instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Sat, 14 December 2019

さて、今年はどこへ行く?夏の野外フェスカレンダー

いよいよ待ちに待った野外フェスティバルのシーズン到来!
毎年、凄まじいほどの人気を誇るグラストンベリー・フェスや
Vフェスティバルのチケットを逃した人も、諦めるのはまだ早い。
5月から8月にかけて、英国各地で実にバラエティーに富んだ
大小のフェスが目白押しだから、この機会に要チェックだ。
とにもかくにも、準備は早いに越したことはない。
英国の短い夏を目一杯楽しむために、
今からさっそく計画を立て始めよう。
(黒澤 里吏)

5/6月7月8月

8月

8月の野外フェスカレンダー

Alternative, Dance / Herefordshire
あの裸体アートを目撃するチャンス!
The Big Chill

8月5日(木)〜8日(日)

Hop Farm Festivalアンビエント系フェスとして始まったこのイベントも、15年以上の時を経て、音楽的にはよりクロスボーダーな様相に。毎年、インタラクティブでユニークなイベントが取り入れられており、これが今や同フェスの特徴の一つになりつつある。というわけで今年話題をさらっているのは、米国の写真家、スペンサー・チュニックによるインスタレーション。無数の裸体を被写体とした圧巻の作品群は世界中で高い評価を得ており、この3月にはオーストラリアのシドニーで5000人のボランティアを集めて撮影を行ったばかり。そして今回なんとこの「Big Chill」の会場で、衝撃のアートが生まれる瞬間が披露されるのだ。美しい自然環境下での撮影とあって、アーティスト本人も非常に楽しみにしているそう。

Eastnor Castle, Deer Park Herefordshire HR8 1RL
最寄駅 ナショナル・レイル Great Malvern / Ledbury駅
出演者 Massive Attack, M.I.A., Andrew Weatherall, Roots Manuva など
料金 通し券 £155、日曜1日券 £70など
website www.bigchill.net/festival

Dance, Electronic / London
ロンドン発の新しいダンス・フェス
L.E.D Festival

8月27日(金)〜28日(土)

L.E.D Festival夏の間、週末ごとに何らかのフェスティバルやイベントが開催される、イースト・ロンドンはハックニーのビクトリア・パーク。8月最後の週末を飾るのは、ロンドンの最新エレクトロニック・ミュージック・シーンが投影されたこの「L.E.D Festival」だ。記念すべき第1回目となる今年、ヘッドライナーを務めるのは、これが今夏唯一のロンドン公演となるフランスの大御所ハウスDJ、デービッド・ゲッタと、今年約10年ぶりに活動を再開したロンドンのエレクトロニカ・デュオ、レフトフィールド。カルバン・ハリスがライブ・セットを披露するほか、エイフェックス・ツイン、ソウルワックス、フレンドリー・ファイアーズといった脂ののったアーティストが脇を固める。

Victoria Park London
最寄駅 地下鉄 Mile End駅
出演者 Leftfield, David Guetta, Goldfrapp, Aphex Twin, Soulwax, Calvin Harrisなど
料金 通し券 £70、土曜1日券 £40、 金曜1日券 £37.50など
website www.ledfestival.net

Various / Inverness
北の果てで、まったりのんびり
Belladrum Tartan Heart Festival

8月6日(金)〜7日(土)

Belladrum Tartan Heart Festivalインバネスから17キロほど西に位置するビューリーという町の近郊で開催される、恐らく英国最北端のフェス。16世紀にこの町を訪れたスコットランドのメアリー女王が「なんと美しい場所でしょう」とフランス語で言ったのが訛って、現在のビューリーという地名が付いたという逸話が残るだけに、一帯の景色の美しさはお墨付きだ。5つのステージでバラエティー豊かな90以上のパフォーマンスが催される予定で、世界的に有名なバンドからローカルなアーティストまで幅広く出演するが、年齢を問わず楽しめる60年代スタイルのメロウなフェスを再現したいという主催者側の思いがあり、全体的にローファイ志向なのが特徴。ユニークなコスチュームを競い合う参加者も多いので、着飾って出掛けるのもいい。防寒対策はもちろん忘れずに。

Phoineas, By Beauly, Inverness-shire, Highlands Scotland IV4 7BA
最寄駅 ナショナル・レイル Beauly駅
出演者 Feeder, Amy MacDonald, The Wailers, Candi Station, Levellers, Wolfstone など
料金 キャンプ込み通し券 £85など
website www.tartanheartfestival.co.uk

Various / Hertfordshire
細やかな配慮に思わず感動
Standon Calling

8月6日(金)〜8日(日)

Standon Calling数多くのシャワー、寝転がることができるほどきれいなトイレ、無用に歩かせない合理的なサイト・レイアウト……と、英国の野外フェスの常識を覆す要素がてんこ盛り。実はこのフェス、個人の誕生日を祝って25人の友人が集まり、プールのあるデッキでBBQパーティーを催したことがきっかけで始まったもの。一般向けのフェスとなった今でも、当初のプライベート・パーティーのホスピタリティーを失わないように努めているというのである。その証拠に敷地内にはシンボルであるプールが備わり、参加者は自由に利用できるという、うれしいサービス付き。毎年、テーマに沿ったセットデザインやアートワークが施されており、仮装する参加者も多い。ちなみに今年のテーマは「スタンドン急行殺人事件(Murder on the Standon Express)」。

Standon Lordship, Hertfordshire SG11 1PR
最寄駅 Bishops Stortford駅またはWare駅
出演者 Buena Vista Social Club, Liars, Efterklang, Gilles Peterson, These New Puritans など
料金 通し券 £95、日曜1日券 £35など
website www.standon-calling.com

Reggae, Dub / London
友愛スピリッツを肌で感じる3日間
One Love

8月6日(金)〜8日(日)

One Loveレゲエの神様ボブ・マーリーが1978年に開催した伝説のコンサートの30周年を記念して、2008年に開始された英国最大のレゲエ & ダブ・イベント。緑豊かなロンドン近郊のカントリー・パークに、国内外から数多のミュージシャンが集結する。ヒーリング・スポットや討論エリア、レクチャーなども含め、3日間で100以上のアクトが催される予定。各国の料理が味わえるフード・コートやフェア・トレード・ビレッジなど、音楽以外のお楽しみも盛りだくさん。最終日の日曜に催されるカリビアン・カーニバルもお見逃しなく。

Hainault Forest Country Park, Fox Burrow Road London IG7 4QN
最寄駅 地下鉄 Hainault駅
出演者 Luton Fyah, David Rodigan, Luciano, Mickey General, Gappy Ranks, Michael Prophe など
料金 通し券 £90、金・土曜1日券各 £40、日曜1日券 £30など
website www.onelovefestival.co.uk

Classic / London
クラシック+花火=夏の風物詩
Last Night of the Kenwood Proms

8月21日(土)

Last Night of the Kenwood Promsロンドン北部のオアシス、ハムステッド・ヒースに隣接して佇むステートリー・ホーム、ケンウッド・ハウスの敷地内では、夏の間、ロックやポップスの野外コンサートが開催される。そんな中、8月末にシーズンのフィナーレとして行われるのが、このクラシック・コンサート「ケンウッド・プロムス」だ。今年は国立交響楽団にウェールズ出身のテノール歌手ウィン・エヴァンスと、「ブリテンズ・ゴット・タレント」で一躍脚光を浴びた弱冠14歳のメゾ・ソプラノ歌手ファリル・スミスをフィーチャー。コンサート終了後は花火も上がり、夏の終わりを華やかに彩ってくれる。

Kenwood House, Hampstead Lane, Hamsted London NW3 7JR
アクセス 地下鉄 Archway駅 または Golders Green駅からバス
出演者 Faryl Smith, Wynne Evans, National Philharmonic Orchestra など
料金 プレミアム・デッキチェア £80、
スタンダード・デッキチェア£28など
website www.picnicconcerts.com

Rock, Alternative / Reading, Leeds
リバティーンズ復活で人気殺到
Reading / Leeds Festival

8月27日(金)〜29日(日)

Reading / Leeds Festival南はレディング、北はリーズの二都市で、3日間にわたって同時開催される英国最大級のロック・フェスティバル。今年はあのリバティーンズが復活ライブを行うことや、ガンズ・アンド・ローゼズの出演などが話題を呼び、通し券は既に売り切れ。1日券はレディング、リーズともにいまだ販売中なので、見つけたら即ゲットしよう。国内のその他の最大級フェスに比べてエンターテインメント要素が極端に少ないフェスだが、純粋に音楽を味わい尽くしたいロック・ファンには文句なしだろう。

最寄駅 ナショナル・レイル Reading駅 / Leeds駅
出演者 Guns n'Roses, Arcade Fire, The Libertines, Blink182, Weezer, The Cribs など
料金 1日券各£75など ※通し券は売り切れ
website www.readingfestival.com
www.leedsfestival.com

まだまだある、8月に開催のフェス

大人は禁止!ティーン限定のパーティー
Underage Festival
8月1日(日)/ London

14〜18歳のみ参加できるロック&ポップ・フェス。ハックニーのビクトリア・パークで開催。
www.underagefestivals.com

インディー音楽ファンなら一度は行きたい
Summer Sundae Weekender
8月13日(金)〜15日(日)/ Leicester

レスターの音楽ヴェニュー、デモント・ホール&ガーデンで開催される。 フィーチャーヘッズなどが出演。
www.summersundae.com

これぞ真の意味での日常との隔絶
Green Man Festival
8月20日(金)〜22日(日)/ Wales

本当に「森の人」になりたいならこのフェスへ。フレーミング・リップス などの幻想ロックを聴く絶好の環境。
www.greenman.net

知る人ぞ知る渋めのラインナップ
Limetree Festival
8月27日(金)〜29日(日)/ Yorkshire

フェスの原点に立ち返り、新たな可能性を模索。マッサージが受けられるヒーリング・コーナーなども。
www.limetreefestival.co.uk

豪華DJの競演で踊りまくる週末
South West Four Weekender
8月28日(土)〜29日(日)/ London

ロンドン南部で開催されるレイヴ・パーティー。ファット・ボーイ・スリムをはじめ錚々たる面子が揃う。
www.southwestfour.com

満足度大、世界屈指のダンス・フェス
Creamfields
8月28日(土)〜29日(日)/ Cheshire

2009年にUKフェスティバル・アワードを受賞した、大型ダンス・フェス。全国のクラバーが大集合。
www.creamfields.com

5/6月7月8月
 
  • Facebook

*本文および情報欄の情報は、掲載当時の情報です。

2020年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ