instagram Facebook ツイッター
Thu, 12 December 2019
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

何度でも by Dreams Come True

Dear ドモンさん
私は話好きなんですが、45歳を過ぎたあたりから「あ、その話前にも聞いたよ」とか、「また同じ話してるよ」とか言われます。決して自慢話などをしているわけではなく、どちらかといえば自虐ネタなのですが、自分で何回も同じ話をしていると思うと、年を取ったのかなあ、ボケたのかなあ、と心配になってきました。同じ話をしないようにする方法、または話す前に気付く方法ってありませんでしょうか?

回答

私もよくありますけどねー。

私も人前で話すことがちょこちょこあるんで、結構気を付けてるんですが、「その話聞いたことあるよ」とか、「コラムで読んだよ」って言われるとへこみますね。ですから飲み会程度では、あまり大ネタは話さないようにしてます(笑)。お笑い芸人でも、テレビ用ネタや営業用ネタがあるらしいですから、話がかぶらないよう苦労してるんじゃないですかね。

まあ、一般の方がそこまで気にする必要はないと思うんですが、気持ちは分かりますんで一言提案させていただきます。これは話を聞いてる方の問題でもあると思うんですよ。せっかくサービス精神満々で面白い話をしてくれようとしているのですから、鼻っ柱折らなくてもいいじゃないですか。ここは一つ、何度か聞いた話でも知らんぷりして、初めて聞いたみたいにリアクションしてほしいですよね。そういう思いやりが大切です。なので皆さん、2度目でも寛容な気持ちで話を聞いてあげてくださいね。

そんなあなたに
何度でも
Dreams Come True

2005年発売。いやー、ドリカムは前にも出したんですけど、このコラムも200回を超えたことですし、今後は同じアーティストでもOKということにして、何とぞ寛容な心で読んでいただければと思いますm(_ _)m。面白い話は仕事で疲れた心を癒し、体にも良い影響を与えると思うので、かぶっても気にせず積極的に広めていってくれい!


土門さんセレクションの音楽を収録した
アルバム一覧はこちら →
Amazon.co.jp - Eikoku News DigestのaStoreへ Amazon.co.uk - Eikoku News DigestのaStoreへ

 
 
  • Facebook

2020年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ