ニュースダイジェストの制作業務
Fri, 19 August 2022

日本の億万長者がロケットで国際宇宙ステーションへ飛び立つ - 現地でバドミントン試合などを行う

Japanese billionaire blasts off to hold badminton tournament on international space station

「タイムズ」紙(電子版) 12月8日

「タイムズ」紙(電子版)は8日、実業家の前澤友作氏が、宇宙船で国際宇宙ステーション(ISS)に向けて出発したと報じた。

ファッション通販で財産を築いた前澤氏は、関連会社の平野陽三氏と共に、ロシア人宇宙飛行士が操縦するロシアの宇宙船「ソユーズ」に搭乗、「次のツイートは宇宙からになります。それでは、行ってきます。夢は叶う」と発信した後、ロケットはカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられたと紹介。ISSにドッキングした後は12日間滞在、バドミントン試合など100種のタスクを試し、その様子をソーシャル・メディアで配信すると報道した。また、前澤氏は2023年にイーロン・マスク氏が設立した米民間企業スペースXの有人宇宙船でメンバー8人の月旅行計画があることも伝え、今年はリチャード・ブランソン氏ら億万長者がそろって宇宙旅行を実現、各国で旅行目的の宇宙開発競争が注目されているとした。

Lone boatman in ‘miracle’ rescue after 22 hours of being adrift off Japan coast
作業船が転覆、漂流の男性が22時間後に救助

「インディペンデント」紙(電子版) 12月2日

「インディペンデント」紙(電子版)は2日、鹿児島県の屋久島沖で作業船が転覆し、約22時間後に男性(69)が救助されたことが分かったと報道。「22時間一人で海を漂っていた。そのサバイバル能力に驚いている」と、沿岸警備隊の言葉を紹介した。

Japan’s small businesses are in trouble
日本の中小企業にトラブル

「エコノミスト」誌(電子版) 12月4日

「エコノミスト」誌(電子版)は4日、現在好調な中小企業も、今後閉鎖に追い込まれる可能性があると伝えた。日本の中小企業は多くが家族経営だが、高齢の経営者に後継者がいないためと説明。少子化や、子どもが親の跡を継ぎたがらない問題点を挙げた。

Japan's Kirin seeks arbitration to help end Myanmar venture キリンがミャンマー合弁解消へ商事仲裁を提起

「インディペンデント」紙(電子版) 12月6日

「インディペンデント」紙(電子版)は6日、ミャンマーの国軍系企業との合弁事業解消に向け、キリンホールディングスが国際仲裁センターに商事仲裁を提起したと伝えた。今年2月の国軍の政権掌握で、キリンは提携解消に向けた協議を行っていた。

Climate change: Is ‘blue hydrogen’ Japan’s answer to coal?
「ブルー水素」が石炭火力に対する日本の答えか?

BBC(電子版) 12月6日

BBC(電子版)は6日、石炭利用を止めるよう圧力を受ける日本は、水素やアンモニアを燃焼する火力発電へと転換する、「水素エコノミー」の実現を目指しているとした。ただ技術的には可能だが、多大な費用がかかるとする専門家の意見も伝えた。

 
  • Facebook

JFC ゆめにしき
Embassy of Japan
バナー バナー バナー バナー

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
ロンドン・レストランガイド
ブログ