英国留学ならアフィニティ
Fri, 23 June 2017

ロンドンの一等地を握る4つの名家

所有地地図

メイフェア、チェルシー、マリルボーン、オックスフォード・ストリート……。すべて名士や有名人たちが住む豪邸や、一流ホテルまたは高級ブランド店、さらには大型デパートなどが並ぶロンドンの一等地だ。街中を歩けば思わず溜め息が出るほどの建築物が並ぶが、実はこれらの土地の大部分は、たった4つの貴族階級に属する名家によって所有されているということを皆様はご存知か。外国人や外国資本が大量に流入し、国際色の豊かさが強調されるロンドンにあって、その一番輝かしい部分を牛耳っているのは、古くから代々伝わる由緒正しい一握りの貴族たち。在英邦人がなかなか気付かない、階級社会の影響がいまだ色濃く残っていると言われる英国の一面に迫る。(本誌編集部: 長野雅俊)


line

英国の長者番付第3位の公爵が見守る
メイフェア、ベルグラビア地区

高級紳士服の仕立屋が並んだサビル・ロウ、アンティーク・ショップを内包するロイヤル・アーケード、さらには王立芸術院「ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ」などが存在するメイフェア、ベルグラビア地区。ロンドン屈指の高級住宅街と呼ばれるこの区域の開発は、300年以上も前からグロブナー家と呼ばれる富裕貴族が担っている。

メイフェア、ベルグラビア地区
高級店がひしめくオールド・ボンド・ストリートのアーケード(写真左)、超高級ホテルのクラリッジズ(同右)

この土地の代々の所有者
グロブナー家(1677年~)

現在の所有者
ジェラルド・キャベンディッシュ・グロブナー 55歳
Gerald Cavendish Grosvenor

DATA
爵位: ウエストミンスター公爵 6th Duke of Westminster
経営する会社: Grosvenor Group www.grosvenor.com
資産: 推定90億ポンド(約1兆9800億円)
所有している土地の面積: メイフェア区域に100エーカー(約12万坪)、ベルグラビア区域に200エーカー(約24万坪)ほか

歴史
ヒュー・ルーパス・グロブナー 1677年、当時グロブナー家の長男だったサー・トマス・グロブナーが、ロンドンに数百エーカーの土地を所有していた荘園領主の娘メアリ・ディヴィスと結婚し、多くの資産を得る。この資産を利用して18世紀前半にグロブナー・スクエアを中心とした街づくりが開始され、現在のメイフェア地区が出来上がった。またグロブナー家は19世紀を生きたヒュー・グロブナーの時にウエストミンスター公爵の爵位を授与され、代々同家の長男に受け継がれている。
19世紀後半を生きた初代ウエストミンスター公爵、ヒュー・ルーパス・グロブナー(写真右)

現在
ジェラルド・グロブナー氏 第6代ウエストミンスター公爵となるジェラルド・グロブナー氏は現在、米国、オーストラリア、日本といった世界17カ国でビジネスを展開しており、「サンデー・タイムズ」紙が発表した英国長者番付では第3位にランクインしている。またチェスター大学の名誉総長も務めており、普段はイングランド中部チェシャー州にあるカントリー・ハウスに居住している。
ジェラルド・グロブナー氏(写真右)

line

ハンズ・スローン卿の遺産を受け継ぐ
チェルシー、ナイツブリッジ地区

センスの良いセレクト・ショップが集まる高級住宅地チェルシー。そこから北へ数十分ほど歩くとシャネル、アルマーニなどの一流ブランド、さらには高級デパートのハロッズが立ち並ぶナイツブリッジに到着する。これらの街では、大英博物館の創設に貢献したハンズ・スローン卿の遺産を受け継いだカドガン家が権勢を振るっている。

チェルシー、ナイツブリッジ地区
カドガン家がチェルシー地区に保有するカドガン・ホールと(写真左)カドガン・ホテル(同左)、
高級デパートの代名詞、ハロッズ (同右)

この土地の代々の所有者
カドガン家(1753年~)

現在の所有者
チャールズ・カドガン 70歳
Charles Cadogan

DATA
爵位: カドガン伯爵 8th Earl Cadogan
経営する会社: Cadogan Estate Ltd www.cadogan.co.uk
資産: 推定22億ポンド(約4840億円)
所有している土地の面積: チェルシー区域に90エーカー(約10万坪)ほか

歴史
ウィリアム・カドガン伯爵 大英博物館の創設に大きく貢献した収集家で自然科学者のハンズ・スローン卿が1753年に死去した際に、それまでスローン家が所有していたチェルシー区域の広大な土地を彼の娘2人が相続。そのうちの1人であるエリザベスがカドガン家に嫁ぎ、エリザベスの死後にカドガン家へと受け継がれた。もう1人の娘であったサラの相続分も、やがてカドガン家が吸収。19世紀前半にはチェルシー地区の人口が急激な伸びを見せて、現在に至っている。
17~18世紀を生きたカドガン家の名士、ウィリアム・カドガン伯爵(写真右)

現在
グッチ、シャネルといった高級ブランドからジミー・チューなどの比較的新しいブランドまで、一流のブランド店を呼び込んでチェルシー、ナイツブリッジ地区を高級住宅街へと変貌させたカドガン・グループ。一方で携帯電話の端末販売店や、ファーストフードのチェーン店などの進出には厳しく制限をかけて他の繁華街とは一線を画した街づくりを進めている。またカドガンの名前を冠したホテル、ホールの運営も行っている。

line

女性たちが受け継いできた街
マリルボーン、ハーレー・ストリート地区

世界的知名度を誇るマドンナやポール・マッカートニーといった有名人が邸宅を持つことで知られるマリルボーン地区。そして高額だが腕利きのプライベート・ドクターが集まるために、この地に診療所を構えることが医師として一流の証と見なされるまでになったハーレー・ストリート地区。貴族同士の結婚を通じて、 様々な名家が所有してきたのがこれらの土地だ。

マリルボーン、ハーレー・ストリート地区
コンサート・ホールとして有名なウィグモア・ホールが立つウィグモア・スト リート近辺の土地も、
ハワード・ドゥ・ウォールデン家の所有となっている(写真左)。
一流の医師たちが集まるハーレー・ストリート(同右)

この土地の代々の所有者
ハワード・ドゥ・ウォールデン家(1879年~)

現在の所有者
メアリー・ヘーゼル・ツェルニーン 72歳
Mary Hazel Czernin

DATA
爵位: ハワード・ドゥ・ウォールデン女男爵 Baroness Howard de Walden
経営する会社: The Howard de Walden Estate www.marylebonevillage.com
資産: 推定22億ポンド(約4840億円)
所有している土地の面積:マリルボーン・ハイ・ストリートに100エーカー(約12万坪)ほか

歴史
トーマス・ハワード、初代ハワード・ドゥ・ウォールデン男爵 18世紀初頭まで莫大な資産を持つホールズ家が所有していた地域だが、その後はハーレー家、そしてポートランド家へと、名家の娘や姉妹への遺産相続を通じて所有者は移り変わっていった。1879年に5代目ポートランド公爵が死去した際にも、彼の妹が6代目ハワード・ドゥ・ウォールデン男爵の未亡人になっていたことから、土地は同家の管轄下に。またこの頃から、ハーレー家の名前が残るハーレー・ストリートに病院施設が集中するようになった。
トーマス・ハワード、初代ハワード・ドゥ・ウォールデン男爵(1561-1621)(写真右)

現在
10代目ハワード・ドゥ・ウォールデン男爵の死後、激しい遺産争いの末に彼の娘メアリー・ヘーゼル・ツェルニーン氏が2004年に遺産を相続した。彼女がカトリック教信者のため、ハーレー・ストリートにおいては中絶を施行する病院の設立を阻んだり、さらには整形医療などを行う医療施設に対して厳しく制限をかけていると伝えられている。またマリルボーン・ハイ・ストリートでは、10カ年計画として大規模な改装工事が行われている。

line

欧州最大のショッピング街
オックスフォード・ストリート地区

セルフリッジ、ジョン・ルイス、ハウス・オブ・フレイザーといった巨大デパートが乱立するオックスフォード・ストリート。休日には買い物客でごったがえすため、まともに歩くのさえ困難になるほど、ロンドンで最も賑わいのあるショッピング街だ。またクリスマス期間中には華麗なイルミネーションを照らすなど、常に注目を集めるトレンドの発信地となっている。

オックスフォード・ストリート地区
ロンドンで一番の賑わいを見せるオックスフォード・ストリート(写真左)。
大型デパート、セルフリッジズ(同右)

この土地の代々の所有者
ポートマン家(1532~)

現在の所有者
クリストファー・エドワード・バークリー・ポートマン 49歳
Christopher Edward Berkeley Portman

DATA
爵位: ポートマン子爵 10th Viscount Portman
経営する会社: Portman Estate www.portmanestate.co.uk
資産: 推定22億ポンド(約4840億円)
所有している土地の面積:オックスフォード・ストリートに110エーカー(約13万2000坪)ほか

歴史
エドワード・バークリー・ポートマン 英国国教会の創設者として有名なヘンリー8世王制下の裁判所首席裁判官だったサー・ウィリア ム・ポートマンが、1554年に270エーカー(約32万坪)にも及ぶ広大な敷地を購入。当時は主に農地として活用されていたが、18世紀中頃から開発が進み、中流階級の邸宅や、労働者のためのアパートなどの建設が始まった。1900年代後半からはオックスフォード・ストリートやベーカー・ストリート界隈の開発に力を入れるようになった。
初代ポートマン子爵となった エドワード・バークリー・ポートマン(写真右)

現在
オックスフォード・サーカス区域を中心に650の不動産物件を扱うポートマン・エステイトは、現オーナー、10代ポートマン子爵が1999年に事業を受け継いでから事業形態を刷新。それまでの借し出していた物件などを一気に買い戻した後に、8000万ポンド(約176億円)に及ぶ費用を注ぎ込んだ改築工事を実施するなど、大規模な再開発を行っている。このため、同地区の家賃は毎年2割の上昇を見せているという。

英国人貴族にまつわる3つの疑問

ロンドンの一等地は、なぜ一部の英国人貴族のみによって所有されているのか。 またそもそも貴族である、とはどういうことなのか。公爵、伯爵の違いは何かなど、ここでは英国の貴族制度について解説する。

1. ロンドンの一等地はなぜ貴族が所有しているのか

銅像
メイフェア地区に立つ、初代ウエストミンスター公爵の祖父ロバート・グロブナーの銅像

先のページで紹介した、ウエストミンスター公爵、カドガン伯爵、ウォールデン男爵、ポートマン子爵といったロンドンの一等地における一連の大手地主たち。揃いも揃って古くから代々続く貴族ばかりが名を連ねているのは一体なぜか。

彼らが成功した理由として、「定期借地権」という仕組みを最大限活用してきたことが挙げられる。この制度の下では、地主がまず借用期間を定めて一定の金額と引き換えに建設業者、または宅地造成業者に所有する土地を貸し出すことになる。次に土地を借り入れたこれら業者は、自費負担または資金の調達を行いながらその土地の開発を担い、やがて住居やオフィスとして貸し出す。そして賃貸期間が終われば、また開発した物件などをそのまま地主へと返す取り決めになっているのだ。

この制度下では、地主たちは常に一定の賃貸料を得られることに加えて、自分たちは金銭的負担なくして敷地を開発し、その度に土地は価値を上げていくことになる。最近では借用人や住居人が物件を維持する場合などの権限が拡大されてきたとはいえ、地主たちはいまだに既得権益を活用して多大な利益を得ているというわけだ。

さらに相続法の問題もある。英国では従来、地主が死亡した場合に長子相続権が認められてきた。つまり残された土地はまとめて長男がすべて受け取るため、広大な土地が分散されていくという事態が起きることを防いだ。

ちなみに、ロンドン中心部を通るリージェント・ストリートや巨大な公園ハイド・パークといったものは王家の所有物。つまり、旅行ガイドブックに掲載されているようなロンドンの観光名所は、最終的にはほぼすべて有産階級によって所有されている、というのが実情のようだ。

ジェント・ストリート、ハイド・パーク、カドガン・ガーデン、ポートマン・スクエアリージェント・ストリートやハイド・パークは王家が管轄するThe Crown Estateの所有となっている。(写真左・中)
カドガン家やポートマン家の名前はロンドン各地の通りの名に刻まれている(同右)

2. 英国貴族ってどんな人たち?

デービッド・ベッカム

英国貴族とは、英国における一定の爵位を保持している人物またはその家族のこと。爵位とは、主に18~19世紀初頭にかけて、当時の各地の支配者がそれぞれの地域の有力者や功労者に授与した栄誉称号のことを指す。英国にはイングランド、スコットランド、グレート・ブリテン、アイルランド、イギリス連合王国といった異なる場所または時代に創設された爵位が存在しており、イングランドを筆頭に先に述べた順から序列が出来ている。

貴族と見なされる世襲の爵位の数は、通常は下の表に挙げた5種類。Baron(男爵)の下に「サー」の称号を持つナイト爵があるが、これは一代限りとなっている。さらにはチャールズ皇太子などが持つ王族公爵、また貴族院議員の多数を占める一代限りの男爵などがいる。

最高位となるイングランドの公爵だけでも10名存在しており、すべての土地における全爵位の数は数百に及ぶとされる。ただ日本のように家系に与えられるのではなく、基本的に土地の所有者に与えられるため、いくつも異なる土地の爵位を掛け持ちする場合もしばしばだという。
(写真右)2003年にはサッカー選手のデービッド・ベッカムもナイト爵を授与された。

英国の貴族制度

爵位 爵位 (和訳) 通常の呼び名
Duke(Dutchess) 公爵 Duke+地名
Marquess(Marchioness) 侯爵 Lord+地名
Earl(Countess) 伯爵 Lord+地名
Viscount(Viscountess) 子爵 Lord+地名
Baron(Baroness) 男爵 Lord+地名

※カッコ内は女性の爵位。スコットランドの制度は若干異なる
※夫人など女性に対する呼び名としては、Dukeの代わりにDuchess、それ以外の世襲爵位に対してはLordの代わりにLadyを用いる

英国にあるその他の由緒正しき名家

スペンサー家
故ダイアナ元妃は、現在の第9代スペンサー伯爵の姉。イングランド中東部ノーフォークに広大な土地を持っており、現在はマナー・ハウスの経営などに携っている。

スタンリー家
かつては王位継承権も保持していた名家で、ダービー伯爵の爵位を持つ。第12代ダービー伯爵が経営していたエプソン競馬場で行われる競馬レース「ダービー」の名を冠していることでも有名。

パーシー家
イングランド最北部の地ノーザンバーランドにおける公爵の爵位を受け継ぐ貴族。イングランドで2番目に大きな規模の住居であるアニック・キャッスルを保有している。

3. 爵位販売ビジネスとは

インターネット上などで「英国貴族の爵位販売致します」と書いた広告を見か けたことはないだろうか。「爵位ご購入のお申込みは、先着順となっております。買うなら今!」「爵位を持てば、あなたの人生は一変します」「今年のクリスマスには、ちょっと変わったプレゼント――爵位をお届け致します」など、いかにもいかがわしい文言が並ぶが、果たしてこの爵位販売ビジネスとはどういった仕組みになっているのだろうか。

その多くが、事務的な手続きを経て名前をそのまま変更してしまう方法を取っている。英国では条件さえ整えば自由に改名することが認められており、 生まれ持った名前に「Lord」と書き加えたり、自分の出生地と特定の爵位を組み合わせた名前を代行申請することを商売としているわけだ。これに加えて土 地を購入させて、その登記手続きの際に貴族であることを連想させる名前を登録するという、かなり手の込んだものもある。

いずれにしても、貴族の「ような」名前に変更できるだけで、本当の爵位を得ることができるわけではない。ただ意外にも特に本国に住む米国人に被害者が多いらしく、米国大使館のウェブサイトに警告が出されたほど。米国人の、英国への隠れた憧れを表しているのかもしれない。

爵位販売ビジネスを手掛ける各ウェブサイト
 
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • Facebook
  • Check

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

キャリアコネクションズ バナー バナー 習い事&スクールガイド
バナー バナー

企画営業・ライター・翻訳者募集中
英国新生活ガイド ロンドン・レストラン・ガイドブログJapan Digestゲンダイゲストハウス

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア