instagram Facebook ツイッター
Sat, 25 January 2020
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

人にやさしく by THE BLUE HEARTS

Dear ドモンさん
ロンドンへの観光旅行を控えた日本人の方から、「日中の気温はどのくらい? 上着いるかな?」といったようなことを聞かれる度に困ります。ロンドンの気温などインターネットを使えばすぐに検索できるし、同じ気温でも暑く感じる人がいれば、寒いと思う人もいると思うのです。こんな質問されたとき、どう答えたらいいのでしょうか。

回答

お気持ちお察しいたします。

えー、恐らくあなたが言いたいのは、「知り合いが英国に来るたびに同じことを聞かれてうっとうしいのですが、どうしたらいいでしょうか?」ということだと思うんですが、ま、イラっとする気持ちも分からないでもないですよ。私も日本人の集まる飲み会とか行くと、「いつもどの駅でやってるんですかー?」とか「どんな曲を演奏してるんですかー?」、「どれくらい儲かるんですかー?」って毎回何人からも聞かれますから。「それ全部俺の本に書いてあるんで買って読んでくれー」と、喉元まで出そうになるんですけど、向こうにしてみれば、純粋に興味があって聞いてくれてるわけですからね。無下にはできません。毎回、満面の笑顔で丁寧に説明しますよ。

なので、あなたも「日中暖かくても夜は結構寒いから、一応上着は用意しておいた方がいいですよー」とかなんとか、なるべく穏やかーに答えてやってください(内容なんか適当でいいんですよ)。そうすれば、忍耐の訓練にもなるし、相手に好印象も持たれるし、一石二鳥です。それに親切にしていれば、来英時に寿司かなんかごちそうしてもらえるかもしれませんよー(笑)。

そんなあなたに
人にやさしく
by THE BLUE HEARTS

1988年発売。彼らがインディーズ時代からやっていた名曲です。サビ後の「ガンバレ!」って掛け声がナイスですね。1995年に解散し、最近はボーカルとギターの人が「ザ・クロマニヨンズ」ってバンドをやってるみたいです。「金持ちけんかせず」ですよ。要はそういう質問ってコミュニケーションの一環なんです。会話の潤滑油だと思って我慢してくれい!



土門さんセレクションの音楽を収録した
アルバム一覧はこちら →
Amazon.co.jp - Eikoku News DigestのaStoreへ Amazon.co.uk - Eikoku News DigestのaStoreへ


 
  • Facebook

治験参加者募集エイチエムアール バナー
2020年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ