instagram Facebook ツイッター
Tue, 20 August 2019
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

サクセス by ダウン・タウン・ブギウギ・バンド

Dear ドモンさん
英国では、私立学校で学ぶ学生の数が全人口の7%であるにも関わらず、その卒業生たちは、金融業界の重役の実に7割を占めるそうです。日本でも、東大生の親の平均年収は1000万円を超えるとか。結局、どの国でも資産家の家庭に生まれた子どもが社会的に成功するものであって、平均的な家庭に生まれた僕が努力したところでこの社会的格差は乗り越えられないのかな、と感じてしまいます。土門さんはどう思いますか。(本誌編集部(籠))

回答

そんなこと考える前に、何かやれっ!

ダメだ、こんなボンクラがいるから日本は落ちぶれてしまったんだ。生まれる時に親は選べないんだから、格差があったとしてもしょうがないでしょう?こういうボンクラには、私の母がチラシの裏に書いて送ってくれた「手書きの格言集」を見せてやりたいですよっ!

「難あり、ありがたし」、「はだかにて生まれてきたに何不足」、「逆境は偉大な教育者」等々、ほんと昔の人は良いこと言いましたね。

それはそれとしても、あなた、そんなに重役とかになりたいんですか?今大変ですよ、管理職も。大企業になればなるほど、莫大なノルマや利益を達成しなきゃならないし、不況で自殺者もいっぱい出てるし、ストレスや責任も半端じゃないですよ。平均的な家庭に生まれて、普通に就職して良かったんじゃないですか?それでもまだ本気で格差を乗り越えたいと思うんでしたら、ちんたらしてないで、今すぐにでも何か行動を起こしてみてはどうでしょうか。

そんなあなたに
サクセス
by ダウン・タウン・ブギウギ・バンド

1977年、資生堂のCMに起用され大ヒット。ラテンのリズムが印象的で、宇崎竜童の引き出しの多さに感心しました。私の場合「ギター弾いて日々ストレス無く生活すること」が目標ですので、もう既に人生大成功です(笑)。次の目標は「英国の変なおじさん」のコーナーに載ることですかね。君も自分なりのサクセス・ストーリーを描いてくれい!



土門さんセレクションの音楽を収録した
アルバム一覧はこちら →
Amazon.co.jp - Eikoku News DigestのaStoreへ Amazon.co.uk - Eikoku News DigestのaStoreへ


 
  • Facebook

初めての治験はHMR
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2019 ロンドン・レストランガイド ブログ