バナー
Thu, 13 December 2018

孤独を吹き飛ばせ! ナイトクラブで踊る年金受給者たち

リタイアしたおじいさん、おばあさんの孤独を吹き飛ばす目的で始まった、「昼間のナイトクラブ」こと「ポッシュ・クラブ」。数年前に始まったこの試みは60歳以上の年金受給者に好評で、考案者のカッソン兄妹は、もっと多くの場所で開催したいと願っている。「メトロ」紙が伝えた。

 サイモンさんとアニー・カッソンさんがナイトクラブを始めたきっかけは、未亡人となった母の孤独を癒すためだった。娘のアニーさんは、ロンドンから田舎に引っ越した母を気遣い、母の友人を呼んでティー・パーティーを開催したが、ふと「豪華なべニューで踊ってみたら楽しいのではないか」と思ったそう。

 こうして誕生した「ポッシュ・クラブ」は、ロンドンのハックニーやエレファント & キャッスルなど、今や国内6カ所で開催されるイベントとなり、年配の方々がばっちりドレス・アップをして繰り出すお楽しみの一つとなっている。5ポンドの入場料を払ってエントリーしたら、踊りまくるのはもちろん、サーブされる紅茶やサンドイッチを、座席で楽しむこともOK。参加者のなかには、ダンスを通して友人をたくさん作った、若いものには負けん! おばあちゃんもいるそうだ。
 

2018年クリスマス限定の記念切手は、ほっこりレトロなイラスト

1日、英国の郵便会社ロイヤル・メールが、レトロな色合いで描かれたクリスマス記念切手の発売を開始した。「イブニング・スタンダード」紙が伝えた。

 今年の記念切手は、この100年で移り変わった郵便ポストと王室の刻印ごとに、クリスマス・カードを投函する人々やそれらを回収する作業員の姿など、ポスト周囲で起こった一コマが6種デザインされている。制作したのは、英アーティストのアンドリュー・デービッドソン。デービッドソンは、この切手を貼ったクリスマス・カードが世界中の人々のもとに届くことを、クリスマスと同じくらいわくわくする出来事だとコメントした。

ロイヤル・メールはこちら

 

 

ハリー・ポッターがネットフリックスで見られない大人の事情

過去の映画作品や、同社オリジナルのドラマ・シリーズなどを配信する動画配信会社「ネットフリックス」。幅広いジャンルのなかから作品を視聴できるのが魅力だが、なぜかJ・K・ローリング原作の映画「ハリー・ポッター」シリーズが、その人気にもかかわらずこれまで配信リストになかった。

 11月1日、遂に同社で配信を開始するという朗報が届いたものの、ハリポタ発祥の地である英国は、その配信対象国から除外されていたという。「デーリー・ミラー」紙が伝えた。

 英国のほか、米国でも配信がなく、その理由は、英「ワーナー・ブラザース」や米「HBO」など配給会社やテレビ放送局との、ライセンス契約の面で折り合いがつかなかったからだそう。配信のあるラッキーな国は、今のところフランスとベルギーの2カ国のみ。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

4 / 358 ページ
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

2019年 カレンダー販売 海外・日本帰国 引越しガイド
キャリアコネクションズ ヘルス&ビューティーガイド
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド
ブログ ゲンダイゲストハウス

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア