instagram Facebook ツイッター
Sun, 17 November 2019
バスカー土門の人生相談

土門秀明(どもんひであき)
山形県酒田市出身。バブルガム・ブラザーズのギタリストとして活躍後、渡英。2003年、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証(バスキング・ライセンス) を取得。著書に「地下鉄のギタリストBusking in London」(水曜社)がある。入魂のソロアルバム「From the Underground」 、ライブアルバム「Live in Tube」 も絶賛発売中。2012年5月より「地下鉄のギタリスト 第2章 激闘編」として未発表日記、爆笑ボツネタブログを開設!www.domon.co.uk

誘われてフラメンコ by 郷ひろみ

Dear ドモンさん
毎回楽しく読んでおります。日系企業で働く30代のOLですが、一つお聞きしたいことがあります。同じ会社の同僚で気になっている男性(30代独身・日本人)がいます。何回か彼から食事に誘われたことがあるのですが、いつも彼は友人を連れてくるのです。これってやはり私をただの同僚、または友人としてしか見てないということなのでしょうか。

回答

はい、その通りだと思います(キッパリ)。

えー、あなたの味方をしたいのはやまやまですが、これは間違いないでしょう。初回ならまだしも、普通気があったらそう何回も友人連れてきませんよ。あなたが勘違いしないようにわざと連れてきてるのかもしれませんし、単純に大勢の方が楽しく食事できると思ってのことかもしれません。どちらにしても恋愛感情は無いと思いますので、過度の期待は禁物です。

そういえば以前バスキング中に、日本人の若い女性から声を掛けられましてね。話が盛り上がったんで「今忙しいので、今度食事しながらでもゆっくり話しませんか? 」って後日待ち合わせしたんですよ。そしたらなんと彼女、彼氏連れてきましたよっ! いや、私スケベ根性で誘ったわけじゃないんです(汗)。そんなに警戒しなくても……。別にいいんですけど。ただ3人以上だと、どうしてもダラダラとどうでもいい話になっちゃうんですよね。2人だとお互いの深~いところまで話せるじゃないですか。私の執筆のネタにでもなるかなと思って誘ったのに……。世間話して終わっちゃいましたよ。おまけに勘定私持ちで(泣)。でもまあ結局ネタになりましたんで御の字ですかね。

そんなあなたに
誘われてフラメンコ
郷ひろみ

1975年発売。「ジャパーン!」で有名なヒロミGOですが「よろしく哀愁」「ハリウッド・スキャンダル」「言えないよ」など、ほかにも名曲多いんですよね。誘われるだけでも良いじゃないですか。そのうちその彼の友人とうまくいくかもしれませんし。出会いは多い方が良いと思うので、また彼に誘われても気にせず、ガンガン大人数で食事に行ってくれい!


土門さんセレクションの音楽を収録した
アルバム一覧はこちら →
Amazon.co.jp - Eikoku News DigestのaStoreへ Amazon.co.uk - Eikoku News DigestのaStoreへ


 
 
  • Facebook

治験参加者募集エイチエムアール
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ