instagram Facebook ツイッター
早稲田アカデミー 夏期講演会 in ロンドン
Tue, 11 August 2020
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

Everybody Hurts by R.E.M.

Dear ドモンさん
普段から何かと良くない方向に考える性分で、すぐにクヨクヨしてしまいます。昨夜はふと、もしドモンさんの相談コーナーがなくなってしまったら、と考えてしまいました。このコーナーがなくなったら悩みごとの相談ができず、心の支えがなくなってしまいます。ニュースダイジェストをもらいに近所の日本食材店に行くこともなくなり、外出する元気が出ないまま、異国の地で引き籠ってしまうかも……そう想像して、不安で眠れませんでした。どうすればクヨクヨしない性格になれるでしょうか。(30代男)

回答

みんなクヨクヨしてますよー!

いやー、私にもそういう時期ありましたよ。まあ今でもクヨクヨしてますけど、こういうのって波があるみたいですね。2年くらい前ですかね、相談者の方と同じような心境になっちゃいまして、不安で眠れない、食欲ない、やる気ない、もう最悪でしたよ。それでもバスキングだけはやらないと家賃も払えないんで、フラフラしながら行ってました。そんなある日、やっとの思いでグリーン・パーク駅のバスキング・ピッチに辿り着いたら、先輩バスカーのリチャードさんが演奏してたんです。それで、同じギタリストということもあったし、勇気を出して相談してみたんですよ。「毎日不安で不安でしょうがないんですけど、どうしたらいいでしょうか?」。そしたら優しい声でこう返ってきました。「ドモンさん、みんな不安なんですよ」って。

彼も、最近子供が生まれたみたいで、このままバスカーでいいのかと悩んでいるそうです。いつも楽しそうにギター弾いてますけど、そういう心の痛みも持っていたわけですね。恐らく悩みのない人なんていないのでしょう。私は彼の「みんな不安なんですよ」って言葉にだいぶ救われましたね……。

そんなあなたに
Everybody Hurts
by R.E.M.

1992年リリース。歌詞に一捻りあるというか、インテリジェンスを感じさせるバンドの一つです。残念ながら今年9月に突然解散してしまいましたね。「Hang on」や「Hold on」と、あえて「頑張れ!」とは言わないところが90年代を感じさせます。誰もが傷ついたり、不安を感じて生活しています。明けない夜はないと信じて、なんとか今を耐えて生きていってくれい!



土門さんセレクションの音楽を収録した
アルバム一覧はこちら →
Amazon.co.jp - Eikoku News DigestのaStoreへ Amazon.co.uk - Eikoku News DigestのaStoreへ

 
  • Facebook

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ