instagram Facebook ツイッター
Fri, 24 January 2020
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

Maybe Tomorrow by Stereophonics

Dear ドモンさん
英国に暮らしてしばらく経ちますが、常々疑問に思っているのが、英国人たちが使う「明日」という言葉です。ビルダーにせよプラマーにせよカスタマー・サービスにせよ、「明日電話する」と皆口をそろえて言うのですが、翌日電話してきたためしがないのです。「明日」という言葉は、英国では特に意味を持たないのでしょうか。ドモンさん、教えてください。

回答

1分=1時間 / 1時間=1日 / 1日=1年 日英時間感算表より

友人がこんなこと日記に書いてましたけど、その通りかもしれませんね(笑)。私のバスキング・ライセンスも、今年の3月11日に更新の申請したんですけど、まだできてませんから。ライセンスの日付が切れてるといちいち駅長から文句言われるし、バスキングを許可しない駅もあるんです(ウォータールー駅ですが)。で、あんまり遅いんで電話して理由を聞いてみたら、「プリンターが故障中だから印刷できないんだよ」とのこと。「いったい何カ月故障しとんじゃこらっ!」って感じですよ(怒)。

ついでだから言っちゃいますけど、ウォータールー駅の駅長はほんと陰険な奴で、ライセンスの発行が遅れてる旨を説明したレターを見せても、「これはコピーだから認められない!」とか言って、私追い出されたんですよ(元々コピーが送られてきたのですが)。で、悔しいので、後日ロンドン地下鉄の事務所から原本を送ってもらって見せたんですが、今度は「これには日付が入ってないから認めん!」とか何とか言って完全拒否ですよ。ま、これは人種差別なのかもしれませんけど、公文書にさえイチャモン付けてくるんですから……たち悪いですよねえ。

そんなあなたに
Maybe Tomorrow
by Stereophonics

2003年リリース。ウェールズ出身のバンド「ステレオフォニックス」の土臭い名曲です。ハスキー・ボイスがたまりませんね。英国を代表する国民的ロック・バンドも「Maybe〜 Tomorrow〜」と歌ってますから「明日」はあてにならないのでしょう(歌詞の内容的には全然意味が違いますが……汗)。やはりここは英国。「郷に入れば郷に従え」ですので、気長〜に待ってやってくれい!



土門さんセレクションの音楽を収録した
アルバム一覧はこちら →
Amazon.co.jp - Eikoku News DigestのaStoreへ Amazon.co.uk - Eikoku News DigestのaStoreへ

 
  • Facebook

治験参加者募集エイチエムアール
2020年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ