instagram Facebook ツイッター
Mon, 20 January 2020
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

15の夜 by 尾崎豊

Dear ドモンさん
外国人の友達と話していると、みんな政治から会社の愚痴までいろいろな意見を持っていて、圧倒されることがよくあります。でも私はと言えば、とりたて強い意見というのを持っていないため、何か聞かれても、たいてい黙ってしまいます。日本のことすら満足に答えられなかったりして、いつも自分にがっかりしてしまうんです。そんな時、自分がつまらない人間に思えて仕方ありません。どうしたら、強い意見を持った人間になれますか。

回答

興味の無いことに意見する必要はない(と思ふー)。

僕なんか政治に興味ないし、会社も行ってないので、そんな話題になったらあなたのように黙ってしまうでしょうね。でも、それでいいんじゃないの?だいたい、友達同士レベルで政治の話してもラチあかないでしょ。本気で政治家にでもなる気なら別ですが……。なんか意見求められても興味なかったら「そんなこと知らん」「勝手にしてくれ」でいいと思いますよ。

逆に興味のあることが話題になってたら、もう居てもたってもいられませんね。気になって、ぜったい突っ込んじゃいます。特に僕の場合、音楽と料理にいたっては、自分なりのポリシーというかウンチクがあるので、ぜったい折れませんね。つじつまが合わなくなってきてシドロモドロになっても、泣きながら応戦します。自分の好きなことには意見できるものですよ。

でも、あんまり「強い意見を持った人間」も考えもんです。そういう人ってだいたい嫌われてますから(笑)。

そんなあなたに
15の夜
by 尾崎豊

初期の頃の彼は、大人への反抗や反体制をテーマにした歌が多く「10代の教祖」と呼ばれていた。全身全霊を込めて歌われた魂の叫びは、今も多くの人々の心に深く残っている。とはいえ、あまり我が強くても考えもの。熱くならずに適当にあしらっておきましょう。で、本当に自分の意見を通したい時には大爆発してくれい!

 
  • Facebook

2020年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ