instagram Facebook ツイッター
Mon, 20 January 2020
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

Stop! In the Name of Love by The Supremes

Dear ドモンさん
会社の同僚で、いつも旦那さんと旦那さんの友人たちについての自慢話ばかりする人がいます。最初は、いいねー、すごいねーと聞いてあげていましたが、最近は段々うざくなってきました。何かというと旦那さんが出てきて、もう彼の名前を聞くのもうんざりです。彼女は空気が読めないんだと思いますが、私の我慢も限界。もう少しでちゃぶ台ひっくり返してしまいそうです。こんな私に良い音楽ないでしょうか?

回答

こんなお悩み過去にもあったような……。

日本人の集まりに、いつも自慢の英国人の旦那さんを連れてくる友人がムカつくとか、自分の自慢ばかりしている友人がうざいとか、そういうお悩み、以前にもありましたよね? このコラムも足掛け3年、160回もやってるわけですから、そりゃお悩みもかぶってきますよ。私がネタ切れする前に、お悩みがネタ切れですかね。でも大丈夫、バックナンバー全部読み返して確認してから投稿しろなんて言いませんから。かぶっても全然OK、ジャンジャンお悩み投稿してくださいねー。読者様は神様です!(って俺は三波春夫かっ?)

そういえば以前、ロンドン在住のOLさんが言ってたんですけど、新しく入社してきた日本人女性と帰り道が一緒だったので、親睦を図ろうと「ちょっとパブでも寄っていきませんかー?」って誘ったら、「私は彼(ヨーロッパ人の旦那さん)以外の人とは、飲みとか食事とか行きたくないんです。だって全然面白くないんですもの」とキッパリ断られたそうです。そのOLさんは激怒してましたけど、そこまで正直に本音を言った彼女って、ある意味アッパレだと思いましたよ(いやマジで)。

そんなあなたに
Stop! In the Name of Love
by The Supremes

1965年リリース。激動の60年代米国を駆け抜けた、伝説の黒人系女性ボーカル・グループ「ザ・スプリームズ」の大ヒット曲。空気の読めない人だとか思うから腹が立つんですよ。私みたいに「正直な人だなあー、すごいなあー」って感心したらいいんです。それでも我慢の糸が切れたときは、手の平を彼女に向けて「Stop! In the name of love〜」と歌ってくれい!



土門さんセレクションの音楽を収録した
アルバム一覧はこちら →
Amazon.co.jp - Eikoku News DigestのaStoreへ Amazon.co.uk - Eikoku News DigestのaStoreへ

 
  • Facebook

2020年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ