バナー
Sun, 21 January 2018

エディンバラのパブ「コナン・ドイル」が「J・K・ローリング」に店名を変更?

エディンバラにある老舗パブ「ザ・コナン・ドイル」が、ハリー・ポッター・シリーズの作者「ザ・J・K・ローリング」に店名を変更したという。「メトロ」紙が伝えた。

 パブの外観は金色の文字で「ザ・J・K・ローリング」と替えられ、看板もJ・K・ローリングの肖像画に変更。元々パブ「ザ・コナン・ドイル」は近くのピカルディー・プレイスで生まれたシャーロック・ホームズで知られる作家、コナン・ドイルにちなんで付けられており、観光客やホームズの大ファンであるシャーロキアンたちにも人気の店。一方で、J・K・ローリングはエディンバラ出身ではあるものの、このパブとの関連性はないという。

 これを知った人々はフェイスブックなどで不満を表していたが、地元の「エディンバラ・ニュース」紙によれば、どうやらこの変更は一時的なもので、スコットランドの大晦日、ホグマニーのためのイベント「メッセージ・フロム・ザ・スカイズ」の一部だった模様。スコットランド出身の推理小説作家バル・マクダーミドや舞台監督フィリップ・ハワードらが主催したもので、パブの店名変更は女性作家に関するアート・インスタレーションだった。今月25日まで観ることが出来るという。
 

ストームジーとエルバのサンタがやって来た

14日、ラッパーのストームジー(24)と俳優のイドリス・エルバ(45)がサンタの扮装でロンドン東部の病院を訪ね、入院中の子供たちにクリスマス・プレゼントを渡した。「イブニング・スタンダード」紙が伝えた。

 2人が訪ねたのはウィップス・クロスとニューアムの大学病院。病棟を回り子供たちにプレゼントを配ったほか、患者やスタッフとの記念撮影にも応じた。エルバはニューアムに縁があり、「クリスマス時期に、家族と離れて入院中の病気の子供たちに、笑いを届けたかった」という。ストームジーとエルバは友人同士で、最近も2人でパーティーなどに出掛けている。
 

クリスマスにユーストン駅がホームレスのシェルターに変身

クリスマス当日はすべての公共交通網がストップするが、その間、ロンドンのユーストン駅がホームレスのためのシェルターとして利用されることになった。「メトロ」紙が伝えた。普段は1日何千人という利用客で混雑する同駅も、25日のクリスマスには閉鎖されるのが常。しかし今年、初めて駅を開き、招待された200人のホームレスに向けてクリスマス・ディナーを配るという。

 実施するのはセント・ムンゴズとストリーツ・キッチンという2つのホームレス・チャリティー団体で、これにネットワーク・レールのスタッフ30人がボランティアとして加わる。同駅の駅長であるジョー・ヘンドリー氏は、「駅のスタッフはこのユニークなイベントを実施することを楽しみにしている」とのこと。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

4 / 320 ページ
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

日本タウン誌・フリーペーパー大賞で英国ニュースダイジェストが受賞いたしました! 2018年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ ヘルス&ビューティーガイド
バナー バナー

暮らしの手引き ロンドン・レストラン・ガイドブログJapan Digestゲンダイゲストハウスライター&翻訳者募集

UK便利ガイド検索

カテゴリ選択
City / County
エリア