instagram Facebook ツイッター
バナー
Thu, 21 November 2019

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

ラグビーW杯で日本が下した南アは練習場のカモメに怒っていた?

ラグビーのワールド・カップ(W杯)イングランド大会1次リーグで、強豪国の南アフリカを下した日本。一方の南アフリカの関係者は、試合会場近くに設置された練習場の環境の悪さに腹を立てていると伝えられている。「デーリー・メール」紙が報じた。

 南アフリカが練習場として使用していたのは、イングランド南西部サセックスにあるイーストボーン・カレッジのグラウンド。学費が年間3万2000ポンド(約600万円)というこの私立学校のグラウンドには100匹以上のカモメが降り立ち、フンをまき散らしていたという。この事態を受け、ハリスホークと呼ばれる猛禽を連れてくることで、グラウンド内にカモメが近付かないようにするなどの対策が取られた。

 「デーリー・メール」紙は、過去にラグビーのオーストラリア代表やニュージーランド代表もこのグラウンドを使用していると述べている。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

治験参加者募集エイチエムアール
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ