英国留学ならアフィニティ
Thu, 29 June 2017

日本人が経営する欧州の宿 - 見知らぬ国や地域でほっと安心

旅の醍醐味 ──それは未知なる世界を訪ね、新たなる刺激に心躍らせること。
それでもやっぱり、見知らぬ国や地域でもほっとできる安心感も捨てがたい。
そんな人にお勧めなのが、欧州各地にある日本人経営の宿。
言語の心配なく宿での時間を過ごせるだけでなく、日本人ならではのきめ細やかなサービスに、
一瞬故郷に戻ったかのような温かさを感じられるはず。
日本からやって来る家族や友人を案内するにもぴったりなロンドンの宿も合わせてご紹介。


スイスチューリッヒ Zürich

チューリッヒ チューリッヒ地図ロンドンからチューリッヒ空港まで約1時間40〜50分。空港から中心部まで列車で約10分

世界に名だたる金融都市チューリッヒは、博物館や美術館が多い文化都市としても有名だ。

ムンクやシャガールなどの作品を所蔵する「チューリッヒ美術館(Kunsthaus Zürich)」やスイスの文化・歴史をたどれる「スイス国立博物館(Schweizerisches Landesmuseum)」のほか、高級時計店バイヤーに付設する「時計博物館 (Uhrenmuseum Beyer Zürich)」やスイス生まれの建築家、ル・コルビュジエが最後に設計した「コルビュジエ・ センター(Centre Le Corbusier)」(現在閉館。2015 年夏季再オープン予定)などスイスならではのスポットも。

シャガールの手によるステンド・グラスが幻想的な「聖母聖堂(Fraumünster)」も見逃せない。

スイスで感じる和の神髄
Hotel Hasenberg ホテル 兎山

スイス最大の都市チューリッヒから20キロの小高い山の上。雄大なスイス・アルプスに抱かれるように佇む純和風の割烹温泉旅館「兎山」では、至るところに「和」の神髄が息づいている。和風部屋は、公認宮大工の手による数寄屋造りの本格派。すべてに専用サウナと専用露天風呂が完備されている。ローマ時代よりスイス有数の温泉の地として名高いバーデンから引いてきたお湯に浸かりながら、眼下に広がる大パノラマを心ゆくまで堪能しよう。畳の部屋に不安を感じる人には、ヨーロピアン・スタイルの部屋もあるので安心だ(露天風呂はなし)。

日本でもここまで和の心を感じられる場所は少ないの ではないかという部屋の内装もさることながら、ここ兎山に来たら何より楽しみなのが、日本から招へいしたという 和食調理人の手による本格懐石料理。懐石レストラン「兎山」1階にある掘りごたつ式の「小上がり座敷」か2階の「お座敷」で季節の旬の味を生かした月替わりのメニューをいただける。また、部屋で食事をとることも可能なので、小さなお子さん連れでも周りを気にすることなくゆったりと極上の味を楽しめるのがうれしい。また、朝食はヨー ロピアン・ブレックファストか和食(追加料金)のいずれかを選ぶことができ、こちらも部屋でいただくことが可能だ。

大自然に囲まれたヨーロッパならではの風景に、日本の伝統を今に伝える美と食の数々。双方の素晴らしさを同時に堪能できる、贅沢で極上のひとときをどうぞ。

Hotel Hasenberg ホテル 兎山

オーナー倉林さんから一言

日本の文化はヨーロッパでも評価されてきていますが、まだ「寿司」や「漫画」といった印象が強いのではないかと思います。一般に、日本へ旅行したくて も費用が高いと敬遠される傾向はいまだみられ、それならば建築、風呂、料理、茶の湯、心のこもった細やかな接客といった日本らしさが詰まった旅館を、ヨーロッパに作ればいいのではないかと思ったのが、このホテルを始めたきっかけです。
  • 1泊2食付(懐石北山、洋朝食込)
    洋客室 一人230スイス・フラン~(2人からのみ)
    和客室 一人400スイス・フラン~ *宿泊のみ、食事のみもあり

イタリアリアーノ Riano

リアーノ Riano リアーノ地図ロンドンからフィウミチーノ空港まで飛行機で 約2時間半(ローマ市内までは列車で約30分〜40分)。ローマから車で約30分

牧歌的な田園風景に心洗われるローマ郊外の街、リアーノ。ここからは、ローマ中心部の観光地めぐりはもちろん、日帰りで様々な場所へ赴くことが可能だ。まずは中世の山岳都市、カルカータ(Calcata。写真)。宮崎駿監督のアニメ映画「天空の城ラピュタ」のモデルになったとも言われる人気のエリアだ。

崖の上に浮かんでいるかのような旧市街には、いまだ中世の趣が色濃く残っている。また、繁華街の喧噪を離れて一息つきたければブラッチャーノ(Bracciano)へ。ブラッチャーノ湖でのんびりするも良し、湖を望む15世紀建造の古城「オデスカルキ城(Castello Orsini-Odescalchi)」を散策するも良しという落ち着いた雰囲気がうれしい。

イタリアを丸ごと満喫
Villa Kiara ヴィラ・キアラ

ローマから車を走らせて30分。のどかな田園風景が広がる郊外の街リアーノに居を構えるヴィラ・キアラは、観光旅行を楽しむだけではなく、イタリアの言語や食文化を学ぶこともできる、ユニークな体験 型の宿泊施設だ。日本人オーナーのトキコさんがイタリア人の義母から受け継いだという家庭料理のレッスンや、イタリア人講師によるイタリア語での料理教室、日常会話レッスン、ヴィラでのレッスン修了後に紹介先のレストランで研修する1年間留学コースなど、ヴィラ自慢のオプションを利用して、イタリアを丸ごと満喫しよう。

Villa Kiara

大畠芳久さん宿泊者から一言

1年前に仕事を辞め、一人で渡伊。ミラノで偶然出会ったヴィラ・キアラのスタッフの紹介でローマに行き、宿泊しました。スタッフの温かい出迎え、おいしい食事、そしてほんのり日本の雰囲気を感じるこの場所は、僕の癒しの場所となりました。そして現在、ヴィラ・キアラの近くにあるレストランでイタリア料理を学んでいます。そんな戻って来たくなるような第二の家です。(大畠芳久)
  • 43ユーロ(朝食込)
    昼食11ユーロ、夕食16ユーロ。別料金にて送迎可
  • Via Monte Porcino SNC 00060 Riano, Roma, Italy
    Tel: +39 (0)6 90131763
    E-mail: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
    www.villa-kiara.com

フランスエクス=アン=プロヴァンス Aix-en-Provence

エクス=アン=プロヴァンス エクス=アン=プロヴァンス地図ロンドンからマルセイユ・プロヴァンス空港まで飛行機で約2時間。空港から列車で約45分

燦々と降り注ぐ太陽の光を浴び、街のあちらこちらにある噴水や泉を眺めながら並木道を散歩する ── エクス=アン=プロヴァンスは、南仏の恵まれた気候の下、ショッピングやカフェでのお茶を楽しむこともできれば、ちょっと足を延ばしてブドウ畑やラベンダー畑が広がる村々を訪ねることも可能という魅力的な街。

画家セザンヌの生まれ故郷であるこの地には、セザンヌの生家や彼が晩年を過ごした家、友人と集ったカフェなどが点在。

また、市街地から少し離れた森には、セザンヌが数々の作品を描いた「ビベミュスの石切り場(Carrières de Bibémus)」が。彼がこよなく愛したサント=ヴィクトワール山の雄大な光景を自らの目で確認してみよう。

日仏カップルが営む1日1組様限定の宿
Villa Montrose ヴィラ・モンローズ

南仏の中でも治安が良くお洒落な 街エクス=アン=プロヴァンスにある、2011年開業のシャンブルドット(仏版民宿)。東京の南青山でオーナー・シェフをしていた南仏出身のダヴィッドさんが教える「料理教室」 や、南仏の見どころを案内する「プライベート・チャーター」「ワイナリー巡り」などと組み合わせて滞在するゲストが多い。日仏カップルのオーナー2人は、雑誌やTV、百貨店のフランス・フェアのコーディネーターとしても活躍しており、ガイドブックに載っていない素敵な村や店、レストランを熟知。どこへ行っても彼らの友人のように歓待されるのがうれしい。

陽子さんオーナーのダヴィッドさん&陽子さんから一言

チャーターのお客様から「2人の家で食事して泊まってみたい」と言われたのがきっかけで始めたシャンブルドット。友達の家を訪ねるような気持ちでいらしてくれたらうれしいです。部屋もチャーターもプライベートのサービスで贅沢に思われるかもしれませんが、旅先で得られる安心と安全はかけがえのないもの。個人旅行が初めての方や女性の一人旅も多いですよ。
  • 1室165ユーロ〜(朝食込)
    *送迎サービスあり(有料)
  • 11 rue André Lefèvre 13100 Aix-en-Provence, France
    Tel: +33 (0)6 50371234
    E-mail: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
    www.villamontrose.com
    www.facebook.com/provence.voyage

フランスパリ Paris

パリ Paris パリ地図ロンドンからユーロスターで
約2時間半

ロンドンからは気軽に行けるとあって、週末のみの観光旅行に訪れる人も多いパリ。でもたまには少し長めに滞在して、暮らすように街を堪能したい。出費を控えて滞在期間を延ばすのならば、ポイントとなるのは食。星付きレストランもいいが、ぜひ試してみたいのがパリ市内だけでも90以上あるというマルシェで食材を調達して自炊すること。大学学生センター(Crous)が運営する学食を利用するのも手だ。

そして各所に散らばる観光名所めぐりに疲れたら、のんびり蚤の市を回ってみては。家具やアクセサリー、絵画などを扱う店舗が並ぶ「ヴァンヴの蚤の市(Le Marché aux Puces de la Porte de Vanves)」は眺めているだけでも楽しい。

パリ生活を夢見る女性の強い味方
Maison Orange メゾン・オランジュ

メゾン・オランジュはシェア・タイプの女性専用ゲスト・ハウス。ほかの宿泊者と旅の情報交換ができるだけでなく、普段の生活では出会えないような様々な人々と刺激を与え合ったり、新しい友人を作ることができる。宿があるのはパリ市内、ゾーン1の治安の良い地域。シャルル・ド・ゴール空港からはシャトル・バス1本、バス停からは徒歩5分という抜群の立地で、最寄りのメトロ駅も徒歩2分なので女性の一人旅でも安心だ。キッチン、洗濯機、インターネット、電話、テレビなど生活必需品は完備。特にトイレやシャワー、キッチンなどの水回りが清潔なのがうれしい。

Maison Orange メゾン・オランジュ

白波瀬さん オーナーの白波瀬さんから一言

宿泊料金はパリ市内の同レベルの宿と比べて、かなり安価に抑えています。これはどなたでも大きなご負担なくお支払いができるようにと考えて設定しました。宿代を節約して、ご自身の夢やステップアップのためにお金を使っていただきたいと考えています。
  • シェア料金: 30ユーロ
    貸切料金: 110ユーロ(4人部屋)
    170ユーロ(6人部屋)
    *上記はエコノミー・プランの料金
    (キャンセル、予約変更時の返金不可、日程変更不可)
  • 31 rue guilleminot 75014 Paris, France
    Tel: +33 (0)6 17802311
    E-mail: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
    http://maison-orange.com

イギリスニュー・フォレスト New Forest

パリ Paris ニュー・フォレスト地図ロンドンから列車で約90分

木々が生い茂る原生林に、道を行く子馬や豚たち。ニュー・フォレストには、ロンドンから列車でわずか90分とは思えないのどかな光景が広がっている。

英国で最も小さな国立公園であるニュー・フォレスト国立公園では、乗馬やゴルフ、カヌーなどのアクティビティーが楽しめるほか、英国最古の野外海水温水プール「リミントン海水温水プール(Lymington Sea Water Baths)」でくつろいだり、「ビューリー国立自動車博物館(Beaulieu National Motor Museum)」で1890年代の車から映画007シリーズに使用された車まで古今東西の車の数々を鑑賞したりすることも可能。マイナス・イオンをたっぷり浴びて、心身ともにリフレッシュしよう。

ロンドン郊外でリトリート
The Rufus House ルーファス・ハウス

ロンドンから90分、ニュー・フォレスト国立公園にあるルーファス・ハウスは、素晴らしい自然と愛らしい動物たちに囲まれた、休暇に最適の立地。しかも、感情マネジメントの専門家、伊藤悦子さん(理学修士、AREBT・BACP正会員)が、多忙な日常生活で失いがちな内に秘める幸せを取り戻すリトリートを提供してくれる。一度きりの人生「自分らしく思いきり輝く方法」を体験しよう。

The Rufus House ルーファス・ハウス

伊藤さんオーナー伊藤さんから一言

豊かな自然に囲まれたニュー・フォレストで人生を変えてみませんか。「身体から入る感情マネジメント」で心の支配から自由になり、どんなに大変な状況にあっても穏やかでJoyfulな「今」を生きるお手伝いをいたします。皆様とのご縁を楽しみに!
  • シングル: 45ポンド~
    ダブル / ツイン: 80ポンド~ (朝食込)
    リトリート: 500ポンド~(2食込)
  • Southampton Road, Lyndhurst, Hampshire SO43 7BQ
    Tel: +44 (0)2380 282930
    E-mail: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください (リトリートの問い合わせはE-mailにて)
    www.rufushouse.co.uk

イギリスストラトフォード・アポン・エイボン Stratford-upon-Avon

ストラトフォード・アポン・エイボン Stratford-upon-Avon ストラトフォード・アポン・エイボン地図ロンドンから列車で2時間強

言わずと知れた文豪シェイクスピアの生誕地。こぢんまりとした街の至るところに、シェイクスピア本人や家族が住んだ家、洗礼式を行った教会など、ゆかりの地が今も残っている。

演劇ファンにとっては聖地とも言えるロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(Royal Shakespeare Company)の本拠地では、シェイクスピアの芝居はもちろん、子供向けの演目も上演しているので、前もってウェブサイトでチェックした上で、家族連れで観劇を楽しんでみては。柳がさわさわと揺れるエイボン川のほとりは散歩に最適。

遊覧船に乗って辺りの景色を垣間見るのも良いが、ナロー・ボートで数時間かけて川をたどるショート・クルーズもお勧め。

シェイクスピア生誕地で日本のおもてなし
Moonraker House ムーンレイカー・ハウス

駅から徒歩約5分という立地が人気の純英国式4ツ星ゲスト・ハウス。心配りの行き届いた部屋は、シェイクスピアの戯曲に出てくる登場人物名が付けられているのがシェイクスピアの生誕地ならでは。青色で統一された「オーベロン」や、天蓋付きベッドがロマンティックな「ティターニア」など、部屋ごとに雰囲気の異なるインテリアが楽しめる。地元産の食材にこだわった朝食は、ボリューム満点ながら新鮮野菜が盛りだくさんで油控えめ。景色の美しい散歩道や食情報にも通じているオーナー、大畑さんのアドバイスを基に、ちょっと「通な」街散策を楽しもう。
ストラトフォード・アポン・エイボン特集

Moonraker House ムーンレイカー・ハウス

大畑さんオーナー
大畑さんから一言

歴史と文化に溢れるストラトフォード・アポン・エイボンでシェイクスピア関連の名所散策や本場ロイヤル・シェイクスピア劇場での観劇をお楽しみください。お陰様で今年、オープン10周年を迎えます。これからもゲストの皆様にくつろいでいただける旅の宿を提供させていただきたく思います。ご愛顧のほどお願いいたします。
  • シングル: 45ポンド~
    ダブル / ツイン: 70ポンド~
    ファミリー: 95ポンド~
    (朝食込、長期滞在割引あり)
  • 40 Alcester Road,
    Stratford-upon-Avon CV37 9DB
    Tel: +44 (0)1789 268774
    E-mail: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
    www.moonrakerhouse.com

英国の田園風景を往く船上の旅
Narrowboat Guide ナローボート・ガイド

宿は宿でも、ストラトフォード・アポン・エイボンから北へと延びる運河の上で寝泊まりできるユニークな体験ができるのがこちら。英国各地に広がる狭い運河を行き来する細長い船ナロー・ボートに乗って、ときに水辺を散歩しつつ、変わりゆく景色を楽しみながら船上で一夜を過ごすことができる。ナロー・ボート運営歴15年というアンディーさん、淳子さん夫妻からナロー・ボートや運河の歴史などの話を聞きつつ、のどかな田園風景を眺める時間は、忙しない観光旅行とは一味違った至福のひととき。トイレやシャワーなどの水回りやベッドも完備しているので、快適な船の旅を満喫しよう。

ナローボート・ガイド

オーナーのアンディーさんと
淳子さんから一言

アンディーさんと<br /> 淳子さんストラトフォード・アポン・エイボンはシェイクスピアだけではありません。200年前の英国産業革命を支えた運河が、ミッドランドを中心に3500キロも広がっています。丘の上の宿だけでなく、水上の宿で英国人のノスタルジーを体験してみませんか。英国の中にある運河という別世界へとご案内します!
  • 1泊2日: 一人125ポンド~
    (2人貸切の場合。朝食込。定員4人)
    *1泊2日~10泊11日まで様々なコースあり
    *利用人数、宿泊日数により
    価格が変わるため要問い合わせ
    *そのほか、軽食付き約3時間のショート・クルーズもあり
  • Tel: +44 (0)7899 998 334(日本語可)
    Email: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
    www.narrowboatguide.co.uk
    *ボート上のインターネットの都合により、返信に数日かかることがあり

イギリスロンドン London

ロンドン ロンドン地図

世界に名だたる観光大国ロンドンでは、宿を探すのが至難の業。来英してきた家族や友人のためにかなり高額なホテルを予約したのに、身動きが取れなくなるほど小さなシャワー・ルームでがっかり、などという経験はなかっただろうか。そんな人にお勧めなのが比較的安価な料金で宿泊できるゲスト・ハウスや中・短期滞在者用フラット。

日本ではまださほどなじみのないフラット・シェアをここロンドンで体験できるのがポイントだ。繁華街からは少し離れつつも交通の便は良い場所に位置していることが多いので、落ち着いた環境の中、ロンドンでの日々を過ごせるだろう。さらに日本人経営の宿ならば、何かトラブルが起こってもすぐに日本語で相談できて安心。

一人暮らしから家族連れまで
Kitazono House 北園ハウス

ロンドンにおける交通の拠点の一つ、ヴィクトリアから列車で16分のところに位置するノーブリー。都心からすぐとは思えないこの緑の多い閑静な住宅地に5軒のフラットを持つ北園ハウス。観光はもちろん、短期から長期の出張や留学など、幅広い目的で活用できる。土足厳禁のカーペットに、電気釜や日本の食器がそろったキッチン、バスルームに加えて複数のシャワーやトイレを備えた水回りと、ロンドンにいながらして日本にいたときと同様の便利な生活を送ることができるのがありがたい。また、家族連れで一軒家に住みたいという場合には、ロンドン郊外サリー州のパーリーにある一戸建てを紹介してくれる。

Kitazono House 北園ハウス

オーナー北園さんから一言

フラットはどれも日本人の生活習慣に合わせて改装していますので、海外生活になじみのない方でも心地良くご利用いただけると思います。コンピューターや使い放題の無線ADSLも完備。スーツケース一個でロンドンに到着されたその日から、日本同様の生活をお送りいただくことが可能です。
  • Norbury駅から徒歩約3分の立地にフラットを5軒所有。
    家賃:90~200ポンド/週
  • Tel: +44 (0)20 8679 1905
    E-mail: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
    www.kitazonohouse.com

中短期滞在に最適
London Apple House ≪ロンドン・アップルハウス≫

ロンドン・アップルハウス安価で安全、奇麗な宿をロンドンで探すとなると一苦労。ロンドン・アップルハウスは、日本人滞在者がウィークリー・マンション感覚で宿泊できるゲスト・ハウスだ。デポジットや契約書といった手続きはなし。各設備の管理も行き届いているので、気軽にロンドン生活をスタートできる。旅行だけでなく、留学や出張、研究目的で数週間から半年ほど滞在する人にもぴったり。

宿泊者からの一言

ホテルとは違ったロンドン・ライフをゆっくり過ごせました。余りにも心地良く、遅く部屋を出て早く帰ってくる毎日でした。(50代女性。個室ご滞在)
  • 市内ゾーン1~3にある8宿
    Queensway、Edgware Road、Swiss Cottage×2、
    Chalk Farm、West Acton×2、Acton Townから選択 
    *女性専用シェア室、個室、スタジオ、フラット貸しなど様々な形態あり
  • Tel: +44 (0)7900 457 222(10:00~20:00)
    E-mail: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
    www.londonapplehouse.com
    *問い合わせ、予約はメールにて

ロンドナー気分で過ごせる
Gendai Guest House ゲンダイ・ゲストハウス

ロンドン中心部グレート・ポートランド・ストリート駅から徒歩3分という繁華街のごく近くに位置しながら、ロンドン市民の憩いの場であるリージェンツ・パークも徒歩圏内の住宅街にあるゲスト・ハウス。大きな看板もなく周りの風景に溶け込んだ外観、長年ずっと住んでいたかのような錯覚を覚えさせる居心地の良い部屋。Wifiの無料アクセスや携帯電話の無料貸し出しもあるのがうれしい。観光を楽しみつつ、パークをぶらり散歩したり、スーパーで買い物をしてゲスト用のキッチンで自炊したり。短期滞在であってもロンドナーのように日々を過ごせる宿だ。

ゲンダイ・ゲストハウス

管理人の加藤さんから一言

ロンドンの東西南北どこへ行くにも、立地条件のとても良いゲスト・ハウスです。海外旅行に慣れていない方や、ホテルとは違う空間でホームステイのようにロンドン滞在を楽しみたい方にはうってつけです。観光のアドバイスなどもさせていただきますので、ロンドンにお越しの際にはお気軽にお立ち寄り下さいませ。
  • シングル: 58ポンド〜
    ツイン / ダブル: 88ポンド〜
    ファミリー: 120ポンド〜
    *税別
  • 38 Albany Street, London NW1 4EA
    Tel: +44 (0)20 7387 9125
    E-mail: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
    www.gendai-guesthouse.co.uk
 
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Facebook
  • Check

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

キャリアコネクションズ バナー バナー 習い事&スクールガイド
バナー バナー

企画営業・ライター・翻訳者募集中
英国新生活ガイド ロンドン・レストラン・ガイドブログJapan Digestゲンダイゲストハウス

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア