instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Mon, 09 December 2019

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

M&Sが「LGBTサンドイッチ」を発売

大手スーパーマーケット・チェーン、マークス&スペンサー(M&S)が「LGBTサンドイッチ」を発売した。売り上げの一部は性的少数者のコミュニティーに寄付される。「メトロ」紙が伝えた。

サンドイッチの中身はレタス(lettuce)、ワカモレ(guacamole)、ベーコン(bacon)、トマト(tomato)で、具材の名前の頭文字をつなげるとLGBTになる。これらの売り上げの一部は、若い性的少数者たちに住居など物質的なサポートし明るい未来を手助けする英国のチャリティー団体「Akt」や、同団体に似た活動を行っているアイルランドの「BeLong To Youth Services」に寄付される予定で、SNSでこの取り組みを知った人々の反応も上々のようだ。
 

007シリーズ第25作目に、ラミ・マレックが参加

6代目ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグ(51)の最後の出演と言われる、来年4月公開予定の007シリーズ25作目のキャストや制作陣が発表された。BBCが伝えた。

 カリブ海に浮かぶジャマイカで行われたこのイベントで、「グッバイ・クリストファー・ロビン」に出演した女優兼脚本家のフィービー・ウォーラー=ブリッジが本作の脚本製作に加わるほか、昨年大ヒットした映画「ボヘミアン・ラプソディ」でフレディ・マーキュリーを演じた米俳優ラミ・マレックなどが出演することが明らかになった。プロットの概要によると、マレックは「危険な最新テクノロジーを使うミステリアスな敵」。本人はスケジュールの都合で同イベントに参加できなかったため、代わりに送られたビデオ・メッセージで「この度007を作るキャストや制作陣たちに加われることを本当に楽しみにしています」「それから、今回ミスター・ボンドはてこずるかもしれませんね、それでは」と含みを持たせたメッセージを残した。これを見たクレイグは待ち構える敵に「怖っ」とおどけてみせたという。
 

バンクシーの新作、発見か

覆面アーティスト、バンクシーの新作と思しきストリート・アートがロンドン中心部マーブル・アーチで発見された。「インディペンデント」紙が報じた。

アートは、今月ロンドンで環境問題に対する大規模な抗議活動を行った集団「エクスティンクション・リベリオン」をサポートするもののようで、同集団を象徴するマークが付いたラベルを持った幼い子供と、その横に「この瞬間から絶望は終わりを迎え、作戦が開始される」というメッセージがシャベルと植物の芽と共に描かれているものだった。

 

翻訳サイトを使ったウェールズ語がとんでもないことに

知らない言語を機械的にGoogle翻訳すると赤っ恥をかくかもしれない。格安スーパーのアスダで使われた珍翻訳が話題を呼んだ。「サン」紙が伝えた。

 ウェールズのコンブランにある同店は、商品カテゴリーを示す店内用の看板にウェールズ語で「アルコール・フリー」と書くためにGoogle翻訳を利用。ところが「アルコール無料」と翻訳されてしまい、そのまま店頭でお披露目に。看板が店頭に現れるやいなや、ウェールズ語のネイティブがこの看板の写真をSNSに投稿し、アスダへ急げとコメントを添えた。後日アスダは発見者へ御礼を述べ、文言を正しいものにすると発表したという。
 

「ロミオとジュリエット」執筆時のシェイクスピアの家、ついに特定

これまで英劇作家ウィリアム・シェイクスピアが一時的にロンドン東部のリバプール・ストリート駅のそばに住んでいたことは知られていたが、この度その具体的な位置が分かった。BBCが伝えた。

 特定したのは、演劇史家兼ヴィクトリア&アルバート・ミュージアムのシアター&パフォーマンス部門のディレクター、ジェフリー・マーシュ氏。10年にわたる調査の結果、住所はガーキンから数メートルに位置する35 Great St Helen'sで、現在はオフィス・ビルが建っている。マーシュ氏によれば、シェイクスピアは1597~1598年の短い間、皮革会社が所有する建物のテナントとして入居しており、ここであの名作「ロミオとジュリエット」を執筆したという。
 

9000缶を集めたビール缶オタク、「フェチを極めた男」に公式認定

芝刈り機収集家、時刻表マニアなど、特定の何かに魅せられた英国人男性ばかりを集めた本「ダル・メン・オブ・グレート・ブリテン」に登場したニック・ウエストさん(59)が、最近行われたオンライン投票で英国で最もフェチを極めた男の称号を得た。「メトロ」紙が伝えた。

 ウエストさんが珍しいビール缶を集め始めたのは16歳の時で、その後歳月を掛けて9000を超える缶を収集。またその過程では、コレクションを美しく飾るために2度も引っ越したという。晴れて(?)正真正銘の缶オタクとなったウエストさんだが、現在はそのコレクションのほとんどを地元の博物館に寄付し、缶収集を手伝ってくれた奥さんと一緒に小さな家に住んでいるという。缶は定年退職後の生活を支えるお金に変わったそうだ。
 

キャメロン前首相の回想録、ブレグジットと一緒に出版も延期?

出版予定のキャメロン前首相の回想録は一体いつ発売されるのか。前首相は「デーリー・メール」紙に対し、「正直いつ出版になるのか分かりません」と語った。「メトロ」紙が伝えた。

 当初、英国のEU離脱(ブレグジット)は3月29日。それが予定通りであれば、今頃が前首相の思惑や当時の気持ちを振り返るのに良いタイミングであっただろう。ところがブレグジットが10月に延期される可能性が濃厚となってしまい、本の発売も必然的に延期。書籍の出版イベントの見通しも立たたず、一線を退いてもなお国民投票の影響を受けている前首相こそ、ブレグジットの本当の被害者と言えそうだ。
 

世界一大きいプライマークがバーミンガムにオープン

11日、英中部バーミンガムに格安ファッション・チェーン店、プライマークの新店舗がオープン。総面積約16万平方フィート(約1万4800平方メートル)と、同チェーン店で最大規模となった。「メトロ」紙が伝えた。

 新店舗は、2つのカフェと2つの美容院に加え、ハリー・ポッターの専門コーナーやディズニーのレストランまで入る5階建ての巨大な構造となっている。オープンは朝10時だったが、既に7時から列ができ、開店と同時に5000人を超える買い物客が店内になだれ込んだ。お客さんの中には、列車で5時間かけてわざわざやってきた人もいたそう。初日は館内の照明が落ちるというハプニングがあったものの、大盛況に終わった。
 

マニアならずとも欲しい! VANS×デービッド・ボウイのコラボ・アイテムが発売

スケーターたちの愛用スニーカー、VANS(ヴァンズ)が、音楽やファッションに多大な影響を与えたデービッド・ボウイに敬意を示し、ユニセックスのコラボ・アイテムを展開する。「イブニング・スタンダード」紙が伝えた。

 今回はTシャツ、ロンT、キャップ、スニーカーなど幅広いアイテムのコラボとなっているが、中でも1969年のファースト・シングル「スペース・オディティ」のジャケットをイメージした青色がベースのドット柄や、「アラジン・セイン」(1973年)の赤と青の稲妻をデザインしたスニーカー・コレクションが注目を集めている。
 

ハリー王子とメーガン妃がインスタを開設、怒涛のフォローでギネス世界記録誕生

ハリー王子(34)とメーガン妃(37)は2日、二人のオフィシャル・インスタグラムを開設した。フォロワー数はアカウント開設からたった5時間45分で瞬く間に100万人に到達し、世界最速のミリオン達成を記録した。BBCが伝えた。

 これまでのギネス世界記録保持者は、K-POPアイドルのカン・ダニエル。今年1月の開設の際は、11時間36分でミリオンを達成し、ローマ法王の12時間を破った。ちなみにその前はイングランドの元サッカー選手、デービッド・ベッカムの25時間が世界記録だった。

 気になる二人の最初の投稿は、ネイビーの背景にロイヤル・サイファー(二人の名前の頭文字HとMを組み合わせて作った紋章)が載ったシンプルな画像をトップに、これまでの公式訪問で出会った印象的な瞬間を収めた写真9枚を同時にアップ。「私たちのインスタへようこそ。今力を入れていることやサポートするに至ったきっかけ、また大事なお知らせや、知ってほしい出来事などを投稿できるのを楽しみにしてます。よろしくお願いします」と、コメントが付けられていた。

 今月赤ちゃんが生まれるメーガン妃。インスタの投稿回数も増えていくに違いない。
 

ワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアーで、グリンゴッツ魔法銀行が新オープン

人気小説「ハリー・ポッター」シリーズの映画撮影セットが見学できるロンドン郊外のワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアーに、6日から新しいセクション「グリンゴッツ魔法銀行」がオープンする。「イブニング・スタンダード」紙が伝えた。

 グリンゴッツ魔法銀行とは、ダイアゴン横丁にあるゴブリン(小鬼)たちが働く銀行。3万個のクリスタルで作られたシャンデリアがあるホールや、グリフィンドールの剣とヘルガ・ハッフルパフのカップが納められたベラトリックス・レストレンジの金庫など、物語のキーとなる場所が今回新しく加わった。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

7 / 108 ページ
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ