instagram Facebook ツイッター
Fri, 19 July 2019

リンディスファーン・キャッスル - Lindisfarne Castle

~北の果てのロマンティック・プレイス~

1999年に英国ナショナル・トラストのスケッチ旅行を敢行した我が家のルートは、まず南イングランドのケントからスタートしました。

およそ3カ月間、来る日も来る日もオンボロレンタカーを乗りまわし、訪ねたナショナル・トラストの数は58カ所。なかでも深く印象に残ったプロパティの一つがここ、リンディスファーン・キャッスルです。

「ホーリー・アイランド」という北の島に位置するこのプロパティは、イングランド北東部のノーザンバーランドにあります。地図上では完全に離島になっていますが、国道から島に続く道路があり、引潮時には車で行くことができます。

島に渡れるのは、引潮の間のほんの数時間。およそ5キロもあるアスファルトの立派な車道も、1日の半分以上は海のなかです。一体どうやってこの道路をつくったのでしょう? 引潮時のみの工事で、潮が満ちて来たら休憩したのでしょうか? まさに英国らしいと感心しきり。どこかの国なら、さしずめ景観無視の大橋を建造するか、自然を破壊しつつ海底トンネルを掘っているところでしょう。

訪れた翌日は雲一つない穏やかな晴天でしたが、島に近付くとたちまち靄(もや)がもくもく。辺りは深い霧に覆われ、築およそ500年の居城は、まるで要塞のような表情で私たちを出迎えてくれました。この城は、歴史的建造物としても大変有名で、英国人なら一生に一度はリンディス参りをすると言われるほどです。そしてその光景は、印象派の絵の中に迷いこんでしまったような、とても幻想的な世界でした。

島の中心にある小さな街には、要塞さながらの城とはうって変わり可愛いお土産屋さんや魅力的なティー・ルーム、ホテルが並んでいます。幽玄な世界とお洒落なリゾート地、この2つを同時に堪能できる素敵な場所です。

(文責・小野まり)

Lindisfarne Castle

Lindisfarne Castle
Address Holy Island, Berwick-upon-Tweed, Northumberland TD15 2SHmap
Tel 01289 389244
Access 車で/A1から東へ約8キロ。Causeway(海峡道路)を経てホーリー島へ。電車で/Berwick-upon-Tweed。Causeway(海峡道路)から約16キロ。
開園日時 3月中旬~11月上旬までの月曜日を除く毎日(開園時間は日によって異なる)。
Web www.nationaltrust.org.uk
 
  • Facebook

初めての治験はHMR
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2019 ロンドン・レストランガイド ブログ