instagram Facebook ツイッター
ロンドンのゲストハウス
Sun, 18 August 2019

イギリスの水道水にコカイン混入!

 イギリスでコカインの使用量が極端に増えた結果、現在ではその成分が水道水にまで紛れているという。「サンデー・タイムズ」紙が報じた。

 同紙によると、体内に一度取り込まれたコカインは、ベンゾイルエクゴニンという物質となった後に尿として排出される。水道局がその後浄水措置を実施しているにも関わらず、コカインの消費量が多いために、微量が水道水に残ってしまっているのだという。

 ただ水道水に混入しているコカイン成分はごくわずかであるため、人体への影響はないとされている。

 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

初めての治験はHMR
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2019 ロンドン・レストランガイド ブログ