instagram Facebook ツイッター
日経電子版Pro
Thu, 15 April 2021

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

児童性的虐待の疑いでクリフ・リチャード氏の自宅を家宅捜索

 警察は14日、英国人歌手クリフ・リチャード氏(73)が所有するイングランド南東部バークシャーの物件を家宅捜索した。児童性的虐待の疑いに関連しての措置と報じられている。「デーリー・メール」紙などが報じた。

 警察の発表によると、1980年代にイングランド北部サウス・ヨークシャーで発生した16歳以下の少年に対する性的虐待への関与が疑われている。本件に関して逮捕者はまだ出ていない。家宅捜索時にリチャード氏はポルトガルにある別宅に滞在していたと伝えられている。

 リチャード氏は、1950年から70年代にかけて「恋はこれっきり」「コングラッチュレーションズ」などのヒット曲で英国のポップ音楽シーンを席巻。1996年に開催されたテニスのウィンブルドン選手権では、観戦のため会場を訪れていた同氏が、雨で試合が中断されている間に即興で自身の曲を歌うパフォーマンスを披露して大きな注目を集めた。

cliff richard
2007年に開催された故ダイアナ元妃の没後10周年記念行事に
出席した際のクリフ・リチャード氏
Photo by Gareth Cattermole/Getty Images

 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

バナー バナー バナー バナー

コロナに負けるな!応援フェア
ロンドン・レストランガイド ブログ