instagram Facebook ツイッター
ニュースダイジェストのグリーティング・カード
Thu, 29 October 2020

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

ヘンリー・カヴィルは太っちょだった

ヘンリー・カヴィル 映画「マン・オブ・スティール」で主人公のスーパーマンことクラーク・ケントを演じる英国人俳優のヘンリー・カヴィル(30)の暗〜い過去が明らかに。かつて「007」シリーズのジェームズ・ボンド役の最終候補となり、今や世界的なヒーローであるスーパーマンを演じるまでになった、今が旬のイケメン・キャラ、カヴィル。だが幼少時は肥満気味で、同級生たちから「太っちょカヴィル」と呼ばれていたという。つまりはクラーク・ケントもびっくりの変身を遂げたというわけですな。


 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ