーも歌詞もほのぼのしていて、毎回思わず聴き惚れてしまいます。ロッド・スチュアートやボーイゾーンのカヴァー・ヴァージョンもあるんですよ。あとはアバとかノーランズ、シンディ・ローパーあたりは年代に関係無く盛り上がるので、老若男女にウケる選曲にしてくれい!



土門さんセレクションの音楽を収録した
アルバム一覧はこちら →
Amazon.co.jp - Eikoku News DigestのaStoreへ Amazon.co.uk - Eikoku News DigestのaStoreへ


 
  • Facebook

2020年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ