instagram Facebook ツイッター
ロンドン生活便利サイト neconote
Tue, 10 December 2019

英国ゆるニュース

王室ネタからセレブ、ゴシップ、カルチャーまで

コウモリのせいで、チェルシー本拠地の改築工事計画が暗礁に

総工費5億ポンド(約66億円)の大掛かりな改築計画が進む、サッカー、イングランド・プレミア・リーグのチェルシー本拠地。しかし近隣にあるブロンプトン墓地に生息するコウモリ保護の観点から、改築計画に待ったの声が掛かった。「イブニング・スタンダード」紙が伝えた。

 チーム本拠地のあるハマースミス & フラム地区によると、ブロンプトン墓地は様々な種類のコウモリの生息地として知られ、特に西側の地下墓地エリアはコウモリたちの冬眠場所となっているそう。そのため施工前に、人口照明の光や解体工事による振動がコウモリに与える影響などを、詳細に確認する必要があるという。

 ブロンプトン墓地では「ブロンプトン・コウモリ・ウォーク」という夜間のガイド・ツアーが開催されることもあり、次回は9月14日(水)。興味のある方は www.royalparks.org.uk/events/whats-on/brompton-bat-walk まで。
 
  • Facebook

参照:「サン」紙、「デーリー・メール」紙ほか

2020年 カレンダー販売
キャリアコネクションズ ゲンダイ・ゲストハウス
バナー バナー

ロンドン・レストランガイド ブログ