instagram Facebook ツイッター
Mon, 20 January 2020
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

ファンキー・モンキー・ベイビー by キャロル

Dear ドモンさん
うちの母が、「土門さんに相談してみれば」と言うので、土門さんに聞いてみることにしました。うちの母は、怒るとき、よく「いい加減にしなさい」とか「勝手にしなさい」と言います。でも僕が、いい加減にしたり、勝手にするともっと怒ります。一体どうすればいいでしょうか。

回答

お前は小学生かっ!(本当に小学生だったらスマン)

これ年齢書いてないので、分かりませんがね。今時、小学生でもこんなくだらない質問しませんよ。これに限らず、最近なんかこう、言葉の裏を読めないというか、行間を読めないというか、そのまんまにしか捉えられない人多くありませんか。ま、分かんないんだったら、教えてあげますけどね。「いい加減にしなさい」というのは「くだらねーことやってんじゃねえよ、このアホ!」で、「勝手にしなさい」というのは「親のスネかじってるくせにウダウダ言ってんじゃねーよ、自分の金で生活できるようになったら大口叩きやがれ、このボケ!」という意味です。

ロック歌手、矢沢永吉の自伝「成りあがり」に書いてありましたがね、彼はお婆ちゃんに育てられたんですけど、反抗期には、相当、口答えしたそうです。あの調子ですから、かなりのやんちゃだったんでしょうね。で、ある日いつものように悪態をついてたら、お婆ちゃん静かにこう言ったそうです。「おい永吉、30過ぎたらもういっぺん同じこと言ってみろ」。いやー、深いですねー。さすが矢沢永吉のお婆ちゃんです!

そんなあなたに
ファンキー・モンキー・ベイビー
by キャロル

1973年発売。ソロになる前の矢沢永吉が結成したバンドの代表曲です。「ファンキー・モンキー・ベイビー」……なんだかよく分かりませんが、歌詞からすると「♬イカレてるーよ、だけど可愛いー、俺の彼女ー♬」だそうです。親に悪態つきたくなったら、永ちゃんのお婆ちゃんの言葉を思い出して、この曲流しながらツイスト(古っ!)踊ってグッとこらえてくれい!



土門さんセレクションの音楽を収録した
アルバム一覧はこちら →
Amazon.co.jp - Eikoku News DigestのaStoreへ Amazon.co.uk - Eikoku News DigestのaStoreへ


 
  • Facebook

2020年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ