instagram Facebook ツイッター
Mon, 20 January 2020
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

ゴーイン・バック・トゥ・チャイナ by 鹿取洋子

Dear ドモンさん
私の友達は、食べものといえば中華しか食べません。私としては、たまに外に出掛けたときぐらい、おいしいものを食べに行きたいなと思うのですが、彼女は中華料理以外には興味がないと言います。そんな彼女を、いつもと違うレストランに連れて行くにはどうしたらいいでしょうか。

回答

別に中華でいいじゃないですかー。

中華最高じゃないですか。私最低でも週2回は中華街にある「ワンケイ」に行きます。独特のおいしさ(?)と、テーブルに置いてあるラー油は癖になりますよ。1週間行ってないと禁断症状出ますから。あとリージェント・ストリート沿いにある「羊なんとか」(すまん漢字が読めんかった)って看板に書いてある店、あそこもいいですね。「クリスピー・ポーク & チキン on ライス」がお勧めです。2時までに入ると無料のスープが付いてきますよ。あ、中華街といってもハズレの店もありますから注意してくださいね。どことは言いませんけど、一般的に観光客が多い店は注意です。

中華以外だったらどこがいいですかね。ロンドン長い人は知ってると思いますけど、ユーストン地区のベジタリアン・ビュッフェ(インド系)、あれは感動ものです。並んだ大皿の盛り付けも奇麗だし、ぜひとも開店と同時に入店してほしいですね。韓国料理もおいしいところいっぱいありますけど、個人的には、トッテナム・コート・ロード駅近くに3店並んでるうちの真ん中。あそこも年に1回くらいは行きますね(1回かよっ!)。で、お悩み何でしたっけ(笑)?

そんなあなたに
ゴーイン・バック・トゥ・チャイナ
by 鹿取洋子

1980年発売。オリジナルはオランダのロック・バンド「ディーゼル」。日本ではほかに「レイジー」っていうバンドもカバーしてましたが(誰も知らねえかなあ?)、そっちはイントロが英ハード・ロックみたいでしたね。ま、ごちそうしてあげるって声掛ければついてきますよ。それでも中華以外は興味がないと言うのであれば、彼女は放っといて私を連れていってくれい!



土門さんセレクションの音楽を収録した
アルバム一覧はこちら →
Amazon.co.jp - Eikoku News DigestのaStoreへ Amazon.co.uk - Eikoku News DigestのaStoreへ


 
  • Facebook

2020年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ