instagram Facebook ツイッター
バナー
Fri, 22 November 2019

最も困難な状況下、猛烈なプレーで実力を証明したラグビー日本代表

Japan show world their defiance and skill in face of typhoon destruction
台風による破壊に直面した日本、世界にその果敢な抵抗力と技術力を示す

「ガーディアン」紙(電子版) 10月13日

「ガーディアン」紙(電子版)は13日、大型の台風19号が上陸し、各地に大きな傷跡を残したその数時間後、横浜でラグビーW杯の日本対スコットランド戦が開催されたと報じた。被災者の救助作業は完了しておらず、堤防が決壊し河川が溢れ、修復作業はまだ始まってもいない。正確な犠牲者の数も分からない、そんな時に日本は試合開催を決定したと同紙は伝え、自分たちがやれるのだということを世界に証明したかったという、ある実行委員の言葉を紹介した。

また、スタジアムは鶴見川の氾濫流域に建設されており、洪水制御施設でもあると説明。さらに、委員会がどの様に迅速に試合の準備を整えたかを伝え、日本がこの試合をキャンセルし不戦勝でベスト8になろうとしているという一部の人々の考えがどんなに恥ずかしい誤解だったかが明らかになったと報じた。また、スコットランドは勝利に向け自分たちよりもはるかに強烈な意志を持ったチームと対戦したのだと述べた。

Japan to pardon 600,000 criminals to celebrate emperor’s enthronement
即位の礼に合わせて60万人に恩赦を実施か

「インディペンデント」紙(電子版) 10月2日

「インディペンデント」紙(電子版)は2日、日本政府は同22日の「即位の礼」に合わせて恩赦を実施する方向で、約60万人が対象になると伝えた。罰金刑の確定から3年が経過した人の資格制限の回復のみなど、平成時より規模は縮小されると紹介した。

Inside the gruelling high school regime producing ‘robots’ for Japan’s national side
過酷なトレーニングはロボットのような選手を生み出す?

「テレグラフ」紙(電子版) 10月7日

「テレグラフ」紙(電子版)は7日、日本の高校で行われている過酷なラグビー練習風景を紹介し、これを見れば日本代表がアイルランド戦で見せたタフネスにも納得するとしながら、10代の少年たちに課すには厳しすぎ、楽しみもないと批判した。

Tattoos in Japan: The eye-watering art thousands cross the world for
日本の伝統的な入れ墨を求めて海外から顧客が訪日

「BBC」紙(電子版) 10月8日

「BBC」(電子版)は8日、鮮やかな色彩を持つ伝統的な日本の手彫りの入れ墨に憧れ、カナダから訪日した消防士の青年を追って東京・池袋の入れ墨店「彫りみつ」を取材。同店の彫師の、今や顧客の60%が海外からの若者だという言葉を伝えた。

Brave Blossoms challenging old ideas of what it means to be Japanese
「日本人らしさ」という古い概念にブレイブ・ブロッサムズが挑む

「ガーディアン」紙(電子版) 10月9日

「ガーディアン」紙(電子版)は9日、ラグビーW杯日本代表が、日本人らしさについての伝統的な概念を変える可能性があると報じた。同紙は代表の半数が外国出身だと説明。一方で、チームの多様な側面に誇りを持つという主将の言葉も紹介した。

 
  • Facebook

治験参加者募集エイチエムアール
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ