instagram Facebook ツイッター
Sun, 22 September 2019
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

黒の舟唄 by 長谷川きよし

Dear ドモンさん
よく、人生にはモテる時期があると言いますが、私にはいまだにその時期が来ていません。同世代の友人たちは、街で声を掛けられたり、手紙を渡されたり、ということが日常的にあるそうです。モテ期、というのは誰にでもあるものなのでしょうか?

回答

何もしないでモテようなんて思っちゃいけませんよ。

あのー、モテ期なんてものはないですから。そんなのあったら誰だってモテちゃいますよ。ただの幻想ですから忘れてください。大体、努力もしないでモテようなんて根性が気に入らない。ミュージシャンでも俳優でも、モテてる人はものすごい努力してますよ。ちょっと話飛びますけど、カッコ良く見える服装って、着ると結構きつかったり、意外に着にくい場合が多いんです。んー、何を言いたいかというと、楽してカッコ良く(綺麗に)はならないんですよ。

私のことで恐縮ですけどね。ロンドン来てから数年、全くモテませんでしたね(いやー、かなり暗い英国生活でした)。それからオーディション受けてバスカーになったり、ロンドン地下鉄演奏日記なぞ書いて本を出版したり、日系フリー・ペーパーにコラム書いてイベントなどに出演してみたり、そんなしてたら、だんだん知られるようになって、今では在英日本人おばさん達のアイドル、バスキング界のチャン・グンソクと呼ばれてますよ(笑)。ま、冗談はさておき、生まれつき容姿端麗でもない限り、ボーっとしていてもモテません。私と一緒にもがき苦しみながらがんばっていきましょう!

そんなあなたに
黒の舟唄
長谷川きよし

1972年発売。今回の選曲はちょっとシブ過ぎましたかねえ(汗)。いろんな人が歌ってますけど、全盲のシンガー・ソングライター、長谷川きよし(ギターも上手いよ)の歌うこれは染みます。「♬男と女の間には、深くて暗い河がある。誰も渡れぬ河なれど、エンヤコラ今夜も舟を出す。Row and row〜♬」モテるためには振り返らずに、一生懸命人生を漕ぎ続けてくれい!


土門さんセレクションの音楽を収録した
アルバム一覧はこちら →
Amazon.co.jp - Eikoku News DigestのaStoreへ Amazon.co.uk - Eikoku News DigestのaStoreへ

 
  • Facebook

読者プレゼント
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ