instagram Facebook ツイッター
jal
Fri, 05 March 2021

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

今世紀末までに雪が過去のものに?

将来「雪が積もる」という現象が見られなくなり、雪合戦やソリ遊びが過去のものになる可能性があるという英気象庁(MET)の発表を、「インディペンデント」紙が伝えた。

METの調査予測によると、世界の温室効果ガス排出量が削減されない場合、イングランド南部のほとんどで、2040年代までに氷点下の日が見られなくなる可能性がある。また、2080年までには、氷点下になる地域がスコットランド北部の高地の一部だけになる。その結果、今世紀末までには地面を雪が覆うという光景が、一部の高地をのぞきほぼ見られなくなるという。

この予測は、世界の排出量がこのまま増加し続けると仮定した場合だが、現実になる可能性がかなり高いという。また、世界の排出量が削減されれば、英国は大きな気温上昇を回避できるものの、平均気温は依然として上がる可能性がある。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ