instagram Facebook ツイッター
Wed, 17 July 2019

ウールスソープ・マナー - Woolsthorpe Manor

~アイザック・ニュートンの生家~

東イングランドのリンカンシャー州にあるウールスソープという小さな村に、こじんまりとした古い農家が建っています。その家の前の芝生には、リンゴの古木と若い木が1本ずつ。何の変哲もないこの農家こそ、実はリンゴが木から落ちるのを見て「万有引力の法則」を発見した天才、アイザック・ニュートンの生家なのです。

1642年12月25日、アイザック・ニュートンはこのウールスソープで生まれました。ニュートンが生まれる3カ月前に父親が内戦で死去し、2年後には母親が再婚。ニュートンはこの家で祖母によって育てられます。いわゆる「神童」であったニュートンは地元のグラマー・スクールを卒業後、1661年にはケンブリッジのトリニティー・カレッジに入学し数学者の道を進みます。1665年に学位を取得後、ロンドンでペストが大流行したため、大学がその予防のために閉鎖。ニュートンは故郷ウールスソープへ戻り、研究を続けます。

そして、この地で研究した1665年後半から1666年の1年半の間に、ニュートンは生涯に成し遂げたほとんどの研究の成果を得ました。このウールスソープ・マナーは、後に「驚異の1年半」とも呼ばれた時間を彼が過ごした現場なのです。もちろん、家の窓から見えるリンゴの古木は、「万有引力の法則」発見のきっかけになったと言われている木です。新しいリンゴの木がその側にあるのは、台風で古木が朽ちかけた時に、その子孫を残そうと植えたもの。でも結局その後元気を取り戻し、今でもしっかりと大地に根を張っています。

ここは30分もあれば十分見て回れるほどの本当に小さな家です。そして、その家に隣接するように建っているのが数年前にできた「サイエンス・ディスカバリー・センター」。この施設はニュートンの残した偉大な業績を知るとともに、子供も大人も楽しくニュートンの発明を体験学習できるようになっています。

(文責・小野まり)

Woolsthorpe Manor
Address 23 Newton Way, Woolsthorpe-by-Colsterworth
nr Grantham, Lincolnshire NG33 5NR map
Tel 01476 860338
Access Grantham の南約11キロ。A1のColsterworth のラウンドアバウトでB676へ。2番目の交差点を右折後、Water Lane で左折。
Open Hour 開園日時: 3月上旬-10月末の月、火を除く
毎日13:00~17:00。但し3月と10月は土・日のみ。
詳細は www.nationaltrust.org.uk
 
  • Facebook

初めての治験はHMR
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

英国・ドイツニュースダイジェスト主催 フォトコンテスト 2019 ロンドン・レストランガイド ブログ