Yutaka
Thu, 21 October 2021
老舗ビスポーク靴店の伝統を引き継ぐ靴職人
松田笑子さん

[ 後編 ] 創業1840年。19世紀の昔から現在に至るまで、英国の洒落者の足元を彩ってきた老舗ビスポーク靴店、フォスター&サン。伝説のラスト(木型)職人と呼ばれたテリー・ムーア氏が40余年にわたり屋台骨を支え続けたこの名店の伝統を、今は日本人女性の靴職人が引き継いでいる。全2回の前編。
プロフィール
まつだえみこ - 1976年、東京都生まれ。1997年、ロンドンにある靴専門学校、コードウェイナーズ・カレッジ(現ロンドン・カレッジ・オブ・ファッション)に通うため渡英。学業と並行して、老舗ビスポーク靴店「フォスター&サン」で木型とパターンを学び始める。2002年、同店入社。以後、伝説の木型職人と呼ばれるテリー・ムーア氏のもとで、ビスポーク靴作りに携わる。ムーア氏が自宅作業中心となった現在では、木型作りを始め、ほぼすべての工程をこなす。

Foster & Son
83 Jermyn Street, London SW1Y 6JD
Tel: 020 7930 5385 http://foster.co.uk

 

大切なのは「自分で作って、
自分で履くこと」 

老舗ビスポーク靴店、フォスター & サンで職人として働き始めた松田さんがまず担当したのは、靴の部品を組み合わせる「靴作り」の作業だった。ビスポーク靴の要と言えるのは、お客様の足を採寸し、その人だけの足の形を再現する木型作り。当時、フォスター & サンでは、木型とパターン(型紙)作りはビスポーク靴業界の第一人者、テリー・ムーアさんが一手に引き受け、製甲や底付けなどそれ以外の靴作りの各工程はアウト・ワーク(外注作業)の職人により進められていた。工房に常駐していたのはテリーさん、ただ一人。木型やパターンはテリーさんから直々に教わっていた松田さんも、靴作りには苦労したそうだ。

「テリーは木型職人なので、靴は作らないんです。だからここに来るアウト・ワーカーに話を聞いたり、古いサンプルを見て勉強したり」。一番の勉強は、「自分で作って、自分で履くこと」。そう言う松田さんの足元には、無駄のないフォルムが美しい、赤茶のビスポーク靴が光っている。

木型
2階の事務室の壁を覆い尽くす木型の数々

現在では、膝を痛め、自宅での作業が中心になったテリーさんの後を継ぎ、もう1人の職人とともに木型作りを行うとともに、そのほかの工程もこなす。特に多くの顧客がいる日本には年に2、3回赴き、ほぼすべての工程を松田さん一人が担当するという。ビスポークというと分業制が確立している感があるが、そういうわけでもないようだ。

「基本的には分業制なんですが、最近の日本のお客様はとても細かいんです。お客様と直接話してオーダーを取った人間が、お客様の望んでいるものを一番分かるじゃないですか。でも分業の過程でそれがどんどん薄れていって、出来上がったプロダクトが甘い感じになってしまう。それならば自分ができる限り担当した方が、良いものができるんじゃないかなと思ったんです」。

「テリーにはやめろ、やめろって
言われてましたね」

隣の工房からは、作業に勤しむ職人たちの道具を振るう音とともに、和気藹々とした話し声が漏れてくる。その日、数人いた職人たちは若者ばかり。うち、男性はわずか一人だ。伝統の世界にも新しい息吹が芽生えつつあるのを実感するが、その一方で、「ヘビー・ワークはまだまだ男性中心」。工房に置かれた、片腕の長さほどある木型作り用の道具や、しなやかで固い革の部品を見る限り、肉体的に過酷な作業であることは想像に難くない。

「テリーにはやめろ、やめろって言われてましたね。日本に帰って結婚しろだの、そんなことばかり(笑)。やはり30年、50年と継続的にものを作っていくと、身体の負担って大きいんです。そういうのを含めて、やめた方がいいとはよく言っていました」。松田さんの口から次々に零れ落ちてくるテリーさんとのエピソードの数々が、男性中心の職人世界の中で長年かけて培ってきた師弟の絆の深さを物語る。「テリーが1人でここをやってきて、ドアを開けてくれた。約170年続いているこの会社を、今後何十年も、自分が次の人にバトンタッチするそのときまで、長く続くようにしたい」。英国に脈々と受け継がれるビスポーク靴作り。美を追求し、いわば「アート」としての感覚をもち完成させた靴が、客の手に渡った瞬間からその人の「体の一部」となり、「履かれるための靴」として機能する、それが何より面白いと語る松田さん。伝統の新たなる担い手の一人として、彼女は今日も、テリーさんから受け継いだ革のエプロンを着け、一足一足、未来の持ち主のために靴を作り続ける。

アウトソール前
アウトソール(外側の靴底)を取り付ける前の状態

 
  • Facebook

グリーティングカード制作 ニュースダイジェスト カレンダー販売 - Calendar プリペイドSIMカード - Japan Travel SIM
JFC ゆめにしき
バナー バナー バナー バナー

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド
ブログ