ロンドンのゲストハウス
Thu, 19 July 2018

ハリー王子とメーガンさんの結婚式、参列者のドレス・コードは?

今週末、19日にウィンザー城で開催される「ハリー」ことヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式。参列者には様々な制約が課されているようだ。「メトロ」紙が伝えた。

 同紙が伝えた「ゲストが守らなければいけないこと」は下記の通り。

①ドレス・コードについて

・オープン・トーのサンダルは禁止。

・ストッキングは肌の色が見えるようなナチュラルなものを。

・極端にヒールの高い靴は好ましくない。

・教会の中では常に帽子を着用。

・男性は「モーニング」、女性は膝丈以上、ただし床すれすれよりは短い丈の、腕の露出がないドレスを着用。もちろん、花嫁とかぶる白いドレスは避ける。

②お手洗いは式が始まる前に済ませておく。

③携帯電話は教会の中に持ち込んではいけない。セルフィーなどはもってのほか。

④女王より先に教会から出てはいけない。

⑤式の後、新聞記者などプレス関係者に当日の詳細を語ってはいけない。

⑥過度の飲酒は禁止。

⑦プレゼントは受け付けない。ハリー王子とメーガンさんは、その代りにチャリティー基金への募金を呼び掛けている。

 19日の結婚式の参列者は、上記のようなエチケットを守る必要があるが、多くの人々は、家でリラックスした服装でお茶を飲みながらテレビ中継を楽しむことになりそうだ。
 

フレディ・マーキュリーの伝記映画、ついにトレーラーが発表に

 英ロック・バンド、クイーンのボーカリストだった、故フレディ・マーキュリーの伝記映画「ボヘミアン・ラプソディー」の企画・制作は長年にわたり難航していたが、15日、ついにトレーラーが発表された。「イブニング・スタンダード」紙が伝えた。 

 映画では1970年代のバンド結成時から、1985年にロンドンのウェンブリー・スタジアムで開催された大規模なチャリティー・コンサート、「ライブ・エイド」でのパフォーマンスまでを描く。英国では10月24日に公開予定とのこと。

 1991年に死去したフレディ・マーキュリーを演じるのは、人気TVドラマ「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」のエリオット・オルダーソン役などで知られる、米俳優ラミ・マレック。

 

ベッカムが英国ファッション・カウンシルの親善大使に


 元サッカー選手のデービッド・ベッカム(43)が、英国ファッションを海外に広める機関、ブリティッシュ・ファッション・カウンシル(BFC)の親善大使に就任した。「イブニング・スタンダード」紙が伝えた。

 ベッカムは2013年の現役引退以来、自身のウィスキー(Haig Club)を作るほか、グルーミング・ライン(House 99)の開始、英国メンズウェア・ブランド(Kent&Curwen)との提携、米サッカー・クラブ(Miami MLS)のオーナーになるなど、様々な事業を行っている。今度は、ファッション・デザイナーの妻ビクトリア・ベッカムと並んで、英国のファッション業界に更に歩を進めるようだ。

 ベッカムは、「英国は世界で最もエキサイティングで革新的なデザイナーや職人を輩出しています」「これらの才能を世界に紹介する手助けができることを誇りに思います」と同紙に語った。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

9 / 343 ページ
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

バナー 英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2018 編集者募集 ロンドン・レストランガイド
キャリアコネクションズ ヘルス&ビューティーガイド
バナー バナー

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました!
暮らしの手引き ブログ Japan Digest ゲンダイゲストハウス

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア