instagram Facebook ツイッター
NHK交響楽団 nhkso
Tue, 10 December 2019

抜けるような青空、心地良いそよ風、そして緑濃い木々。英国の夏には、私たちをついつい遠出したくなる気分にさせる「何か」があるような気がしませんか。今回は、これから開催される英国各地のフェスティバルをご紹介。フェスティバルを楽しむだけじゃなく、観光気分も味わえる地方フェスへの旅に出掛けてみよう!(本誌編集部)

Edinburgh International Festival
エジンバラ発、世界最大規模のフェスティバル!

英国フェスティバルと言えば真っ先に頭に思い浮かぶのがこのエジンバラ国際フェスティバル。オペラ、バレエ、クラシック・ミュージックなど、様々な分野の一流アーティストが世界中からここ、スコットランドのエジンバラに集結、3週間の開催期間中、街中がフェスティバル一色に染まる。また同時期にはエジンバラ・フリンジ・フェスティバルも開催。手続きさえ踏めば誰でも参加可能なこの演劇フェスでは、大物が出演する名作からぎょっとするような前衛的な作品まで実に幅広い作品があちらこちらで公演されているから、気ままに覗いてみよう。

◆ ◆ オススメ・イベント ◆ ◆

TOKYO

米ジュリアード音楽院に留学していた日本人演奏家4人が結成、現在は北米を拠点に活動する世界有数の弦楽四重奏楽団、東京クァルテット。本フェスでは、ベートーベン「弦楽四重奏曲第一番ヘ長調Op18-1」など計3曲を演奏予定だ。 
The Queen's Hall、8月21日(火)11:00~、£6~25.50。

The Bacchae「バッコスの信女」

スコットランド出身、舞台「キャバレー」でトニー賞受賞の人気俳優、アラン・カミングがギリシャ悲劇、「バッコスの信女」に出演。三大悲劇詩人、エウリピデスの代表作を演技派カミングがどのように演じるか、見逃せないところだ。 
King's Theatre、8月11日(土)~18日(土)20:00~(8月12日(日)は休演)、8月15日(水)、18日(土)14:30~、£8~30

BAVARIAN RADIO SYMPHONY ORCHESTRA

ドイツ最高峰のオケとも称されるバイエルン放送交響楽団が世界の誇る名指揮者、マリス・ヤンソンスのタクトで名曲を紡ぎ出す。気になる曲目は、27日がR・シュトラウスの「ツァラトゥストラはかく語りき」ほか、翌28日がドビュッシーの「海」、ストラビンスキーの「交響曲第5番」ほか。 
Usher Hall、8月27日(月)、28日(火)20:00~、£8~37。

◆ ◆ その他のオススメ ◆ ◆

POPPEA
オペラ「ポッペーアの戴冠」を現代風にアレンジ。上演ドイツ語、英語字幕
Royal Lyceum Theatre、8月11日(土)~13日(月)19:30、£10~30。

IMPRESSING THE CZAR
現代ダンス界の鬼才、ウィリアム・フォーサイス振り付け、フランダース・ロイヤル・バレエのUKプレミア
Edinburgh Festival Hall、8月18日(土)~20日(月)19:30~、£9.50~40

ORPHEUS X
アメリカン・レパートリー・シアターによる、演劇と映像を組み合わせた現代版「オルフェウス」
Royal Lyceum Theatre、8月25日(土)~29日(水)20:00~、£10~25

Edinburgh International Festival
開催日時:8月10日(金)~9月2日(日)
開催場所: The Hub, Castlehill,Edinburgh EH1 2NE
アクセス:飛行機: ロンドンの各空港からエジンバラ空港まで約1時間
列車: ロンドン、King's Cross駅から最寄駅Waverley駅まで約4時間30分
チケット: 終日券£40、半日券(15:30-20:00有効)£22.50、夕方券(17:30-20:00有効)£17.50
Tel:0131 473 2000/ 0131 473 2000 
URL:www.eif.co.uk
地方情報:前髪があるのは寒いから?スコットランド・カウ
絵葉書やぬいぐるみで、前髪がバサバサの牛の絵を見たことはないだろうか。まるでかつらをかぶせたかのような愛嬌ある顔は、1度見たらきっと忘れられなくなるはず。この牛はハイランド・カウと言って、スコットランド生まれの長毛種。どこまでも続くハイランドの緑の山々でのどかに草を食む牛たちの姿。そんな風景こそ、何よりスコットランドらしい光景と言えるのではないだろうか。

Glyndebourne Festival Opera
正装で紳士淑女のピクニック!

ドイツのバイロイト音楽祭、オーストリアのザルツブルグ音楽祭と並び、世界三大音楽祭とも言われるグラインドボーン音楽祭。その魅力は何と言っても「ハイ・ソサエティな雰囲気」だ。ジーンズでもオペラ鑑賞が可能となった今のご時世だが、この音楽祭ではブラック・タイ又はドレス着用というドレスコード付き。オペラが始まる前や、長めに設けられた休憩時間には、ガーデンで優雅にピクニックを楽しむことができる。ロンドンから列車でわずか1時間半ほどで到着するこの高雅な世界で、ゆったりとオペラの世界に身を浸してみよう。

◆ ◆ オススメ・イベント ◆ ◆

Cosi fan tutte「コシ・ファン・トゥッテ」
(イタリア語、英語字幕付)

イタリアはナポリの海岸で繰り広げられる、モーツアルトの代表的オペラ。美しい姉妹の恋人たちは、自分の相手の貞節を確認するためにお互いの恋人を誘惑することに。ところがあっさりなびいてしまったからさあ大変。
5月22日(火)、25日(金)、30日(水)、6月2日(土)17:10~、5月27日(日)15:55~

La Cenerentola 「チェネレントラ」(イタリア語、英語字幕)

誰もが知っている童話「シンデレラ」の話をモチーフに、ロッシーニが作曲した喜劇。魔法使いは登場せず、継母が継父になるなど細かいところで童話との違いはあるが、大筋は同じだからオペラ初心者には分かりやすいかも。 
6月21日(木)、27日(水)、7月6日(金)、10日(火)、16日(月)、19日(木)、26日(木)、31日(火)、8月3日(金)、7日(火)17:30~  8月5日(日)、12日(日)16:15~

The Turn of the Screw「ねじの回転」(英語)

ヘンリー・ジェイムズの同名小説を描いた幻想的なオペラ。2人の兄妹の住み込み家庭教師となった女性。従順な子供たちと何の問題もない生活を送っていたのもつかの間、以前の使用人たちの亡霊が現れ、彼女を悩ませる。
8月13日(月)、15日(水)、21日(火)、23日(木)18:10~

◆ ◆ その他のオススメ ◆ ◆

St Matthew Passion「マタイ受難曲」
J・S・バッハの最高傑作とも言われる作品

Glyndebourne Festival Opera
開催日時: 5月19日(土)~8月26日
開催場所: Glyndebourne Lewes, East Sussex, BN8 5UU
アクセス:飛行機: ロンドンの各空港からエジンバラ空港まで約1時間
列車: ロンドン、King's Cross駅から最寄駅Waverley駅まで約4時間30分
チケット:料金: £10(立ち見席)~165 *詳細はウェブサイト参照
Tel: 01273 813 813 
URL:www.glyndebourne.com
地方情報:オペラ初心者にはコレがお勧め!
一度は観てみたい、でもオペラって何を歌っているか全く分からないし、やっぱり敷居が高い……。そう悩んで躊躇してしまうあなたにお勧めなのが、このフェスティバルの主催者が販売している「Opera Bites」。グラインドボーンお馴染みの作品のオーディオ・ガイドで、ストーリーや登場人物の紹介、曲の一部が収められている。1枚7ポンドで、上記ウェブサイトで購入可能だから、音楽祭へ行く前に購入して、予習してみてはいかが?

The Robin Hood Festival
シャーウッドの森で伝説のアウトローが今、蘇る

伝説のアウトロー、ロビン・フッドの人生とその時代をたたえるフェスティバルも今年で23回目。ロビン・フッド伝説の地、シャーウッドの森で様々な催しが開かれる。曲芸師や道化師によるパフォーマンス、路上シアターでの中世劇、弓の射手による中世の戦闘の再現など、特に家族で楽しめるイベントがいっぱい。また、一般客も参加できる長弓の試し打ちは、当時の武器による戦いを自ら体験できる貴重なチャンス。中世の市場も会場に再現されて、雰囲気を盛り上げる。*イベント詳細は5月下旬にウェブサイト上にて公開予定

The Robin Hood Festival
開催日時: 7月30日(月)~8月5日(日)
開催場所: The Hub, Castlehill,Edinburgh EH1 2NE
アクセス: 列車: ロンドン、St. Pancras駅からNottinghamまで約2時間。Nottinghamからはバスで約1時間
車: M1、Junction21aでA46。途中からA6097、A614を経由してB6034へ
Tel: 0845 330 4212(月~金、土午前)、01623 823202(土午後、日)
URL: www.nottinghamshire.gov.uk/robinhoodfestival
地方情報: イングランド最古のパブ
ノッティンガムにある「Ye Olde Trip To Jerusalem」は1189年にできたイングランド最古のパブと言われている。その昔には十字軍も立ち寄ったというから驚き。何とも言えない不思議な雰囲気の中、ビールを味わおう。

oust
中世にタイム・トリップ!

イングランド中西部、グロスターシャー州のバークレイ城周辺で行われる「ジャウスト」は、中世の情景を再現したフェスティバル。鎧を身にまとった数百人もの騎士たちが繰り広げる本物さながらの戦闘模様を見物したり、当時の村人の生活についてレクチャーを受けることができる。またガーデンで、歌や踊りを楽しみながら中世の味をフルコースで堪能するのもお勧め(要予約)。ゲストには、妖精のような美しい歌声で知られる英歌手グループ、ミディーバル・ベイブスが出演予定。

◆ ◆ オススメ・イベント ◆ ◆

Mediaeval Crime & Punishment

当時の犯罪者への処罰方法とは?
Learning Zone11:15

Armour Piercing Archery

馬上槍競技のプレゼンテーション
Mediaeval Island11:20、14:20

Mediaeval Baebes Concert

7人の美女が奏でる中世のメロディー
Main Stage 13:20

Mediaeval Dancing

中世の装いで踊りを紹介
Field of Flags10:15、13:30、16:30

Siege of Berkeley Castle

城を包囲して迫力ある戦闘を実演
Mediaeval Island15:15

Joust
開催日時: 7月21日(土)、22日(日)、28日(土)、29日(日)10:00~18:00
開催場所: Berkeley CastleGloucestershire, GL13 9BQ
アクセス: 列車: Cam & Dursley駅(Paddington駅発車)で下車。駅から会場まで無料送迎バスあり。所要時間は約2時間30分 
車: M5 Junction をExit13または14で降り、AAというサインに従う
チケット: 大人£10小人£4
Tel:020 7281 7647 (The Grail Presents Ltd)
URLl: www.joust.info *詳細はウェブサイト参照
地方情報:グロスターシャー州発祥のスポーツとは?
誰もが一度はやったことのあるスポーツ、バドミントン。その発祥の地は、何とここグロスターシャー州だという。一説によれば、19世紀後半、ボーフォード公爵邸のバドミントン・ハウスで行われたパーティーで、インドの「プーナ遊び」を説明しようとコルクの片側に鳥の羽を刺してテニス・ラケットで打ってみせたことが始まりだとか。

The Manchester International Festival
大きく変貌したマンチェスターで開かれる音楽・演劇・アートの祭典

今年が記念すべき第1回の開催となる国際フェスティバル。多くのミュージシャンを生み出した地として有名なマンチェスターで開かれるこの祭典には、世界各地から招待されたアーティストたちが多数登場。特筆すべきは、世界初演のコンサートを始め、全ての企画がこのフェスティバルのために作り上げられたという点。新しく生まれ変わったマンチェスターの街で、最先端の音楽や演劇、アートを体験しよう。

◆ ◆ オススメ・イベント ◆ ◆

Ojos De Brujo

バルセロナのバンド、オホス・デ・ブルッホが登場。フラメンコをベースにしながらも世界の様々な音楽をミックスした斬新なサウンドが好評な彼らが、話題のニュー・アルバム「Techari」の曲と新曲を披露する。 
Bridgewater Hall、7月12日(木)20:00~、Lower Mosley Street, Manchester M2 3WS、£12.00~22.00

Orchestral Suite by William Orbit

マドンナやU2といった著名なアーティストとのコラボレーションで有名な音楽家、ウィリアム・オービットの作曲によるオーケストラ作品が世界初演される。BBCフィルハーモニックとマンチェスター室内合唱団の演奏。 
Bridgewater Hall、7月8日(日)20:00~、Lower Mosley Street, Manchester M2 3WS、£10.00~35.00

The Pianist

映画「戦場のピアニスト」のモデルにもなったユダヤ系ポーランド人ウワディスワフ・シュピルマン。ミハイル・ルディによるショパンのピアノ演奏をバックに、ピーター・ギネスがシュピルマンの著書を朗読する。 
Museum Of Science And Industry、6月30日(土)~15日(日)、Liverpool Road, Castlefield, Manchester M3 4FP、£10.00~25.00

Carlos Acosta

英国ロイヤル・バレエ団のプリンシパル・ゲスト・アーティストとして名高いキューバ生まれのバレエ・ダンサー、カルロス・アコスタが世界初演の「Tocororo Suite」を含む数々のレパートリーを踊る。 
The Lowry、7月13日(金)~14日(土)、Pier 8, Salford Quays M5 3AZ、£15.00~45.00

◆ ◆ その他のオススメ ◆ ◆

Monkey: Journey to the West
古代中国の伝説を基にしたサーカス・オペラ
Palace Theatre、6月28日(木)~7月7日(土)、£7.50~42.50

The Ground Beneath Her Feet
サルマン・ラシュディの小説が管弦楽、映像、歌と語りによる壮大な作品として世界初演
Bridgewater Hall、6月29日(金)19:30~、£8.00~33.00

Lou Reed
ロック歌手、ルー・リードが伝説的アルバム「Berlin」の曲を英国で初披露
Manchester Apollo、6月29日(金)20:00~、£39.50~48.50

The Manchester International Festival
開催日時: 6月28日(木)~7月15日(日)
開催場所: The Hub, Castlehill,Edinburgh EH1 2NE
アクセス:【行き方】列車: ロンドン、Euston駅から約2時間30分 
車: M1からM6へ。Junction19でA556へ
Tel: 0161 238 7300(Festival Office)
URL: www.manchesterinternationalfestival.com
地方情報:生まれ変わったウォーター・フロント
中心街からMetrolinkで15分ほどの「The Quays」は新しいウォーター・フロント。シアターやギャラリーの複合施設「The Lowry」、斬新な建築と展示が魅力の「Imperial War Museum North」は一見の価値あり。アウトレット・モールでのショッピングもお勧め。

Reading & Leeds Festival
豪華なラインナップで毎年話題沸騰

1961年、ロンドン郊外で開催された「National Jazz Festival」に端を発し、その後レディングに定着した英国最大のロック・フェスティバルの1つ。3日間にわたり、同じラインナップのアーティストが日にちをずらしてレディングとリーズそれぞれの会場で演奏する。今年は、ジョニー・ボレル率いる話題のバンド、レイザーライトのほか、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、スマッシュ・パンプキンズなど豪華アーティストが勢揃い。会場内では、ディスコやバー、映画上映などナイトライフも充実。

◆ ◆ オススメ・イベント ◆ ◆

8月24日(金)Reading 25日(土)Leeds

出演者: Razoelight、Kingsof Leon、Interpol、Maximo Park、Ash、Brand Newほか

8月24日(金)Leeds26日(日)Reading

出演者: SmashingPumpkins、LostProphets、Nine InchNails、Fall Out Boys、The Usedほか

8月25日(土)Reading26日(日)Leeds

出演者: Red Hot ChiliPeppers、Arcade Fires、Bloc Party、The View、We Are Scientistsほか

Reading & Leeds Festival
開催日時: 8月24日(金)~26日(土)11:00~
レディング: Richfield Avenue, Reading RG1 8EQ
アクセス:
列車: Reading駅(Paddington駅発車)で下車。駅から会場まで徒歩15分。所要時間は約40分
車: M4をJunction11で降りたらFestivalのサインに従う
●リーズ: Bramham Park, Wetherby, West Yorkshire LS23 6ND
アクセス:
列車: Leeds City Railway駅(King's Cross駅発)から無料送迎あり。所要時間約2時間40分
車: A1をBramhamまたはThorner Junctionで降り、茶色の指示に従う
チケット: £62.5~145(残りわずか)
コンタクト: Tel: 0870 060 3775
レディング:www.readingfestival.com
リーズ:www.leedsfestival.com
地方情報:レディングに縁のある意外な有名人
世界的に有名な長編小説「高慢と偏見」の著者、ジェーン・オースティン(1775~1817)が10歳の頃、1年ほど通っていたのがレディングにあるReading LadiesBoarding School(修道院女子寄宿学校)。その数年後には、早くも小説の原型となるものを書き始め、家族や友人を楽しませていたというから驚き。

International Beatle Week
ビートルズの聖地で祝うビートルズ祭

ビートルズ・ファンならば1度は訪れたいのが彼らの生誕地、リバプール。毎年8月に1週間開催されるこのフェスティバルでは、連日朝から晩まで様々なパブやバー、ストリートでビートルズを記念したイベントが繰り広げられる。8月26日には、4つの特設ステージで約50ものバンドが競演するコンベンション、翌27日には街中が巨大なステージとなってロックやポップ、そしてもちろんビートルズの楽曲を奏でるフリー・イベント、マシュー・ストリート・フェスティバルが開催。その他、大規模なオークションも行われる、マニア垂涎の巨大イベントだ。

◆ ◆ オススメ・イベント ◆ ◆

The Beatles Auction

The Beatles Shop主催のビートルズ関連グッズの巨大オークション
8月25日(土)

Convention

4つのステージで行われるコンサートを始め、フリーマーケットやビデオ上映会など
8月26日(日)10:00~0:00

Mathew Street Festival

ヨーロッパ最大、市ベースの無料音楽フェスティバル
8月27日(月)

International Beatle Week
開催日時: 8月22日(水)~28日(火)
開催場所: リバプール市内の各地
アクセス: 列車: ロンドンからEuston駅発車、Liverpool Lime Street駅下車。所要時間は約2時間30分
車: M6からM58、M56、M62などを経由。ロンドンからは約4時間
Tel: 0151 236 9091
URL: www.cavern-liverpool.co.uk/beatle-week(主催者)
地方情報:リバプールのミュージシャンはビートルズだけじゃない!
確かにビートルズはリバプールが生んだ最大のバンドかも知れないけれど、その他にも大勢、リバプール出身の有名ミュージシャンがいるのをご存知だろうか。フリー・フェスも行われるマシュー・ストリートには、1952年以降、リバプールのヒット・チャートのナンバー1を壁に飾った「Liverpool Wall of Fame」がある。ビートルズのみならず、リバプールから世界に羽ばたいた、偉大なミュージシャンたちの足跡に想いを馳せてみては?

York City of Festivals
大聖堂の街で中世音楽や地元の食を楽しもう

1年を通じて催される英国中部の古都ヨークのフェスティバル。今夏の注目は、英国初の中世音楽の祭典として今年30周年を迎える「YorkEarly Music Festival」。街に残る中世の教会やギルド・ホール、古い民家で演奏される音楽が聴衆を中世の世界に誘う。また「YorkFestival of Food & Drink」では、ヨークシャー各地の食が大集結。マーケットでは、地元の特産品から世界各地の食材まで何でも揃う。料理の実演やコンテスト、ワイン・テイスティングなどイベントも盛り沢山。街のレストランでは特別メニューを提供するところも。

◆ ◆ オススメ・イベント ◆ ◆

Late Music Festival

現代作曲家に焦点を当てたコンサート
6月1日(金)~10日(日) £5~15
Tel: 01904 658338 (National Centre for Early Music)
www.latemusicfestival.org.uk

York Proms

400人以上もの音楽家やダンサーが揃う野外コンサート
6月16日(土)Rowntree Park, York 大人£15、小人£5、Concession £9 
Tel: 01904 614444
www.yorkproms.com

York Early Music Festival

中世の音楽を取り上げるクラシック・コンサート
7月5日(木)~14日(土)£3.50~25 Tel: 01904 658338
www.ncem.co.uk

Expressions!

食べ物や芸術を通してヨークの文化を知る
7月21日(土)~22日(日)
Tel: 01904 624742(SasikiHubberstey)
www.yumiyork.org

York Roman Festival

ローマ人がヨークにもたらした文化や軍の風習を学ぶ
7月23日(月)~29日(日)
Tel: 01904 628343(Nick Eggleton)
www.yorkromanfestival.com

York National Book Fair

ヨーロッパでも最大級のブック・フェア
9月14日(金)~15日(土)Knavesmire Suite£2.00(事前申し込みの場合は無料)
Tel: 01904 624414
www.yorkbookfair.com

York Festival of Food & Drink

ヨークシャー各地の食に舌鼓
9月21日(金)~30日(日)
Tel: 01904 635149(Michael Hjort)
www.yorkfestivaloffoodanddrink.com

York City of Festivals
アクセス: 列車: ロンドン、King'sCross駅から約2時間 
車: M1、Junction32でM18、Junction2でA1。途中からA64へ
Tel: 01904 554275
URL: www.yorkfestivals.com
地方情報:ハリー・ポッターの舞台を訪ねる
ヨークから少し足を伸ばせば、蒸気機関車の走る保存鉄道、ノース・ヨークシャー・ムーアズ鉄道がある。ヨークの荒野(ムーア)を行く途中にはゴースランド駅が。この駅は、映画「ハリー・ポッターと賢者の石」でホグワーツ魔法魔術学校の駅として登場したことで有名。

Cardiff Festival
英国最大規模の野外フェスティバル!

ウェールズの首都カーディフで1年を通じて開かれるフェスティバルも、夏には最高の賑わいをみせる。週末の3日間にわたって開催される「Admiral Cardiff Big Weekend」は英国でも有数の無料屋外コンサート。演劇好きには、カーディフ城の野外シアターで上演されるシェイクスピアの「Romeo and Juliet」がお勧め。また、カーディフ湾で開催される「Cardiff International Food & Drink Festival」ではライブ・ミュージックをバックに世界の味を堪能できる。市内中心部には大規模な移動遊園地も出現し、大人から子供まで様々なアトラクションを楽しめる。

◆ ◆ オススメ・イベント ◆ ◆

Cardiff Castle Open-Air Theatre -Romeo and Juliet

シェークスピアの悲劇、「ロミオとジュリエット」を野外劇場
Castle Grounds, Cardiff Castle、7月4日(水)~6日(金)19:30開演(18:30開場)、大人£14、小人£10(事前割引あり)、Tel: 029 2087 8100

Cardiff International Food & Drink Festival

音楽をバックに世界各地の名物を食す
Roald Dahl Plass, Cardiff Bay、7月13日(金)~15日(日)
13日(金)12:00 ~22:00・14日(土)12:00~22:00・15日(日)12:00 ~19:00

Lloyds TSB Welsh Proms Cardiff 2007

英国でも活躍中の日本人ピアニスト、小川典子が登場
St David's Hall、7月10日(火)~28日(土)、£4~24.50
Tel: 029 2087 8444、www.welshproms.co.uk

ESCO Children's Festival

サーカスや芝居など、カーディフ城のすぐそばで行われる子供向けのイベント
Coopers Field, Bute Park
7月21日(土)~22日(日)、£3.50(3歳以下無料)、Tel: 029 2087 8100

Everyman Open-Air Theatre Festival

St Fagans National History Museum
7月11日(水)~8月4日(土)
Tel: 029 2057 3466
The Mikado (7月11日~21日)£11~14
A Midsummer Night's Dream(7月25日~8月4日)£10~14 
The Adventures of Robin Hood(7月28日~8月4日)£6(ファミリー・チケットは4席セットで£22)
www.everymanfestival.co.uk

Fringe@Cardiff Festivals

Bute Theatre, Royal Welsh College of Music and Drama、7月24日(火)~25日(水)£5.00(£4 Concessions)Tel: 029 2039 1391
Visualise ~the beauty of science, by Science MadeSimple(24日19:30) 
Gold Woman, by Unknown Theatre Company (25日19:30)
Dylan Thomas in London, by The Dylan Thomas Centre(25日21:00)

Admiral Cardiff Big Weekend

Cardiff Civic Centre 8月3日(金)~5日(日)
Free Music Stage 詳細未定
Funfair 3日(金)17:30 ~22:00・4日(土)~5日(日)12:00~23:00

Cardiff Festival
開催日時: 7月4日(金)~8月5日(日)
アクセス: 列車: ロンドン、Paddington駅から約2時間 
車: M4。Junction29でA48へ
Tel: 029 2087 2087 
URL: www.cardiff-festival.com
地方情報:ウェールズ独自の歴史と文化を知る
カーディフから西に約6キロほど行くと、ウェールズ生活博物館(Museumof Welsh Life)がある。紀元前からのウェールズの人々の生活が広大な敷地に展示されていて、イングランドとは異なるウェールズの歴史と文化をたどることができる。
 
  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

2020年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ