バナー
Sun, 18 February 2018

英国の口福(こうふく)を探して - イギリス伝統料理とスイーツ(お菓子)

マクギネス真美
英国在住の編集&ライター。日本での9年半の雑誌編集を経て、2003年渡英。以降、英国を拠点に、ライフスタイル、ガーデニング、食などの取材、執筆を行う。英国料理の師は義母。
mamimcguinness.com

「英国料理はまずい」だなんて、言い古された悪評など何のその。
おなじみのものから、意外と知られていないメニューまで、
英国の伝統料理やお菓子には、舌が悦ぶものが色々あります。
ぜひ一度ご賞味を。


No.65

トゥエルフス・ナイト・ケーキ
Twelfth Night Cake

Dumplings

英国で初めて年末年始を過ごされた方は、この国では、お正月が来てもまだクリスマス飾りをしまわないのを不思議に思ったのではないでしょうか。日本でなら、12月26 日には既にツリーやデコレーションはすっかり姿を消し、代わりにお正月飾りがお目見えするのが一般的。でも、英国ではクリスマス・シーズンが終わるのは1月6日。クリスマスから数えて12日目に当たる日まで続いているのです。

この日は、ベツレヘムにやって来た東方の三賢者が、生まれたばかりのイエス・キリストに謁見し、贈り物を捧げた日。英国では「エピファニー(公現祭)」と呼ばれています。また、この夜(あるいはその前夜)を「トゥエルフス・ナイト」と言います。トゥエルフス・ナイトをクリスマス当日の夜から数えるか、翌日から数えるかによって、1月5日か6日のどちらに祝うかは意見が分かれるようですが、英国家庭では5日夜を十二夜と考えて、このときまでにクリスマス・デコレーションを片付ける人が多いよう。と言うのも、そうしないと不幸が訪れるという言い伝えがあるからです。

最近は日本でも、このエピファニーに食べるお菓子が人気になっていますね。「ガレット・デ・ロワ」と呼ばれるフランスのパイ菓子がそれ。英国でも、ちょっとポッシュなケーキ店などでは、このお菓子を見掛けることが増えました。

一方ほとんど知られていませんが、実は英国にも、この日に食べる伝統的な「トゥエルフス・ナイト・ケーキ」というものが存在します。

かつてこの国では、クリスマスと同様かそれ以上に、この十二夜を祝っていたとも言われ、そのときにケーキも供されました。中世からチューダー期のそれは、イーストを使って膨らませた、ドライ・フルーツ入りのブリオッシュといったイメージのものだったそうです。その後は、現在の英国流クリスマス・ケーキの原型とも言われるような、ドライ・フルーツがぎっしりと詰まったどっしりタイプのケーキになりました。

フード・ライター、ナイジェル・スレーターの著書「ザ・クリスマス・クロニクルズ」によれば、ケーキの中に乾燥させた白インゲン豆とエンドウ豆を入れて焼き、その夜、白インゲン豆が当たった人は王様、エンドウ豆が当たった人は王妃として振る舞ったそうです。19世紀ごろには、豆から銀製の指ぬきや護符に変わったようですが、フランスのガレット・デ・ロワに入っている、フェーブと呼ばれる陶製の人形と同様のものと言えます。

英国では、ビクトリア時代にクリスマス・ツリーやクリスマス・カードの習慣が広まり、クリスマスのお祝いが盛大になっていくに従って、トゥエルフス・ナイト・ケーキがクリスマス・ケーキにとって代わられていきました。とは言え、豆や銀製品などを入れる習慣については、その後クリスマス・プディングに受け継がれています。

トゥエルフス・ナイト・ケーキの作り方
(直径約20㎝の丸型1個分)

  • 室温に戻したバターと砂糖をハンド・ミキサーでクリーム状になるまで混ぜ、ブラック・トリークルを加える。
  • 卵をかき混ぜてに加え、混ぜる。
  • ボウルに小麦粉、ミックス・スパイス、塩を入れ、に加えて混ぜる。
  • 残りの材料すべてをに入れ、混ぜる。
  • をケーキ型に入れ、160℃に余熱したオーブンで約1 時間半焼く。
  • オーブンを120℃に下げ、更に約1時間焼く。ケーキがよく膨らんで、竹串を刺して生地がついてこないようなら出来上がり。
小麦粉 225g
バター 225g
マスゴバド・シュガー 225g
ブラック・トリークル 大さじ1
ミックス・スパイス(製菓用) 小さじ1
ひとつまみ
4個
レーズン 100g
カランツ 100g
サルタナ 100g
ミックス・ピール 50g
ドレイン・チェリー 50g
グラウンド・アーモンド 50g
ブランデー 大さじ1
白インゲン豆、エンドウ豆(乾燥) 各1個
レシピはジュリー・ダフ著「ケークス:リージョナル & トラディショナル」を参考に分量をやや変更しています。それでも日本人にとっては、ちょっと重過ぎると感じるかもしれないケーキなので、お好みでドライ・フルーツと砂糖の量を調整(減量)してください。
 
  • Facebook

1500号記念・読者プレゼント!
Baroque Hair and Nails
バナー バナー バナー バナー

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!
暮らしの手引き ロンドン・レストラン・ガイドブログJapan Digestゲンダイゲストハウスライター&翻訳者募集

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア