instagram Facebook ツイッター
Fri, 20 September 2019
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

夢で逢えたら by 吉田美奈子

Dear ドモンさん
英国で激務の毎日なので、日本に一時帰国のときぐらいはゆっくり昼まで寝ていたいのですが、親や兄弟の手前そうもいきません。時差ぼけで夕方に眠いときなども、横になるのはなんとなく気が引けます。そんなとき、土門さんはどうしてますか? 何か良い言い訳などないでしょうか?

回答

うんうん、それよく分かります。

でも日本に着いて1週間くらいは、時差ぼけで早朝に目が覚めませんか? 私なんか午前2時くらいに目が覚めちゃって、ギター練習するわけにもいかず、一人黙々とヒンズー・スクワットとかやってますよ。で、もう少し日が経つと5時頃に起きるんですが、ジョギングでもしようと思って外に出ても、山形なんで、人っ子一人いないんですよ。これが都会だったら早朝ジョギングする人も多いだろうし楽しいと思うんですけど、実家の周りだと孤独感ビシビシだし近所の目も気になるんで憂鬱なんですよね。

で、遅く起きるときの言い訳ですが、私の場合は「腹式呼吸を練習してるんで、あと1時間は布団の中から出れません」などと言って息をスーハーやります。そんで起こしに来た母がいなくなったらまた寝に入るという、全くもって卑怯な作戦です(恥)。それでもまた起こされたら、今度は「目を閉じながら宇宙にいる未知の生命体と交信しているので邪魔せんでくれっ!」と逆切れします。まあ、その辺になるとさすがに母も呆れてますが……。

そんなあなたに
夢で逢えたら
吉田美奈子

1976年発売。96年にラッツ&スターがカバーしヒットしましたが、吉田美奈子さんのバージョンも素敵です。雰囲気的におやっと思って調べたのですが、やはりヒットメーカー大滝詠一氏の作詞作曲でした。寝ていたい気持ちも分かりますが、そのうち言い訳も尽きてくると思うので、手伝いや親孝行でもしてさわやかな朝を迎えてくれい!


土門さんセレクションの音楽を収録した
アルバム一覧はこちら →
Amazon.co.jp - Eikoku News DigestのaStoreへ Amazon.co.uk - Eikoku News DigestのaStoreへ


 
 
  • Facebook

読者プレゼント
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ