instagram Facebook ツイッター
Tue, 18 June 2019

スピーク・ホール - Speke Hall

ウィリアム・モリスとビートルズ

前回取り上げたメンディプス、そして第2回で紹介したポールのファミリー・ハウスというこの2つのビートルズゆかりの地では、予約も取らずにただ1人でぶらりと出掛けても家の中に入ることはできません。午前中はリバプール市内から、そして午後は同市内にあるもう1つの有名なプロパティ、スピーク・ホールから出ているナショナル・トラスト専用バスの利用者のみ見学が許されています。

日本人観光客の多くは、この専用バスに乗るためだけにスピーク・ホールを訪れ、館内や庭を見学せずにそそくさとバスに乗り込んでしまいます。でもそれは本当にもったいない話です。何しろこのスピーク・ホールは、イングランドの中では大変貴重なハーフ・ティンバーと呼ばれる木造建築様式のカントリー・ハウスで、今から477年前となる1530年に建造されたという古い歴史を持つもの。館内にはその後の増改築によって、ウィリアム・モリスの壁紙が至る所に施されています。

ウィリアム・モリスは日本でもとても有名な装飾デザイナーですが、ここ英国では「アーツ & クラフツ運動」の旗頭として、ナショナル・トラスト運動にも強い影響を及ぼした偉人です。ここではそのモリスのオリジナルのインテリアを堪能することができます。

また春から秋にかけて庭に咲く、バラや紫陽花は見事です。特に驚いたのは、様々な色をした紫陽花が同時に咲いていたこと。日本ではちょっとお目にかかれない情景を見て感動したのを覚えています。館内や庭の見学には、少なくとも1~2時間は必要です。ビートルズゆかりの地を見学する専用バスと上手に組み合わせて、楽しんでください。

(文責・小野まり)

Speke Hall
Address The Walk, Liverpool L24 1XDmap
Tel 0845 758 5702
Access 車で: M62のJunction6からA5300を通ってLiverpool Airportに向かい、そこから西に約1.6キロ
電車で: Liverpool South Parkway から約3.2キロ。
Open Hour 3月17日~12月2日までの月・火を除く毎日13:00~17:00(ただし11~12月上旬までは週末13:00~16:00のみ開館)
Website www.nationaltrust.org.uk
 
  • Facebook

初めての治験はHMR 英国新生活ガイド
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド
ブログ 海外・日本帰国 引越しガイド