ニュースダイジェストの制作業務
Tue, 09 August 2022

英国発ニュース

英紙がラグビーW杯日本代表を「最もツキがなく、最も勇気があった」-「誰もが日本代表と恋に落ちた」とも

ラグビーのワールド・カップ(W杯)イングランド大会1次リーグ最終戦で日本が米国に28‐18で勝利したことを受けて、英各紙の電子版は11日、今大会での日本代表の健闘を称える記事を掲載した。

「デーリー・テレグラフ」紙は、日本代表を「ほぼ間違いなく、最もツキがなく、最も勇気があった」あったと形容。ラグビーW杯の1次リーグで3勝したにも関わらずベスト8に進めなかった初のチームとなったもの、「(日本代表選手の)顔には大きな笑顔が浮かんでいた」と伝えている。また前日にスコットランドがサモアに勝利したことで、日本代表は米国戦を「誇りのため」に戦うことになったと説明。そしてその誇りをかけた戦いぶりの素晴らしさに対して驚嘆の意を表している。

さらに同試合のオンライン中継を行った「ガーディアン」紙は、「日本に別れを告げよう。誰もが日本代表と恋に落ちたのだ」と述べた。
 
  • Facebook

JFC ゆめにしき
Embassy of Japan
londoniryo_dental バナー バナー バナー

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ