ロンドン・レストランガイド
Tue, 21 November 2017

英国の口福(こうふく)を探して - イギリス伝統料理とスイーツ(お菓子)

マクギネス真美
英国在住の編集&ライター。日本での9年半の雑誌編集を経て、2003年渡英。以降、英国を拠点に、ライフスタイル、ガーデニング、食などの取材、執筆を行う。英国料理の師は義母。
mamimcguinness.com

「英国料理はまずい」だなんて、言い古された悪評など何のその。
おなじみのものから、意外と知られていないメニューまで、
英国の伝統料理やお菓子には、舌が悦ぶものが色々あります。
ぜひ一度ご賞味を。


No. 3

バノフィー・パイ
Banoffi (Banoffee) Pie

バノフィー・パイ

バノフィー・パイを知ったのは、大好きな映画「ラブ・アクチュアリー」がきっかけでした。キーラ・ナイトレイ扮する新婚のジュリエットが、夫の親友マークのところに押し掛けていく場面。目的は、彼が撮影していた自分の結婚式でのビデオを見せてもらうこと。マークがドアを開けると、彼女はすかさず「バノフィー・パイ(いる)?」と満面の笑みで聞きます。箱に入った一切れのパイが写るのはほんの一瞬ですが、この名前はなぜかとても印象に残りました。

で、そのパイですが、「クラシック」とまで言われる英国定番のお菓子のわりに、その歴史は思ったほど長くはなく、初登場したのは1972年。イングランド南東部イースト・サセックスにあった「ハングリー・モンク」というレストランのヘッド・シェフ、イアン・ダウディングさんとオーナーのナイジェル・マッケンジーさんによって生み出されました。瞬く間に大人気となったこのデザートは、その後40数年の間に、多くのシェフたちによってバリエーションを加えたレシピが発表されまくっています。ただ、考案者であるイアンさんは、パイが世界的に人気になったのを喜ぶ一方で、その成り立ちやレシピがあまりにも様々な解釈で伝わっているのを見かねてか、自身のウェブサイトでメニュー誕生のいきさつと「オリジナル」レシピを公表しています(http://iandowding.co.uk)

元は米国の「ブルムズ・コーヒー・トフィー・パイ」にヒントを得たというバノフィー・パイ。簡単にレシピを紹介すると、ショート・クラストと呼ばれるタルト生地に、缶入りのコンデンス・ミルク(練乳)を湯煎して茶色くなった「トフィー」を敷き詰め、その上にバナナを並べて、インスタント・コーヒーを混ぜたホイップ・クリームを全体に載せた後、少量のコーヒーの粉を散らせば出来上がり。バナナとトフィーを縮めて「バノフィー・パイ」としたのは、ナイジェルさんのアイデアです。

作るのに難しいテクニックは不要ですが、やっかいなのが、練乳を3時間も湯煎にかけなければならないこと。煮立てている間にお湯がなくなってなべが空焚き状態になり、ともすると大惨事を招く危険もあるということで、現在のイアンさんのレシピでは、缶が浸る程度に水を入れたなべを沸騰させた後は、なべに蓋をして低温のオーブンで3時間半温める、という方法が紹介されています。これだと、1974年に出版された「TheDeeper Secrets of the Hungry Monk」に掲載されている「オリジナル」レシピとはちょっと違うことになりますが、イアンさんはバノフィー・パイについて「自分がこのレシピを発明したのではなく、元々あったものを進化させたものだ」と公言しているので、まあ、自身のレシピもどんどん進化させている、と思えばいいのかもしれません。進化のおかげか(?)今では蓋を開けてすぐ使える缶入りトフィーまで市販されています。

バノフィー・パイお手軽バージョン(8人分)

  • ペストリー・ケースの全体にトフィーを流し込んで全体を均一の厚さにする。
  • スライスしたバナナをの上にまんべんなく並べる。
  • ダブル・クリームに小さじ1杯分のインスタント・コーヒーを混ぜ、角が立つ程度に泡立てる。
  • の上全体に広げ、削ったチョコレートをトッピングして出来上がり。
市販のペストリー・ケース
(直径約20cm)
1個
市販のトフィー(ネスレ社の
Carnation Caramel など)
1缶
バナナ 2、3本
ダブル・クリーム 300ml
インスタント・コーヒー 小さじ1
削ったチョコレート 適量
イアンさんによるレシピはこちらから↓
http://iandowding.co.uk/banoffi-pie-the-original-recipe

またハングリー・モンク・レストラン(2012年に閉店)によるレシピはこちらから↓
www.hungrymonk.co.uk/banoffi_pie

どちらも「オリジナル」ですが、若干の違いがあるのはレシ ピ進化の証でしょうか?
名前の綴りも「Banoffee」から「Banoffi」へと進化したようです。
* オリジナルとは違いますが、トッピングは削ったチョコレートがお勧めです
 
  • Facebook

2018年 カレンダー販売
Baroque Hair and Nails
バナー バナー バナー バナー

暮らしの手引き ロンドン・レストラン・ガイドブログJapan Digestゲンダイゲストハウスライター&翻訳者募集

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア
バナー