instagram Facebook ツイッター
バナー
Mon, 21 October 2019

英国発ニュース

「奴隷」を30年間拘束の男女は毛沢東カルト?-67歳のインド人男性とタンザニア出身女性


ロンドン南部の住宅で「奴隷」として約30年にわたり女性3人が拘束されていたことが発覚した事件で、容疑者の男女2人が毛沢東思想に影響を受けた共同体を運営していたことが分かった。「イブニング・スタンダード」紙が報じた。

本事件の容疑者は、67歳のインド人男性と67歳のタンザニア出身女性。報道によると、この2人は約40年前にロンドン南部ブリクストンに「毛沢東メモリアル・センター」と名付けた拠点を置き、共産主義思想に関する運動を行っていた。当時から警察や治安当局がその存在を認識していたという。
 
  • Facebook

治験参加者募集エイチエムアール
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ