instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Tue, 18 June 2019

Bellenden Road SE15

アクセス
tubePeckham Rye駅から徒歩15分


隠れ家ストリート Bellenden Road SE15

1. Threads

ビンテージ・ミックスでロンドン・ガール

The Book Club女優業もこなす美女、タラさんが経営するビンテージ・ショップ。英国はも ちろん、ドイツ、オランダなどから仕 入れてきた状態の良い古着、アクセサリー、小物が目白押しだ。おしゃれなタラさんのお勧めは、この時期大活躍しそうなゴージャスなファー・コートや、大きめのフィッシャーマン・セーター。ハイストリート・アイテムにさらりとプラスするだけで、ミックス・コー ディネート上手なロンドン・ガールになれること請け合い。

186 Bellenden Road SE15 4BW
Tel: 07415 994 073
火〜木 11:00-18:00 金・土 11:00-19:00 日 12:00-17:00 
土 10:00-2:00 日 10:00-0:00
http://vintagethreadspeckham.wordpress.com


2. Old Villa

早くおうちに帰りたくなる癒しのアイテムを

Paper Dress Vintage南仏の田舎町をイメージした雑貨のお店。シックなカントリー風インテリアがそろう。やさしい色合いで統一された店内には、ガラスのテーブル・ウェアやウール100%のブランケット、肌触りにこだわったインナーなど、自宅での時間が楽しくなりそうな上質のアイテムがいっぱい。レモンやマンダリンなどさわやかな香りがリラックス・タイムを演出してくれる、オリジナルのオーガニック・キャンドルはプレゼントにも喜ばれそう。

144 Bellenden Road SE15 4RF
Tel: 020 7277 6666
火〜土 10:00-18:00 日 12:00-16:00
www.oldvilla.co.uk


3. Anderson & Co

Fix 126食通の舌をうならせる実力派カフェ

本当においしいものだけがぎゅっと詰まった贅沢なデリ・カフェ。コーヒー豆は人気のスクエ ア・マイル・コーヒーから、毎日焼きたてのパンはおいしいと評判のブラックバード・ベーカ リーから、それぞれ届けられる。多彩なメニューが自慢のランチや、レモン & ポピー・シード のマフィンなどのスイーツも見逃せない。月に1度行われる、ゲスト・シェフを招いてのディ ナー・イベントは美食家の間で話題。

139 Bellenden Road SE15 4DH
Tel: 020 7469 7078
月〜日 7:30-18:00 水 20:00-23:00( 要予約)


4. Fenton Walsh

Cargo次はペッカム・ファッションがトレンド?

ロンドンではここだけの取り扱い、というレアなアイテムをそろえるセレクト・ショップ。米デザイナー「ステラ・ネプチューン」のニットは、カシミヤにポップな動物モチーフのイラスト、 という組み合わせが新しい。このエリアの名である「ペッカム」の文字を綴ったネックレスは、遊び心たっぷりのブランド「タティ・ディバイン」から。 地元コミュニティーに愛されるファッションを楽しみたい。

117 Bellenden Road SE15 4QY
Tel: 020 7739 3440
月 10:30-18:00 金 10:00-19:00 火〜木 10:00-18:00 土 10:00-18:00 日 11:00-17:00
www.fentonwalsh.co.uk


5. Review

愛読家のためのイベントも

独立系ならではのセンスが光るブック・ショップ。 近隣に住むノン・フィクション作家がスタッフとして働いていて、親切に対応してくれる。愛読家のためのイベントが多いのも人気の秘訣。ギフトに重宝しそうなアート・ブックも充実している

Tel: 020 7639 7400
www.reviewbookshop.co.uk


6. Worn & Torn

何が出てくるか、トレジャー・ハント気分で

年代も出所もバラバラなユニークなアイテムが並ぶ セカンド・ハンドのブティック。店内に並ぶのは、味のある古ぼけたトランクから、オルゴール仕掛けのジュエリー・ボックス、先シーズンのザラのジャケットまで。宝探し気分を味わおう。。

Tel: 07961 117 980

7. Melange Chocolate

幸せ色のチョコレートをどうぞ

パリ出身のショコラティエ、イザベラさんと白黒猫のフィリックスが迎えてくれるチョコレート・ショップ。食感まで計算して作られたという15種類の板チョコは、「チョコレートの基本はやっぱり板チョコ」と語るイザベラさんの自慢の逸品。

Tel: 07722 650 711
www.themelange.com


8. Otherwise

斬新なデザインは親子の共同作業

レザーやウールなど異素材を組み合せたデザインと、鮮やかな色使いが特徴のファッション・デザイナー、スティーブン・モリスさんのブティック。奥のアトリエで縫製を行っているのは、長く革職人をしていたスティーブンさんのご両親だ。

Tel: 020 7635 8044

取材・写真:Sayaka Hirakawa

 
  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

初めての治験はHMR 英国新生活ガイド
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド
ブログ 海外・日本帰国 引越しガイド