instagram Facebook ツイッター
ニュースダイジェストのグリーティング・カード
Thu, 29 October 2020

コニストン・ウォーター - Coniston Water

~夏休みに行きたい湖水地方②~

芸術家、詩人、そして評論家として19世紀に活躍したジョン・ラスキンは、「革命的な環境保護論者」であったといわれ、ナショナル・トラストの創立にも大きな貢献を果たしました。そのラスキンが晩年に居を構えた場所が、湖水地方にあるコニストン湖の湖畔です。1872年から亡くなるまでの約28年間を過ごしたその邸宅は、ブラントウッドと呼ばれる深い緑に囲まれた場所にあります。

ブラントウッドへは、ナショナル・トラストが運営している18世紀の歴史的蒸気船ゴンドラ号で行くことができます。1859年に産声を上げたこのゴンドラ号は、ベニスのゴンドラとヴィクトリア朝時代の蒸気船技術を組み合わせて造られたものです。船内に一歩足を踏み入れると、深紅のカーテンで装飾されたサロンの豪華さに驚きます。ただの観光船とは一味も二味も違う、エレガントで優美な姿。そして湖上を滑るように走る様は、まさにラスキンが生きたヴィクトリア朝時代を彷佛とさせます。

コニストン湖はウィンダミア湖のさらに西に位置し、その湖畔の多くがいまだ観光地化されず、ラスキンがこよなく愛した美しさを今もまだとどめています。ブラントウッドはこのコニストン湖とウィンダミア湖に挟まれた位置にあり、その北東にはピーターラビットを生んだビアトリクス・ポターのコテッジ、「ヒル・トップ」があります。ポターもラスキン同様、ナショナル・トラストの設立に大きく貢献した1人です。

ゴンドラ号の遊覧コースの地図には「シークレット・ボート」と記された秘密の船が描かれていて、ちょっとした冒険家気分も味わうことができます。また途中の停留場で降りれば、海水浴ならぬ湖水浴を楽しむ家族連れの姿が。そんな夏休みらしい光景を目にすることが出来るのがこの場所の一番の魅力でしょう。

(文責・小野まり)

Coniston Water
Address NT Gondola Booking Office
The Hollens, Grasmere, Cumbria LA22 9QZ
map
Tel 015394 41288 (Gondola Pier)
Access Amblesideから車でA593に入り、Lake Roadを終着地点まで行く(専用駐車場あり)。もしくはWindermereからフェリーと車または定期バスを乗り継ぎ約16キロ。
Open Hour 4月~10月末迄毎日。但し天候などによって運行スケジュールが変更されることがあるので、事前に要確認。
£6(子供£3)
詳細は www.nationaltrust.org.uk
Brantwood(ジョン・ラスキンの家) www.brantwood.org.uk
 
  • Facebook

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ