instagram Facebook ツイッター
バナー
Mon, 21 October 2019

英国発ニュース

キャサリン妃の電話が155回にわたり盗聴-「ニューズ・オブ・ザ・ワールド」紙

大衆紙「ニューズ・オブ・ザ・ワールド(NOTW)」(2011年廃刊)の盗聴事件をめぐる裁判で14日、同紙の王室担当記者だったクライブ・グッドマン被告が、2005年から06年にかけてウィリアム王子の妻キャサリン妃(当時は交際中)の留守番電話メッセージを155回にわたって盗聴していたことを明らかにした。BBCが報じた。
 グッドマン被告はまた、ウィリアム王子の電話を35回、ヘンリー王子の電話を9回、盗聴したことも認めた。同被告はこれまで、王室関係者への盗聴は認めていたが、ウィリアム王子の電話の盗聴を認めたのは初めて。
 
  • Facebook

治験参加者募集エイチエムアール
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ