instagram Facebook ツイッター
ロンドンのゲストハウス
Fri, 20 September 2019

英国の口福こうふくを探して

「英国料理はまずい」だなんて、言い古された悪評など何のその。おなじみのものから、意外と知られていないメニューまで、英国の伝統料理やお菓子には、舌が悦ぶものが色々あります。ぜひ一度ご賞味を。


マクギネス真美マクギネス真美
英国在住の編集&ライター。日本での9年半の雑誌編集を経て、2003年渡英。以降、英国を拠点に、ライフスタイル、ガーデニング、食などの取材、執筆を行う。英国料理の師は義母。
mamimcguinness.com
No. 71

ダンディー・ケーキ
Dundee Cake

Dundee Cake

去年、このコラムでご紹介したセビル・オレンジ・マーマレード。手作りしたものがおいしかったのに味をしめ、今年も作りました。ただ、今回は新しいレシピに挑戦したために、かなり甘めの出来栄えに。人に差し上げるのはちょっとはばかられるのですが、かと言って出来上がった8個の瓶入りマーマレードを自分で消費するには、毎日トーストに塗っても数カ月はかかりそう。そこで思いついたのが、マーマレードを使ったダンディー・ケーキを作ることです。

このケーキを初めて食べたのは、10年ほど前。友人のルースが「クリスマスプレゼントにもらったハンパー(様々な食品などを詰めた蓋付きバスケット。贈り物によく使われます) に入っていたけれど、うちでは誰も食べないから」と言って譲ってくれました。それは何と、有名デパート、フォートナム&メイソンのもので、ひと目で分かるターコイズ色の丸缶にうやうやしく収まっていました。

フォートナム& メイソンでは日本へのお土産に紅茶を買うことはあっても、高級過ぎて自分用にここでケーキを買ったことなどありません。なので、突然の頂き物に喜び「さすが入れ物からしてポッシュだね~」と、夫と笑い合いながら缶の蓋を開けました。目に飛び込んで来たのは、ケーキの表面びっしりと同心円状に並んだアーモンド。見かけをあまり構わない英国菓子の中では随分デコレーションに気合が入っているなぁ、と思いつつ、早速紅茶を入れて食べてみた……、はずなのですが、なぜかそのときの感想が記憶からすっぽり抹消されています。

でも、以来、このケーキを一度も買ったことがなかったことを考えると、もしかしたら口に合わなかったのかも。とは言え、その後、英国の食べ物になじみ、「英国舌」を肥やしてきた身としては、そろそろこの伝統的フルーツ・ケーキに再挑戦しても良いころです。

さて、ダンディー・ケーキのダンディーとは、スコットランド東部にある港町の名前から来ています。ここにはセビル・オレンジ・マーマレードを生み出したといわれる「ジェームズ・ケイラーズ&サン」があり、この工場でマーマレードを作った余りのオレンジを使って、18世紀後半ごろから作られたのが始まりだという説が広く一般に知られています。

一方で、16世紀には既にスコットランド女王メアリー1世のために作られていたケーキだとも言われ、このケーキにチェリーを入れないのは、女王はチェリーが嫌いだったから、という話も伝わっているそうです。

久しぶりに食べてみたケーキの味については、ドライ・フルーツがぎっしり詰まっているものの、生地はふっくらしっとり。オレンジ風味がアクセントになって、やや大きめのスライスでも食べ切ってしまえるおいしさ。でもそう感じるのは、もしかしたら、私の味覚(と胃袋のサイズ)が10年前に比べてより英国人に近付いたせいかもしれません。

ダンディー・ケーキの作り方(20センチ丸型1個分)

材料

  • プレーン・フラワー ... 150g
  • バター(室温に戻したもの) ... 150g
  • ライト・ブラウン・シュガー ... 150g
  • 卵 ... 4個
  • アーモンド・プードル(グラウンド・アーモンド) ... 50g
  • べーキング・パウダー ... 小さじ1
  • 製菓用ミックス・スパイス ... 小さじ1
  • サルタナ ... 175g
  • カランツ ... 50g
  • レーズン ... 50g
  • オンレジ・ピール(細かく刻む) ... 50g
  • オレンジの皮のすりおろし ... 1個分
  • マーマレード ... 30g
  • アーモンド(無塩、皮をむいたもの) ... 適量
  • ウィスキーまたはブランデー(入れなくても可) ... 大さじ1

作り方

  1. バターとライト・ブラウン・シュガーをハンド・ミキサーでクリーム状になるまで混ぜる。
  2. ほぐした卵を3回に分けて❶に入れ、よく混ぜる。
  3. ❷にマーマレードを加えて混ぜる。
  4. プレーン・フラワー、べーキング・パウダー、製菓用ミックス・スパイスを➌に入れて混ぜる。
  5. ➍にサルタナ、カランツ、レーズン、オレンジ・ピール、オレンジの皮のすりおろし、アーモンド・プードルを混ぜ、好みでウィスキーかブランデーを混ぜる。
  6. オーブン・シートを敷いた型に流し入れ、表面にアーモンドを放射状に並べる。
  7. 150℃に余熱したオーブンで1~2時間程焼く。表面がきつね色になっても、まだ調理が必要な場合にはアルミホイルをして、焦げるのを防ぐ。竹串を刺してみて生地が付いてこなければ出来上がり。
memo

マーマレードを使うケーキと書きましたが、正式なこのケーキのレシピには「セビル・オレンジの皮(濃縮したものなど)が全体の材料の最低5%必要」と記載されているので、オンレジ・ピールだけを使うレシピもよく見かけます。

 
  • Facebook

読者プレゼント
バナー バナー バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ