instagram Facebook ツイッター
日経電子版Pro
Thu, 15 April 2021

The Knack…And How To Get It / ナック

映画の舞台裏を捜査する!特捜シネマ刑事
第47回

The Knack…And How To Get It(1965 / 英)
ナック

サエない小学校教師のコリンは、モテモテの同居人トーレンに女の子をモノにする方法を教えてもらおうとするが、なかなかコツがつかめない。そんなある日、田舎からロンドンに出てきたナンシーという女の子に出会う。

今週のロケ地

監督 Richard Lester
出演 Michael Crawford, Rita Tushingham, Ray Brooksほか
ロケ地 Buckingham Palace
アクセス 地下鉄Victoria駅から徒歩

amazon

アイコン

  • 60年代のポップ・カルチャーを反映した映画は数多くありますが、今週の捜査対象「ナック」は、その代表作と言っても過言ではない一本ですよ。
  • 米国人監督リチャード・レスターが「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」と「ヘルプ!4人はアイドル」の間に製作した超ポップなお洒落ムービーですね。英国の舞台監督兼女優のアン・ジェリコーによる戯曲を映画化したものですが、テイストは「ビートルズ〜」と非常によく似てまして、次から次へとテンポよくシーンが切り替わり、思わずクスッと笑ってしまうような演出が随所に差し込まれてます。
  • いわゆるスラップスティック・コメディーなんだけど、そこを軽やかに、お洒落に仕上げているところがレスター監督ならではのワザなんだな。まるでコントのようにポンポン飛び交う台詞もポップな味付けになってるし。意味なんかない、楽しければそれでいいのさ! っていう軽さがクセになる一本だ。なーんも考えずに観られるもん。
  • なんといってもテーマが「女の子をどうやって落とすか」ですから。
  • どうにもパッとしない小学校教師のコリンは、スウィンギングなロンドンで幅をきかせ始めたお洒落ボーイズ & ガールズについていけずに半ばパニック状態なんですね。ちなみにコリンが教鞭を執っているのは地下鉄Holland Park駅近く、Campden Hill Roadの西側、Airlie Gardensにあります「Holland Park School」です。
  • はい、しかしコリンのフラットメイトで軟派なドラマー、トーレンは、自由恋愛バンザイ! 的な風潮を謳歌するモテ男。正直、こいつカッコいいか? って思いますが、とにもかくにもコリンよりは女性の口説き方を知っているわけです。そんな彼らにアーティストのトムを加えた3人は、Hammersmith界隈、Melrose Terraceの1番に立つフラットに住んでいます。
  • 一方、一人の若い娘っ子ナンシーが田舎からロンドンにやってくるわけだ。冒頭のシーン、ナンシーが降り立つのは、旅行者にお馴染みのVictoria Coach Stationだね。
  • まずはユース・ホステルを探そうと歩き出したナンシー。右も左も分からない彼女が辿り着いた先は、なんと「Buckingham Palace」でありました。裏通りの窓から見える、なにやら風呂上がりのような衛兵たちに「ここはYWCA?」なんて聞いちゃうお間抜けぶりです。
  • さらにKnightsbridge界隈へと歩を進めた彼女は「Harrods」近くの高級ブティックに足を踏み入れます。男性店員のマニュアル通りのセールス・トークを茶化した後、再び外へ。車の往来が激しくてなかなか道路を渡ることができません。そこで、コートの中にバッグを入れて妊婦を装い、道を譲ってもらいます。このシーンはWarwick Avenue駅近く、Blomfield RoadからClifton Villasに入ったところで撮影されていますね。
  • まもなくして、デカいベッドを探し歩いていたコリンとトムに出会うわけだね。
  • ベッドを車のように滑らせて街中を移動するシーンがサイコーですね。コリンとナンシーが2人でベッドを押してパブの前を通り抜け、先回りしていたトムが灰皿とボトルを持ってひょいっと出てくる場面とか、絶妙な間合いでクールです。こちらは同じくHolland Park駅近く、Penzance Place界隈で、このパブは現在、イタリア料理店「Orsino Restaurant」になっています。

デカ長、物申す
エモーショナルな演出がほとんどない、ひたすら軽くてポップな一本なのだ。意味なんかないって言ったけど、それでもふとした瞬間に、時代を切り取るナレーションやシニカルな台詞が飛び出してきてハッとさせられたりもするんだよね。それと本作は、ジェーン・バーキン、シャーロット・ランプリング、ジャクリーン・ビセットらがチョイ役デビューしている作品としても有名だよ。登場場面を見付けるのもまた一興だね。

 
  • Facebook

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ