ロンドンのゲストハウス
Mon, 23 April 2018

BAFTAに出席のキャサリン妃、黒いリボンを着用

18日、ロンドンで英国アカデミー賞(BAFTA)の授賞式が行われ、セクハラや性差別に抗議するための運動「タイムズ・アップ」に賛同した女優たちが一堂、黒色のドレスで出席した。キャサリン妃(36)は濃いグリーンのドレスで、腰の周りに黒いリボンを付けて登場。「メトロ」紙が伝えた。

 黒色のドレスが多い会場で、1人目立っていたキャサリン妃。王室メンバーは公に政治的見解を表明することは禁じられているためか、グリーンのドレスで授賞式に出席した。ただし、セクハラの撲滅を訴える運動に対し、自分の考えを公表する機会がありながらそれを利用しなかった、と批判される可能性も考え、黒いリボンを腰に結んだのだろうと同紙は言う。

 このドレスコードは、性的嫌がらせとその容認や沈黙に対し怒りを表明するため、今年1月の米ゴールデン・グローブ賞授賞式に、女優たちが黒いドレスを身につけて参加したのが始まり。
 

サム・スミス、ヘンリー王子の結婚式では歌わないと宣言

歌手のサム・スミス(25)は、もしヘンリー王子(33)とメーガン・マークルさん(36)の結婚式でパフォーマンスを頼まれたとしても、断るだろうと話している。「イブニング・スタンダード」紙が伝えた。

 スミスは、どうせなら招待客として出席してマークルさんのドレスに見とれたいという。「以前に冗談で『是非(歌いたい)』といったこともあるけれど、今は分からない」とラジオ局キスFMの出演中に語った。

 スミスは、もし結婚式でのパフォーマンスを依頼されたら「光栄だ」と語る。尋ねられたのではないかという報道は否定。ヘンリー王子の結婚式は5月19日だが、この日はスミスの誕生日でもあるため、「結婚式のために英国にいることはないと思う。誕生日だし、ツアー中だから。でも結婚式自体は大好きだ」と答えた。

 この数週間前、スミスは「もし2人の結婚式で歌えたら夢のようだ」などと語っていたばかり。

 

 

レッドメインに「小犬と住んでるみたいだった」と言われた過去のフラットメイトは?

 英俳優のエディ・レッドメイン(36)は、13日に出演した米バラエティー番組「グッドモーニング・アメリカ」の中で、以前、アイルランド人俳優ジェイミー・ドーナン(35)と米国でアパートをシェアしていたときのエピソードを披露した。「デーリー・メール」紙が伝えた。

 2人は売れない俳優時代に一時、一緒に住んだことがあり、レッドメインは映画「フィフティー・シェード・オブ・グレイ」の主演で知られるドーナンについて、「今まで会ったどんな人間よりもエネルギッシュで、まるで小犬と住んでいるみたいだった」と語った。「5時から6時の間に、一種のトワイライト・ゾーンのような、彼がクレイジーになる時間帯があった。まるで小犬みたい」なのだそう。

 トワイライト・ゾーンとは昼と夜の境目の時間で、奇怪なことが起こるとされる。米テレビ・ドラマが由来。

eddie_redmayne-158234169_copy_copy.jpg

photo by Larry Busacca/Getty Images

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

9 / 331 ページ
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

バナー 編集者募集
キャリアコネクションズ ヘルス&ビューティーガイド
バナー バナー

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア