instagram Facebook ツイッター
早稲田アカデミー 夏期講演会 in ロンドン
Mon, 03 August 2020

英国発ニュース

高速道路のサービス・エリア内でパブ開業-イングランド初、朝9時から飲酒可

イングランド南部バッキンガムシャーにある高速道路のサービス・エリア内で21日、パブの営業が開始された。イングランドでは初めての事例となる。「インディペンデント」紙が報じた。


同パブは、ロンドンとイングランド中部バーミンガムを結ぶ高速道路M40のサービス・エリアで開業。週7日午前4時から翌午前1時まで営業し、毎日午前9時よりアルコール飲料を販売しているという。
 

道路交通などに詳しい専門家やチャリティー団体などは、高速道路の利用者に対して悪影響を与えるとして、サービス・エリア内でのパブの営業に反対を示している。


 
  • Facebook

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ