instagram Facebook ツイッター
日経電子版 春割り
Thu, 18 April 2019

切り裂きジャックの正体は「ポーランド人の理容師」か

犯人がいまだ特定されていない連続殺人事件の犯人「切り裂きジャック」。被害者の遺体のそばにあったショールで行った最新のDNA鑑定により、23歳のポーランド人理容師が犯人である可能性が十分に高いことが分かった。「イブニング・スタンダード」紙が報じた。

 リヴァプール・ジョン・ムーアズ大学の研究員によると、既に被疑者の1人として浮上していたアーロン・コスミンスキーが、今回の結果から統計的確率で犯人と言えると発表した。

 「まだ断定できないものの、5年前に同じショールで行ったDNA調査で浮上したコスミンスキーが今回の鑑定でも再び一致し、犯人である可能性がさらに高くなった。またこの結果を受けて、ショールが本物であることの証明にもなった」。研究員は今回の発見を「犯罪科学ジャーナル」誌に寄稿した。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

初めての治験はHMR 英国新生活ガイド
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド
ブログ 海外・日本帰国 引越しガイド

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア