Yutaka
Mon, 18 October 2021

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

今年のタウン· クライヤー選手権、 コロナでとばっちり

かつて英国には、読み書きができない市民たちに重要な情報を声で拡散する、「タウン· クライヤー」(Town Crier)なる役人がいた。18世紀の役職といわれるが、現在もその伝統を絶やさぬよう活動する、自称タウン· クライヤーが少なからず存在する。毎年「全国タウン· クライヤー選手権」が開催され、そのパフォーマンスを競い合うが、今年は、意外な方法で審査が行われるようだ。「メトロ」紙が伝えた。

新型コロナにより、クライヤーたちが集合できないことから、当初は動画による選出が考えられた。ところが、きちんとした音声を録音するのが難しいとの声があり、急きょ「140語のセリフ」を文章で提出することになった。通常、良いタウン· クライヤーを選ぶには、一定の声量が明快なままキープできるか、適切な言葉遣いと抑揚があるか、メッセージが的確かどうか、の3点が審査される。しかし今年は音声なしで優劣が決定することになるそうだ。

 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

グリーティングカード制作 ニュースダイジェスト カレンダー販売 - Calendar プリペイドSIMカード - Japan Travel SIM
JFC ゆめにしき
バナー バナー londoniryo_dental バナー

英国ニュースダイジェストを応援する

定期購読 寄付
コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド
ブログ