jcb
Wed, 22 September 2021

小林恭子の
英国メディアを読み解く

小林恭子小林恭子 Ginko Kobayashi 在英ジャーナリスト。読売新聞の英字日刊紙「デイリー・ヨミウリ(現ジャパン・ニュース)」の記者・編集者を経て、2002年に来英。英国を始めとした欧州のメディア事情、政治、経済、社会現象を複数の媒体に寄稿。著書に「英国メディア史」(中央公論新社)、共著に「日本人が知らないウィキリークス」(洋泉社)など。

探偵殺害事件 34年後の今も未解決過去に5回の捜査 - 警視庁には「組織的腐敗」があると独立調査が指摘

「ロンドン警視庁には、一種の『組織的腐敗』がある」。

6月15日、クレシダ・ディック警視総監率いる警視庁に非常に厳しい判定が出ました。この判断を下したのは、1980年代末にロンドンで殺害された探偵ダニエル・モーガンさんの事件で、いまだに誰一人有罪者が出ていない理由を調査した、独立委員会のヌアラ・オローラン委員長です。「組織的腐敗」という言葉は、「(警視庁には)組織的人種差別主義がある」と述べた、マクファーソン委員会の報告書(1999年)をほうふつとさせます。その委員会は、1993年、黒人男性スティーヴン・ローレンスさんが白人男性のグループに暴行を受けて亡くなった事件に対し立ち上げられたもので、政府がウィリアム・マクファーソン判事による公的調査を依頼しました。最終的にグループ内の2人が殺人罪で有罪となるまでに18年以上かかりました。

では、モーガン事件をたどってみましょう。1987年3月10日夜、私立探偵事務所「サザン・インヴェスティゲーション」の探偵モーガンさん(当時38歳)は共同経営者ジョナサン・リーズさんとロンドン南東部シダナムにあるパブ「ゴールド・ライオン」で飲んでいました。午後9時ごろ2人はパブを出て、モーガンさんは最寄りの別のパブでほかの人物と会いました。午後9時40分、BBCのある職員がゴールド・ライオンの駐車場に車を停めたところ、モーガンさんの死体が横たわっているのを発見します。あおむけで、斧が頭に刺さっている状態でした。この職員が警察に通報し、捜査が始まります。2011年までに捜査が5回にわたって行われ、複数の被疑者の逮捕もあったのですが、最終的に実行犯が見つからないまま年月が過ぎました。同8月、真相究明を強く望む遺族がテリーザ・メイ内相(当時)に公的司法調査の開始を求め、13年、調査委員会の設置が発表されました。

調査会が発表した報告書は1200ページを超える長大なものになりました。報告書は当初から「捜査には重大な失敗があった」としています。第1回目の捜査では殺害現場の捜索が行われず、立ち入り禁止にされず、被疑者のアリバイ調査も行われませんでした。そのときから警察官が関与しているのではないか、警察内の腐敗のために実行犯が見つからないのではないかという疑念がありましたが、警視庁は初動捜査の失敗や警察官の腐敗が捜査の失敗の一因であったことなどを隠し続けたそうです。ディック副総監(当時)は、調査会が要請した警察内部の情報システムへのアクセスを拒否し続けました。また、警察内の腐敗や不正行為を告発した警察官は仲間外れにされ、異動や辞職を余儀なくされたり、懲罰の対象になったりしたそうです。探偵事務所や警察官が、大衆紙「ニューズ・オブ・ザ・ワールド」(現在は廃刊)を含むメディアと親しすぎる関係も指摘されました。

遺族は、モーガンさんが殺害される直前、警察の腐敗をメディアにリークしようとしていたのではないかと推察していました。殺害の動機について、報告書はいくつかの可能性を示しています。モーガンさんが「腐敗警官と組織犯罪との関係について暴露する寸前だった」、「見返りに日曜紙から巨額の金銭を受け取る矢先だった」、あるいは「警備員としてアルバイトをしていた腐敗警察官らが情報をメディアに暴露されることを懸念した」など。真相は分かっていません。

報告書は、警視庁が殺害実行者を見つけ、司法の裁きを受けさせることに失敗したために、「遺族が重大な苦しみを味わった」と書いています。「組織の公的な顔を守るために失敗を隠す・否定する行為は不誠実であり、一種の組織的腐敗を成すものである」。捜査継続のために精力的に活動をしてきた遺族は、ディック警視総監の辞職を求めました。総監は事件が未解決であることを「遺憾」としながらも、「辞任するつもりはない」と述べています。

キーワード

Daniel Morgan Independent Panel(ダニエル・モーガン独立調査委員会)

1987年に殺害された私立探偵ダニエル・モーガンさん事件で、主に警察の不当な関与があったのかを調査するため、2013年に発足。関係者74人に聞き取り調査を行い、約100万ページにおよぶ11万点の書類を精査。費用は1600万ポンド(約24億円)。当初は1年で報告書を出す予定が、警視庁が必要な情報へのアクセスを阻み、8年かかった。

 
  • Facebook

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2021
JFC ゆめにしき
バナー バナー バナー londoniryo_dental

プリペイドSIMカード - Japan Travel SIM

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド
ブログ